January 11, 2013 / 7:02 AM / 6 years ago

UPDATE3: 2012年中国自動車販売台数は前年比+4.3%、今年も1桁増見通し 12月は+7.1%

 ◎2012年の中国自動車販売台数は4.3%増

 ◎日系メーカーは引き続き市場シェア縮小

 ◎中国の乗用車販売は2020年に2000万台突破の見通し=アナリスト

 [北京 11日 ロイター] 中国汽車工業協会(CAAM)が発表した2012年の中国の自動車(乗用車・トラック・バス)販売台数は前年比4.3%増の1930万台となった。伸び率は2年連続で1桁にとどまった。景気減速や日中関係の緊迫化に伴う日系メーカーの販売不振が重しになった。

 2012年の乗用車販売は7.1%増の1550万台だった。

 2012年12月の販売台数は前年同月比7.1%増の181万台。11月の8.2%増から鈍化した。

 

 通年の販売台数は、小型車購入に対する優遇策が打ち切られた影響で2.5%増と伸び悩んだ2011年と比べて回復した。ただし、それ以前の2年間は2桁台の力強い伸びを見せていた。景気減速と燃料の値上がりが需要にブレーキをかけた。

 調査会社イプソスのアナリスト、シェン・イー氏は「領土問題がある限り(日系メーカーの)完全な回復は非常に難しい。韓国、ドイツ、米国ブランドが日系の穴を埋めているが、この問題が全体的な販売を押し下げるだろう」と述べた。

 一方、CAAMの董揚・常務副会長兼秘書長は記者会見で、日系メーカーの販売が今年完全に回復する可能性があるとの前向きな見方を示した。「(この回復が)短期的なものになるか、長期的なものになるかという点については、日本の政府の対応次第」と述べた。

 CAAM幹部によると、今年の自動車販売台数は7%増、乗用車販売は8.5%増と見込んでいる。

 また、ブーズ・アンド・カンパニーのシニア・アドバイザー、ビル・ルッソ氏によると、中国での乗用車販売台数は2020年に2000万台を突破し、アジア太平洋地域で60%近くを占める規模となる見通し。

 *日系メーカーの中国での販売に関するグラフィックは以下でご覧ください。

 link.reuters.com/nes23t

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below