December 29, 2011 / 6:42 PM / 8 years ago

UPDATE1: 12月の米シカゴ購買部景気指数は予想上回る、雇用・支払価格など上昇

 [ワシントン 29日 ロイター] 米シカゴ地区購買部協会がまとめた12月の景気
指数は62.5と、前月の62.6からほぼ変わらずとなり、市場予想の61.0を上回
った。50が経済活動の拡大・縮小の分岐点となる。
 内訳では、新規受注が68.0に低下する一方、雇用は58.6に上昇、支払価格は
65.7に上昇した。
 IFRエコノミクスのエコノミスト、デービッド・スローン氏は、内訳はおおむね前向
きな内容とした上で、景気指数は前月からわずかに低下したとはいえ、前月を除けば、4月
以降で最も高い水準を維持しており、米連邦準備理事会(FRB)が公表している地区
製造業統計と比較しても、一段と底堅い成長を表している、と述べた。

 統計の詳細は以下のとおり。

(季節調整後)
              12月   11月   10月  9月   8月    7月
景気指数      62.5   62.6   58.4  60.4   56.5   58.8
生産         66.2   67.3   63.4  63.9   57.8   64.3   
新規受注*     68.0   70.2   61.3  65.3   56.9   59.4   
受注残*       57.9   55.1   51.2  45.4   49.6   55.7 
在庫          52.2   53.6   54.4  60.3   52.9   53.2   
雇用*         58.6   56.9   62.3  60.6   52.1   51.5
入荷遅延*    57.0   56.6   55.8  51.9   60.5   55.9 
支払価格      65.7   60.2   66.0  62.3   68.6   71.7   

*は景気指数の構成項目。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below