Reuters logo
中国、来年1月から株式配当税にスライド税率適用 個人投資家の長期投資促す狙い
2012年11月16日 / 10:32 / 5年後

中国、来年1月から株式配当税にスライド税率適用 個人投資家の長期投資促す狙い

 [上海 16日 ロイター] 中国政府は16日、国内株式市場における個人投資家の長期投資を奨励するため、来年1月1日から株式配当への課税に新たにスライド税率を適用し、株式保有期間に応じて税率を優遇する方針を明らかにした。

 現行の株式配当税は一律10%。財政省のウェブサイトに掲載された声明によると、新税制では株式保有期間が1カ月未満の場合の税率が20%であるのに対し、1カ月以上1年未満の場合は10%、1年以上の場合は5%と、期間に応じて軽減される。

 同省は声明で「投資家が株式を長く保有するほど税負担は軽くなる。これは長期投資の促進と短期的な投機の抑制につながるだろう」と見解を示している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below