February 25, 2013 / 11:48 AM / 7 years ago

東南アジア株式=総じて上昇、ジャカルタ・マニラの終値は過去最高値

 [バンコク 25日 ロイター] 週明け25日の東南アジア株式市場の株価は、総じて上昇。強気な業績見通しと、好調な四半期決算を示したカジノリゾート運営会社ゲンティン・シンガポール(GENS.SI)や国営マンディリ銀行(BMRI.JK)などが買われた。

 シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI).FTSTIは0.02%高の3288.76で引けた。ゲンティンが1.9%高と最大の上げ幅だった。決算内容が市場予想を上回り、前営業日(22日)の3.7%高に続き上伸した。

 ジャカルタ市場の総合株価指数.JKSEは0.97%高の4696.11と終値では過去最高値。マンディリ銀行は2.1%高。

 マニラ市場の主要株価指数PSEi.PSIは0.84%高の6721.33と終値の過去最高値を更新した。クアラルンプール総合株価指数(KLCI)は0.32%高の1627.35。ホーチミン市場のVN指数.VNIは1.26%高の483.69。

 バンコク株式市場.SETIは、万仏祭のため休場。26日に取引は再開する。

 世界経済回復の足取りに対する懸念が重しとなり、ほとんどの市場で薄商いとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below