Reuters logo
スウェーデン中銀、12月の利下げ時に0.50%利下げも検討=議事録
2013年1月8日 / 10:52 / 5年前

スウェーデン中銀、12月の利下げ時に0.50%利下げも検討=議事録

 [ストックホルム 8日 ロイター] スウェーデン中央銀行が8日公表した12月の理事会議事録によると、決定した0.25%ポイントの利下げのほか0.50%の利下げも検討していたことが明らかになった。

 中銀は昨年2月と9月に利下げしており、それ以上の利下げには否定的な意見が理事会では優勢だったが、12月の議事録ではこのトーンが変化、再利下げの可能性も高まった。

 中銀は12月18日、レポ金利を0.25%引き下げ1%とした。議事録によると、これまでタカ派だった副総裁や理事も0.50%の利下げを検討していた。

 SEBのエコノミストは「2月に利下げする可能性が高まった」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below