April 25, 2013 / 7:42 PM / 6 years ago

イタリア次期首相候補、大連立に向け協議開始 中道右派との溝埋まらず

 [ローマ 25日 ロイター] イタリアの新首相に指名された中道左派のエンリコ・レッタ氏は25日、大連立に向けた協議を開始した。ただ、ベルルスコーニ元首相率いる中道右派との間に依然として大きな意見の相違があるため、引き続き協議を行う必要があるとしている。

 レッタ氏はこの日、ベルルスコーニ氏率いる自由国民党(PDL)の幹部と2時間にわたり会談するなど、積極的に協議を展開。記者団に対し「引き続き協議を行う必要がある。大きな溝が残っている」と述べた。

 レッタ氏は、ベルルスコーニ氏とも電話で30秒ほど会話したとしている。

 

 レッタ氏はPDLのアルファノ幹事長と会談。会談後、同氏は、レッタ氏が住宅税の廃止を含む経済政策上の優先事項に合意すれば、新政権を支持するとの意向を示した。

 ただ主要な問題を話し合うために、引き続き協議が必要としている。

 

 レッタ氏によると、26日は協議は予定されていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below