February 25, 2013 / 9:58 AM / 6 years ago

フィンランドのフェンノボイマ、原子炉計画の規模縮小を検討 東芝<6502.T>が受注の可能性

 [ヘルシンキ 25日 ロイター] フィンランドの原子力企業連合フェンノボイマは、同国北部のピュハヨキ原子力発電所への原子炉設置計画について、計画規模の縮小を検討していると発表した。最大の出資企業であるドイツのエーオン(EONGn.DE)が撤退したことを受けた措置。

 フェンノボイマは、当初の計画である160万キロワット級の大型原子炉建設を進める場合、東芝(6502.T)と契約することになると発表。フランスのアレバAREVA.PAは候補から外れた。

 中型原子炉の場合は、アレバや東芝、ロシアのロスアトムがサプライヤーになる可能性があるとした。

 年内にも原子炉サプライヤーを選定する予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below