December 10, 2012 / 9:57 PM / 8 years ago

英ヘッジファンドのマン<EMG.L>、クラークCEOが辞任へ

 [ロンドン 10日 ロイター] 英ヘッジファンド運用大手のマン・グループ(EMG.L)は10日、ピーター・クラーク最高経営責任者(CEO)が来年2月をもって辞任することを明らかにした。後任にはエマニュエル・マニー・ローマン最高執行責任者(COO)が就くという。

 マン・グループは第3・四半期、顧客資産が5四半期連続の流出超となるなど、ここ2年ほどの間に顧客離れが進んでいる。クラークCEOに対しては、経営立て直しの遅さについて株主の不満が高まっていた。

 市場はクラークCEOの辞任発表を好感した。10日のロンドン株式市場で、マン株は4.96%上昇して取引を終了した。2007年のクラーク氏のCEO就任以来、マンの株価はおよそ85%下落している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below