November 22, 2012 / 7:27 AM / 7 years ago

貿易赤字続き、安倍発言なくとも円安の可能性=渡辺JBIC副総裁

 [東京 22日 ロイター] 国際協力銀行(JBIC)の渡辺博史副総裁(元財務官)は22日午後、記者団との意見交換会で、為替介入や自民党などが提唱する「官民協調外債ファンド」などについて、「劇的な円安が起きたときの議論なども必要」と指摘。貿易収支が恒常的に赤字のため、日銀に強力な金融緩和を求める「自民党の安倍晋三総裁の発言がなくても円安だったかもしれない」と述べた。

 政府や日銀などによる外債購入については、「毎月2000億─3000億円程度の購入では世界の為替取引の0.0001%程度にすぎず、(総額)300兆円程度買わないと為替に効かない」と指摘した。購入の規模や仕組み、損失発生時の官民の負担方法なども議論が必要とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below