April 26, 2013 / 10:32 PM / 7 years ago

イタリア格付けを「Baa2」に据え置き、見通しは「ネガティブ」=ムーディーズ

 [ミラノ 26日 ロイター] 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは26日、イタリアのソブリン格付けを「Baa2」で据え置いたことを明らかにした。現在の借り入れコストが妥当な低水準で推移していることに加え、プライマリーバランス(基礎的財政収支)が黒字であることを据え置きの理由に挙げた。

 ただ経済危機の長期化を受けて、格付け見通しは引き続き「ネガティブ」とした。

 

 フィッチが3月初めに政局混迷を理由にイタリアを格下げしたことで、市場ではさらなる格下げに対する懸念が高まっていた。

 ムーディーズは「ネガティブ」見通し維持の主な理由について「現在のリセッション(景気後退)が2013年上期以降も続くリスクが高まっており、中期的な成長見通しが引き続きぜい弱なため」としている。

 ムーディーズはイタリアの国内総生産(GDP)伸び率見通しについて、今年を従来のマイナス1%からマイナス1.8%に下方修正するとともに、2014年もプラス0.2%の伸びにとどまるとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below