December 28, 2012 / 12:11 AM / 6 years ago

〔外為マーケットアイ〕ドル86.44円付近、2012年は7年ぶりの大幅上昇へ

〔外為マーケットアイ〕

 <16:00> ドル86.44円付近、2012年は7年ぶりの大幅上昇へ

 ドル/円は86.44円付近。2012年のドル/円は1月2日の始値77.05円からきょう午後4時現在の86.44円付近まで約12%上昇した。このままいけば、年間では2005年以来の大幅な上昇となる。

 もっとも、野田佳彦前首相が衆議院解散の意向を表明した11月14日以降の1カ月半で約8.8%上昇していることから、市場では安倍政権への期待感を手掛かりとした急ピッチの円安に警戒感も出ている。

 <14:00> ドル86.43円付近、「財政の崖」越年と米雇用統計下振れなら調整リスクも

 ドル/円は86.43円付近。1月4日発表の12月米雇用統計は前月並みの数字が予想されているが、市場では「『財政の崖』交渉の年初へのずれ込みと雇用統計の下振れが同時に起こる場合には、ドル/円が85円割れへ調整をみせるリスクがあり、そこでの下値の堅さ・円安基調の強さが注目されるだろう」(外銀)との見方が出ている。

 これについて、IGマーケッツ証券為替担当アナリスト、石川順一氏は「85円は日本発の円売り材料が今後もマーケットで意識されるかどうか判定するための、いわばリトマス試験紙としての性質を帯び始めている」と指摘。その上で「85円は自民党の石破茂幹事長や日本商工会議所の岡村正会頭が望ましい水準とした下限であり、ここで下げ止まるようなら日本の政局と金融政策をマーケットが今後も強く意識するシグナルとなるだろう」との見方を示した。

 <12:09> ドル86.40円付近、JPモルガン・チェース銀が予想レンジを80─90円に修正

 ドル/円は86.40円付近。JPモルガン・チェース銀行は28日付のリポートで2013年の予想レンジについて、これまでの「75─85円」から「80─90円」に修正した。

 同社はその理由について、1)貿易赤字と期待に伴う短期的な円売りの相乗効果を見落としていた可能性がある、2)海外勢による日本に対するパーセプションの大きな変化も過小評価していた可能性がある、3)海外勢主導の円安・株高が国内の期待インフレ率やリスクテイク嗜好を高めて、それが円売りを後押しする可能性がある──などと説明。「足元の円安は年末の取引が薄いマーケット環境下で誇張されている可能性もあり、年明け後に利食いによって一定程度調整する可能性は十分あるが、今年2月─3月の円安局面とは異なり、調整の程度はそれほど大きくはならず、7 月の参議院選挙に向けて円安トレンドが続く可能性は高い」と予想している。

 <11:48> ドル86円前半、急ピッチの円安の調整がいつ来るかが焦点に

 ドルは86.38円付近。朝方につけた2年4カ月ぶり高値86.64円から反落している。

 市場では一本調子のドル高/円安を警戒するムードが広がりつつある。

 「ファンダメンタルズとは無関係に、年末に一方的に上がった相場の調整は必ず入る」(運用会社)。「安倍政権は本当に実現するのかという政策を次から次に打ち出しているが、それによって景気を押し上げたり、所得を増やしたりする効果は期待できない。ただ、金利だけが上がるリスクがある」(同)とされ、市場では円安進行よりも、将来的な金利上昇を懸念する声も上がっている。

 

 <10:31> ドル86円前半に反落、政府・日銀の連携について緊密に意見交換してく=関係筋

 ドルは86.38円付近まで反落。短期筋の動きに加え、月末の実需関連のフローも出ているとみられ、神経質な値動きとなっている。

 関係筋によると、麻生太郎財務相と白川方明日銀総裁が28日午前、財務省内で会談し、政府・日銀の連携について緊密に意見交換していくことを確認した。 白川日銀総裁は、麻生財務相就任のあいさつのため、財務省を今朝訪れた。

 

 <10:16> ドル86円半ば、86.75円のオプションバリア手前で防戦売りも

 ドルは86円半ば、ユーロは114円半ばで堅調。

 ドル86.75円、87円ちょうどにオプション・バリアがあるとされ、その手前では防戦売りが予想される。

 朝方の取引で、ドルは86.08円の安値から一気に86.64円まで上昇した。上昇過程では、86.30円、86.50円、86.60円にあったストップロス(損失確定のドル買戻し)を巻き込んで上げ足を速めたという。

 海外短期筋は「85―86円台ではいったん(ドルを)売って、20銭下がったところで買い戻すなど、小刻みに売買を繰り返している」(外銀)という。

 <09:35> ドル86円半ば、オバマ大統領が28日に「財政の崖」問題で上下院議会指導者と会談

 ドルは86円半ばでもみ合い。ユーロは114円半ばで一進一退。

 米ホワイトハウス関係者は27日、オバマ大統領が「財政の崖」問題をめぐり、28日に上下両院の議会指導者とホワイトハウスで会談すると明らかにした。 会談にはベイナー下院議長、リード民主党上院院内総務、マコネル共和党上院院内総務、ぺロシ民主党下院院内総務が出席する。 同報道に対する為替市場の反応は限定的だった。

 

 <09:04> ドル86円前半に小反落、前週の対外中長期債投資は4282億円の買い越し

 ドルは86.43円付近。朝方一時86.64円まで上昇し、2年4カ月ぶり高値に達したが、その後は小幅に反落している。ユーロは114円半ば。朝方一時114.66円まで上昇し1年5カ月ぶりの高値をつけた。

 財務省が28日発表した12月16日─12月22日の対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)によると、対外債券(中長期債)投資は4282億円の買い越し、対内債券(中長期債)投資は8509億円の売り越しとなった。対内株式投資は7649億円の買い越しだった。

 

 <08:31> ドル続伸86円後半、米下院は「財政の崖」について30日午後に討議再開

 ドルは86.64円まで続伸し、2010年8月以来の高値圏で騰勢を強めている。ユーロは114円後半で2011年7月以来の高値圏。

 米下院は31日に期限を迎える「財政の崖」について、米東部時間30日午後6時半(日本時間31日午前8時半)に討議を行う。 下院共和党幹部の側近は、ベイナー下院議長が下院議員に対し、30日午後6時半からの討議に間に合うようワシントンに戻るよう要請したことを確認した。下院はクリスマス休暇のため休会となっていた。 また、共和党のカンター下院院内総務の短文投稿サイトのツイッターへの投稿によると、下院は現職議員の任期最終日となる1月2日まで討議を継続する可能性がある。

 

 <07:47> ドルが86.34円まで上昇、2年4カ月ぶり高値圏

 ドルは早朝の取引で一時86.34円まで上昇し、前日のニューヨーク市場の高値86.16円を上回って2年4カ月ぶりの高値を更新した。薄商いの中、投機筋を中心とするドル買い/円売りがドルの推進力になっているとみられる。ユーロは114.18円付近。ニューヨーク市場では一時114.32円まで上昇し2011年7月以来のユーロ高/円安水準となった。

  

 

 <07:35> きょうの予想レンジはドル85.70─86.50円、月末・年末のフローに注目

 

 ドル/円は86.29円付近、ユーロ/ドルは1.3231ドル付近、ユーロ/円は114.18円付近。

 きょうの予想レンジは、ドル/円が85.70―86.50円、ユーロ/ドルが1.3190―1.3290ドル、ユーロ/円が113.30─114.60円。

 この日は月末・年末のフローがでやすいと見られており、実需の動きが注目される。

 市場は引き続き「アベノミクスに対する期待が支配している」(外為アナリスト)環境で、「投機的に風船が膨らんでいるので、いつはじけてもおかしくない」(同)との認識が広がりつつも、「流れに逆らえない状況になっている」(同)という。

 

 27日のニューヨーク外国為替市場では、日本による積極的な金融刺激策に対する期待感から円が86円台に下落した。一方、米国の「財政の崖」回避を目指した土壇場の協議が再開されるのを控え、ドルは警戒感から対ユーロで下落した。 ドルは対円JPY=で一時86.16円まで上昇。2010年8月半ば以来の高値を付けた。トレーダーによると、86円の水準にあったオプションのバリアを突破したほか、 86.10円を上回る水準ではストップロスのドル買いも誘った。

 ドルは2012年に対円で12%上昇。年間では2005年以来の大幅な上昇となった。 円は対ユーロEURJPY=でも一時114.32円まで下落。2011年7月以来のユーロ高/円安水準となった。

 

 (東京 28日 ロイター)

 

 全スポットレート(ロイターデータ)FX= 

 アジアスポットレート(同)AFX=

 欧州スポットレート(同)EFX=

 クロス円レート(同)JPYX=

 クロス円の時系列レート(同)JPNUJPNXJPOAJPOD

 通貨オプションFXVOL

 スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)D4FX=

 スポットレート(RTFX)FX=RTFX

 スポットレート(日銀公表)TKYFX

 

 為替関連ニュース [FRX]

 外為市場リポート[JPY/J]

 外為マーケットアイ[JPY/JU]

 焦点・アングル・特集 [FRX-FES]

 クロスマーケットアイ[.JPCM]

 

 主要国の経済指標発表予定と予想一覧<0#JECON>

 主要国の政策金利一覧・中銀ニュース[BOX-CE

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below