Reuters logo
UPDATE1: 米アルコア<AA.N>第1四半期は黒字転換、時間外で株価上昇
2012年4月10日 / 22:18 / 6年後

UPDATE1: 米アルコア<AA.N>第1四半期は黒字転換、時間外で株価上昇

 [ニューヨーク 10日 ロイター] 米アルミ大手アルコア(AA.N)が10日発表した第1・四半期決算は、赤字に陥った前年第4・四半期から黒字転換を果たした。

 決算発表を受け、同社株は時間外取引で6%上昇した。

 第1・四半期の継続事業ベースの利益は9400万ドル(1株当たり0.09ドル)。前年同期は3億0900万ドル(同0.27ドル)の利益を計上している。

 売上高は小幅増加し、60億ドルとなった。

 トムソン・ロイターがまとめたアナリストの売上高予想は57億7000万ドルだった。1株当たり収益は0.04ドルの赤字と予想されていた。

 ダウ工業株価指数の構成銘柄で最初に決算を発表するアルコアは、その後続く素材セクターの決算を占う上で注目されている。

 

 アルコアのクラウス・クラインフェルト最高経営責任者(CEO)は「手元資金の維持に向けた取り組みや収益性のある成長への注力、市場の安定化に伴い、業績は第1・四半期に大きく改善した」と指摘。そのうえで「景気については課題が残る」との見方を示した。

 第4・四半期にかけての改善は、全部門における生産性向上やアルミの実勢価格の上昇などによるものとし、これらがアルミナの実勢価格の下落や投入コストの上昇による影響を補った、としている。

 

 商業輸送部門の売上高は前年同期比32%増加。航空宇宙部門は同15%増加した。

 

 アルミ価格の下げを受け、同社株は2011年4月から46%下落し、クラインフェルトCEOの業績に連動した2011年賞与は45%削減された。

 アルミ価格は1年前の水準から約20%安となっているが、年初からは上昇している。

 同社は既にアルミ生産を減らしている。先週にはアルミナの生産を4%削減する方針を発表した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below