Reuters logo
上海短期金融市場=人民元金利が低下、流動性潤沢で
2012年11月16日 / 06:47 / 5年後

上海短期金融市場=人民元金利が低下、流動性潤沢で

 [上海 16日 ロイター] 16日の上海短期金融市場の人民元金利は、潤沢な流動性を背景に低下。7日物レポ金利(加重平均)CN7DRP=CFXSは正午ごろの時点で42.11ベーシスポイント(bp)低下の2.9031%となった。

 上海にある銀行のディーラーは「われわれの大半は十分な資金があり、現時点で資金の手当てを必要とする相手を見つけることは難しい」と述べた。

 14日物レポ金利CN14DRP=CFXSは小幅低下して3.4648%、翌日物CN1DRP=CFXSはほぼ横ばいの2.2810%。

 ディーラーは、資金需要が見られないことから、中国人民銀行(中央銀行)が来週再び、市場から資金を吸収すると見込んでいる。来週はレポの期限到来などにより、差し引き2270億元(約364億5000万ドル)の資金吸収となる。

 一方、上海銀行間取引金利(SHIBOR)7日物SHIBOR=は59.08bp上昇の3.9075%。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below