Reuters logo
EURIBOR下げ止まり、新たな支持線を形成=欧州短期金融市場
2012年11月16日 / 15:37 / 5年後

EURIBOR下げ止まり、新たな支持線を形成=欧州短期金融市場

 [フランクフルト/ロンドン 16日 ロイター] 16日の欧州短期金融市場で、3カ月物の欧州銀行間取引金利(EURIBOR)が横ばいとなった。EURIBORは潤沢な流動性を背景に過去1年間低下する傾向にあったが、最近新たな支持線を形成しつつある。

 

 3カ月物EURIBOR3MD=は0.191%で変わらず。今月に入り0.2%をやや下回る水準で支持線を形成しつつある。

 銀行間取引金利は、欧州中央銀行(ECB)の長期資金供給オペ(LTRO)計画が表面化した昨年11月以降、大幅に低下した。ただ、LTROによる過剰流動性の影響がおおむね織り込まれていることやECBの利下げをめぐる不透明感から、今月の銀行間金利には安定して推移する兆候がみられる。

 1週間物EURIBORSWD=も0.078%で横ばいとなった。

 

 ユーロの3カ月物ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)EUR3MFSR=は0.12643%。前日の0.12571%から若干上昇した。

 ドル建てEURIBORUSDEURIBOR=USDIB3MD=はまちまち。3カ月物が0.61538%で前日の0.60077%から上昇する一方、1週間物は0.29846%と、前日の0.30000%から低下した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below