January 10, 2013 / 3:16 AM / 6 years ago

ベネズエラ最高裁、大統領就任式の延期と大統領・副大統領の留任認める

 [カラカス 9日 ロイター] ベネズエラの最高裁判所は9日、キューバで療養中のチャベス大統領の今週10日に予定されていた就任式の延期を認めた。また、憲法上の大統領任期が終了する10日以降もチャベス大統領とマドゥロ副大統領が職にとどまるとの判断を示した。

 野党は、大統領が10日の就任式を欠席する場合には大統領代理が任命される必要があると主張していた。

 チャベス大統領(58)は昨年12月11日にキューバでがん手術を受けて以降、公の場に姿を見せていない。

 

 最高裁のルイザ・モラレス裁判長は記者会見で「現時点でわれわれは大統領の宣誓就任の時期、方法、場所について語ることはできない」と表明。チャベス氏については「再選された大統領として職務の遂行を妨げるものはない」と述べ、就任式は最高裁判所で後日行うことが可能、との考えを示した。

 最高裁の判断により、チャベス大統領は理論上、キューバの病床から職務を遂行することが可能になったが、大統領に意識があるとの証拠さえなく、マドゥロ副大統領が事実上の指導者となる。

 野党は、就任式の延期は憲法違反だと反発。副大統領は大統領任期が終了する10日に退任し、30日以内に再選挙が行われるまでディオスダド・カベジョ国会議長が暫定的に政権運営を引き継ぐべきだと主張している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below