May 17, 2013 / 6:52 AM / 6 years ago

東京マーケット・サマリー・最終(17日)

 レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<外為市場>
        ドル/円JPY=     ユーロ/ドルEUR=   ユーロ/円EURJPY=
午後5時現在   102.50/52  1.2872/76  131.95/99
NY午後5時    102.25/29  1.2880/85  131.68/72

 午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点からドル高/円安の102円半
ば。午後は手掛かり材料に乏しく停滞した。豪ドル/米ドルは、午後にマクロ系ファンド
の売りで再び下げが加速。約11カ月ぶりの安値を更新した。ただ、豪州の追加利下げ観
測による豪ドル売りは終局に近づいているとの見方が出ている。

 レポート全文: [JPY/J]
--------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均    15138.12円(100.88円高)
         14902.30円─15157.32円
 東証出来高   44億0519万株
 東証売買代金  3兆4018億円

 東京株式市場で日経平均は反発。年初来高値を連日更新し、5年4カ月ぶりの高値水準
を付けた。週末ということもあり朝方は利益確定売りが先行したが、次第に海外勢を中心
とした押し目買いが優勢だった。長期金利の上昇に歯止めがかかる中で、不動産やその他
金融など金利敏感株が持ち直したほか、安倍首相による成長戦略第2弾への期待感が広が
った。

 東証1部騰落数は、値上がり1286銘柄に対し、値下がりが380銘柄、変わらずが
47銘柄だった。
  
 レポート全文: [.TJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時07分現在

 無担保コール翌日物金利            0.072%(速報ベース)
 3カ月物国庫短期証券流通利回り         ──         
 ユーロ円3カ月金利先物(12月限)    99.770(+0.005)
              安値─高値   99.765─99.770

 無担保コール翌日物は0.07%中心での取引。当座預金残高が70兆円に迫る高水準
となる方向で、資金余剰感は極めて強いため、調達圧力が限られた。主な取り手は地銀、
信託、証券など。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCのT+1レートは0.10%と発
行要因で強含み。1カ月物の共通担保資金供給(全店)オペは札割れとなった。1カ月物
の札割れは、5月10日オファー分以来6回連続。資金余剰感は強くオペニーズは限られ
た。
 国庫短期証券の買い入れ結果は、応札倍率が2.47倍と前回3.16倍を下回った。
市場実勢から判断して強めだった。
 ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。中心限月2013年12月限は前日清算値比変わら
ずの99.765。

 レポート全文: [JP/MJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 

 10年国債先物中心限月・6月限(東証)    142.69(+0.42)
                安値─高値   142.10─142.85
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 0.800%(─0.040)
              安値─高値     0.835─0.795%

 国債先物は大幅続伸。前日の海外市場でさえない米指標を手掛かりに、欧米金利が低下
したことを受けて前場から買い戻しがみられた。日経平均株価が連日の年初来高値を更新
したが、後場も海外勢の買いを巻き込み総じて強含みで推移した。現物債は先物との連動
性を強めて、長期ゾーンがしっかり。銀行勢などの押し目買いが入った。中期ゾーンも需
給がやや改善し、利回りが低下。超長期ゾーンは20年債利回りが保険会社の需要で低下
する一方で、30年債は来週の40年利付国債入札が意識されて、利回りに上昇圧力がか
かった。
 日銀がオファーした国債買い入れオペの結果は、残存1年超5年以下がやや甘めで、残
存5年超10年以下がほぼ市場実勢に沿った結果になった。
 国債先物中心限月6月限の大引けは、前営業日比42銭高の142円69銭。長期金利
は同4.0bp低い0.800%に低下。

 レポート全文: [JP/BJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<クレジット市場>

政保債(地方公)10年2.0─2.5bp 銀行債(みずほ)5年 12─13bp
地方債(都債) 10年2.5─3.0bp 電力債(東電) 5年280─300bp

 クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標のiTraxxJapan
シリーズ19ITJJP5Y=GFはワイド化優勢となった。プレミアムは79ベーシスポイント
(bp)と、前日の引け(ミッドで78bp付近)をやや上回る水準で取引が成立。ワイ
ド化する材料は見当たらないものの、行き過ぎたタイト化を修正する流れが続いていると
いう。

 レポート全文: [.JPCR]
--------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(17時0分現在の気配)

       2年物 0.31%─0.21%
       3年物 0.37%─0.27%
       4年物 0.45%─0.35%
       5年物 0.55%─0.45%
       7年物 0.73%─0.63%
      10年物 0.98%─0.88%

 [JPY/JTO]をクリックしてご覧ください。                  
--------------------------------------------------------------------------------
                           [東京 17日 ロイター]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below