Reuters logo
金融政策を現状維持、無担保コール目標据え置きを全員一致で決定=日銀
2012年4月10日 / 03:27 / 6年前

金融政策を現状維持、無担保コール目標据え置きを全員一致で決定=日銀

 [東京 10日 ロイター] 日銀は9─10日に開いた金融政策決定会合で、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を0─0.1%程度に据え置くことを、全員一致で決定した。金融資産買い入れ基金による緩和策についても現行計画に変更はなかった。

 金融機関による成長分野への融資を支援する「成長基盤強化」の資金供給制度については、新設する米ドル貸し付けの詳細を公表した。

貸付金利は米ドルLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)6カ月物とし、半年ごとに金利を見直す。貸付期間は1年だが、最長4年まで借り換えを可能とする。貸付総額は120億ドルで、四半期ごとに1回あたり20億ドル程度実施。金融機関ごとの貸付残高は10億ドルを上限とする。受付期間は2014年の3月末。

 午後3時半から白川方明総裁が会見する予定。 

 

 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below