Reuters logo
10月世界製造業PMIは49.2に改善、北米がけん引=JPモルガン
November 2, 2012 / 5:52 PM / 5 years ago

10月世界製造業PMIは49.2に改善、北米がけん引=JPモルガン

 [ロンドン 2日 ロイター] JPモルガンが2日発表した10月の世界製造業景気指数(PMI)は49.2となり、前月の48.8から上昇した。

 判断の分かれ目となる50は5カ月連続で下回っているものの、北米で改善がみられたことでこれまでの落ち込みが緩和された。

 雇用指数は49.4と、前月の50.6から低下。雇用は過去4カ月間のうち、3カ月は減少している。

 

 これまでに発表された統計によると、ユーロ圏のPMIは生産と新規受注がともに減少したことで、分岐点となる50を15カ月連続で下回った。債務危機の影響が周辺国からドイツやフランスなどの中心国に波及していることが響いた。

 英国でも製造業の活動は減速に向かっており、主要なアジア諸国のPMI調査からも、回復の足取りが鈍いことが示された。

 米国の製造業の伸びは約3年ぶりの低水準となった。ただ、米供給管理協会(ISM)は、新規受注の改善により製造業が緩やかに改善したとしている。

 

 JPモルガンは、米国、日本、ドイツ、フランス、英国、中国、ロシアなどのPMIに基づき、世界製造業PMIを算出している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below