December 26, 2012 / 8:52 PM / 7 years ago

チリ長期格付けを「AAマイナス」に1段階引き上げ=S&P

 [26日 ロイター] 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は26日、チリの長期外貨建てソブリン格付けを「Aプラス」から「AAマイナス」に1段階引き上げた。

 格付け見通しは「ポジティブ」から「安定的」からに変更した。

 S&Pは格上げの理由として、チリ経済の回復力が増していることで外部要因悪化時の政府の景気対策の能力が継続的に高められる結果になっていることを挙げた。また、政治的な安定も支援要因となっているとした。

 見通しを「安定的」としたことについては、財政規律の枠内で、教育やその他の社会プログラムに対する一段の需要を管理することの難しさを踏まえたとした。

 その上で、チリ政府が自国経済の長期的な競争力を高めるために、ミクロ経済的な改革を段階的に進めていくことを期待しているとの立場を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below