Reuters logo
シャープ<6753.T>の発行体格付けをBB+からBBに引き下げ、モニター継続=R&I
2012年11月2日 / 08:57 / 5年後

シャープ<6753.T>の発行体格付けをBB+からBBに引き下げ、モニター継続=R&I

 [東京 2日 ロイター] 格付投資情報センター(R&I)は2日、シャープ(6753.T)<0#6753=JFI>の発行体格付けをBB+からBBに、長期個別債務格付けをBBからBB─にそれぞれ引き下げ、格下げ方向のレーティング・モニターを継続すると発表した。

 

 R&Iによると、格下げは、2012年度の最終損失が膨らみ自己資本が一段と薄くなることを踏まえた措置。10月15日の格下げ時に在庫評価損と繰延税金資産取り崩しによる追加的な損失発生の可能性を一定程度織り込んでいたが、損失規模は想定を上回ったという。こうした損失の前倒し計上が下期の収益立ち直りに寄与する面はあるが、R&Iは財務基盤の著しい弱体化は看過できないと判断した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below