March 15, 2013 / 10:52 PM / 6 years ago

アルゼンチンの外国法準拠国債を格下げ、デフォルトリスク高まる=ムーディーズ

 [ニューヨーク 15日 ロイター] ムーディーズ・インベスターズ・サービスは15日、アルゼンチンの外国法準拠国債の格付けを「Caa1」に引き下げた。デフォルト(債務不履行)になった同国債の債務再編に応じなかった債権者が米裁判所で同国政府に対し返済を求めている問題で、外国法準拠国債のデフォルトリスクが高まっていると指摘した。

 2002年にデフォルトになったアルゼンチンの債務再編に応じなかった債券保有者は13億ドルの支払いを求めて同国政府と米連邦控訴裁で争っている。

 ムーディーズは格下げについて、他のアルゼンチン国債と区別する必要があるためと説明している。

 同国の法律に基づいて発行された国債については「B3」の発行体格付けを確認した。

 見通しはともに「ネガティブ」としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below