Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(10日)
2012年4月10日 / 07:17 / 6年後

東京マーケット・サマリー・最終(10日)

 レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<外為市場>
         ドル/円JPY=   ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=
午後5時現在  81.17/19  1.3082/86  106.18/25
NY午後5時   81.53/57  1.3106/07  106.77/82

 午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べドル安/円高の81円前
半。日銀が金融政策の現状維持を決めたことで、一部にあった過度な追加緩和期待がはく
落、円が買い戻された。クロス円も軟調。欧州時間に入ると、リスク回避の動きからクロ
ス円の下落に拍車がかかり、この影響でドル/円は約1カ月ぶりの安値をつけた。

 レポート全文: [JPY/J]
--------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均     9538.02円(8.24円安)
         9509.72円─9648.12円  
 東証出来高   19億2564万株
 東証売買代金  1兆1391億円

 東京株式市場で日経平均は6日続落した。日銀が金融政策決定会合で現状維持を決めた
後、追加緩和見送りに失望して円高/株安の動きが強まった。米連邦準備理事会(FR
B)のバーナンキ議長の講演で量的緩和第3弾(QE3)を示唆する発言がなかったこと
から円安基調となり、前場は主力輸出株が相場をけん引、しっかりの展開だった。株価に
ついては調整との見方に変わりはなく、日経平均は9500円台を維持したが、1万円回
復にはきっかけとなる材料が必要との声が出ている。
 東証1部騰落数は値上がり599銘柄に対し、値下がり929銘柄、変わらずが146
銘柄だった。
  
 レポート全文: [.TJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時45分現在
 
 無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.070%(速報)
 3カ月物国庫短期証券流通利回り         ── 
 ユーロ円3カ月金利先物(13年3月限) 99.665 (変わらず)
              安値─高値   99.665 ─99.670 

 無担保コール翌日物の加重平均レートは0.07%(速報)になった。当座預金残高
が35兆円台の高水準を維持していることを受け、朝方から資金余剰感が強い地合い。
地銀・信託が0.065─0.07%、大手行が0.06%付近で調達。一部0.05%
台でも出合いを付けた。準備預金の積み最終週を迎えているが、週末にかけて当座預金残
高が30兆円台後半に膨らむ可能性があり、翌日物金利は低位安定が続くとの見方が出て
いる。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。日銀は金融政策決定会合で追加緩和を見送った
が、目立った反応は見られていない。

 レポート全文: [JP/MJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 
 
 10年国債先物中心限月・6月限(東証)    142.46 (+0.14 )
                        142.25 ─142.49 
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 0.950%(─0.015 )
                 安値─高値  0.965 ─0.950%

 国債先物中心限月6月限は前日比14銭高の142円46銭と続伸して取引を終えた。
前日の米債高を受けて短期筋の買いが先行した。日銀が金融政策決定会合で追加緩和を見
送ったことを受け、午後の取引開始直後に小幅安まで売られたが、円高・株安を手掛かり
に終盤にかけて買い戻された。現物市場は長期・超長期ゾーンを中心にしっかり。生保・
年金勢などから買いが入った。10年最長期国債利回り(長期金利)は同1bp低い
0.950%と3月1日以来の水準に低下した。白川方明日銀総裁は会合後の会見で、
「経済・物価情勢の展望(展望リポート)において経済・物価情勢を特に念入りに点検
し、適切に政策運営をしたい」と述べたが、市場の反応は限定的だった。

 レポート全文: [JP/BJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<クレジット市場>

政保債(地方公)10年 2.0─3.0bp 銀行債(みずほ)5年 19─20bp
地方債(都債) 10年 3.0─4.0bp 電力債(東電)10年 ─ ─ ─bp

 クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標となるiTraxx
Japanシリーズ17ITJJP5Y=GFは一段とワイド化した。プレミアムは一時
164.5ベーシスポイント(bp)を付け、前日引け(162bp)から上昇した。
日銀が金融政策決定会合で追加緩和を見送ったことで、日経平均.N225は軟化。クレジ
ット市場では信用リスクを回避するプロテクションの買いが優勢だった。

 レポート全文: [.JPCR]
--------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(17時43分現在の気配)
   2年物 0.39%─0.29%
   3年物  0.41%─0.31%
   4年物 0.44%─0.34%
   5年物  0.50%─0.40%
   7年物  0.69%─0.59%
  10年物  1.03%─0.93%

 [JPY/JTO]をクリックしてご覧ください。                    
--------------------------------------------------------------------------------

                           [東京 10日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below