January 25, 2012 / 10:12 AM / 7 years ago

14年度に10万口座・純資産残高1500億円目指す=セゾン投信・中野社長

 [東京 25日 ロイター] セゾン投信は2014年度に10万口座、純資産残高で1500億円を目指す。25日、メディア向けの運用報告会で中野晴啓社長が明らかにした。同社の口座数は24日時点で約4万9000件、純資産残高は25日時点で450億円を突破した。

 中野氏は運用開始から5年を振り返り「ファンドへの資金流入は継続しており、残高では直販独立系の中で頭が抜けている。ビジネスモデルとして安定軌道は作れた」と評価した。

 5年目に目指していた単年度ベースでの黒字化は、損益分岐点である残高700億円に達せず、かなわなかった。円高などの影響でマイナス運用となったほか、資金流入のペースも月10億円程度であるため。ただ販売額ベースでは既に600億円を超えており、円安傾向の進展や市場のポジティブな動きから資産価格が2割程度上昇すれば、12─13年の間には黒字転換の可能性は高いとみている。

 中野氏によると、直販独立系の運用会社を取り巻く環境が厳しさを増すなか、同社の株主であるクレディセゾン(8253.T)は、セゾン投信に対し、ビジネスモデルとして一角の成長がみられると評価しており、「強いコミットメントを受けている。(ファンドの保有者は)安心してほしい」と語った。

 またこれまで手が付けられなかったクレディセゾンの持つ3000万人の顧客マーケットについても、12年はやっと動きがみられそうだとコメント。同社にとって起爆剤となるか、業界では注目が集まっている。

 また「この先、直販証券というようなものが誕生するのではないか」と言及。「自分たちでやるのか、第三者が手を挙げてやるかはわからないが、そうした直販証券の誕生で(直販独立系運用会社にとっても、投資家にとっても)利便性が高まってくる」と述べ、長期投資の本格的普及拡大に期待を寄せた。

 (ロイターニュース 岩崎 成子)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below