December 1, 2011 / 3:23 AM / 6 years ago

UPDATE1: 11月の中国PMIは47.7で32カ月ぶりの低水準=HSBC

 [北京 1日 ロイター] HSBCが1日発表した11月の中国購買担当者景気指数(PMI、季節調整済み)は47.7で、10月の51から低下し、2009年3月以来、32カ月ぶりの低水準となった。11月の速報値は48だった。

 景況の改善と悪化の節目となる50も下回った。

 同指数は国内外の需要が低減する中で製造業の活動が縮小していることを示唆しており、こうしたトレンドが前日の中国人民銀行(中央銀行)による約3年ぶりの金融緩和のきっかけとなった可能性がある。

 PMIの構成指数は、海外でより国内での需要が弱かったことを示唆した。新規受注指数は10月の52.6から45に急低下し、32カ月ぶりの低水準を記録した。一方、新規輸出需要は上昇し、節目の50も上回った。

 HSBCの中国担当エコノミスト、Qu Hongbin氏は「11月のPMIは、中国製造業セクター全般で業況が急速に悪化したことを示している」と指摘した。

 中国人民銀行は30日、商業銀行の預金準備率を50ベーシスポイント(bp)引き下げた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below