May 16, 2013 / 2:42 PM / 6 years ago

UPDATE1: 米新規失業保険申請件数は36万件、半年ぶりの大幅増

 [ワシントン 16日 ロイター] 米労働省が16日発表した11日までの週の新規失業保険週間申請件数は季節調整済みで3万2000件増の36万件と、昨年11月以来6カ月ぶりの大幅増となった。

 エコノミスト予想の33万件を超え、3月下旬以来の高水準となった。

 前週分も当初発表の32万3000件から32万8000件に修正された。

 

 ING・USインベストメント・マネジメントのエコノミスト、タンウィール・アクラム氏は「労働市場には多くの緩みがある」との見方を示した。

 

 指標発表を受けて債券市場では米国債利回りが低下。外為市場ではドルが円とユーロに対して下落した。

 

 労働省のアナリストは、政府職員の一時帰休が大きく影響した兆候はないと説明した。

 米経済は第1・四半期終盤から4月にかけて、政府による緊縮措置が重しとなって成長鈍化の兆しが見られた。

 ただ、失業保険申請件数はこれまで、雇用関連指標の中でも比較的明るい材料を提供してきており、アナリストはこの日の統計を深読みすることには慎重になる見通しだ。

 雇用市場のトレンドをより適切に反映するとされる4週間移動平均は33万9250件。前週から1250件増加したものの、依然として2007─09年の景気後退入り以来の低水準付近にとどまっている。

 

 5月4日終了週の受給総数は4000件減少して300万9000件となった。

 

 *関連グラフィックは以下をご覧ください。

 link.reuters.com/xew34t

 

 詳細は以下の通り。

(失業保険・Rは修正値)

 日付までの週  申請件数  4週間移動平均  受給総数    受給者比率(%)

05/11/13 360,000 339,250 N/A N/A

05/04/13 328,000-R 338,000-R 3,009,000 2.3

04/27/13 327,000 343,000 3,013,000-R 2.3

04/20/13 342,000 358,250 3,032,000 2.3

04/13/13 355,000 362,000 3,007,000 2.3

04/06/13 348,000 358,500 3,093,000 2.4

03/30/13 388,000 355,000 3,103,000 2.4

03/23/13 357,000 343,000 3,091,000 2.4

エコノミスト予想

  申請件数: 330,000

  受給総数: 3.000 mln

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below