September 6, 2012 / 9:47 PM / 6 years ago

新たなECB国債買い入れプログラムの詳細に関する声明

 [フランクフルト 6日 ロイター] 以下は、欧州中央銀行(ECB)が6日の理事会後に発表した新たな国債買い入れプログラム(OMT)の詳細に関する声明。

 8月2日に発表した通り、ECB理事会は本日、国債流通市場でのユーロシステムの買い入れに関して一連の技術的条件を決定した。買い入れは金融政策の適切な波及と単一の金融政策を支援することを目的としている。買い入れプログラムはOMT(Outright Monetary Transactions)と称し、以下の枠組みで実施する。

 

 <条件>

 OMTに適切な欧州金融安定ファシリティー(EFSF)/欧州安定メカニズム(ESM)プログラムに付随する厳格かつ効果的な条件を適用することが必要。

 これらプログラムにEFSF/ESMによる発行市場での買い入れの可能性が含まれるという前提で、OMTに適用する条件は、EFSF/ESMのマクロ経済調整、あるいは予防的プログラム(ECCL=強化条件付きクレジットライン)の完全な履行という形を取り得る。

 国際通貨基金(IMF)には、国ごとの条件設定とプログラムの監視で関与を求めていく。理事会は金融政策の観点から正当化される範囲で、またプログラムの条件が完全に順守されている限りにおいてOMTを検討する。目標が達成された時点で、あるいはマクロ経済調整もしくは予防的プログラムの条件が順守されない場合にはOMTを中止する。理事会は徹底した審査の後、完全な裁量と金融政策の責務に沿った行動により、OMTの開始、継続、一時的停止を決定する。

 

 <買い入れ対象>

 OMTの対象については、前出のEFSF/ESMのマクロ経済調整プログラムあるいは予防的プログラムが将来的に適用される場合に考慮される。またマクロ経済調整プログラムが現在適用されている加盟国については、債券市場での資金調達が可能となった段階で検討され得る。OMTは償還期間が短い債券、特に1―3年の国債を中心に実施する。買い入れ規模にあらかじめ設定された量的上限はない。

 

 <債権者待遇>

 ユーロシステムは、ユーロ圏諸国が発行しOMTを通じて買い入れた債券に関し、これら債券に付随する条件に基づいて、民間債権者を含むその他債権者と同等の扱いを受けることを受け入れると明言する。

  

 <不胎化>

 OMTを通じて供給された流動性は完全に不胎化される。

 

 <透明性>

 OMTを通じて買い取った債券の保有残高と時価を毎週公表する。保有債券の平均償還期間と国別内訳は毎月公表する。

  

 <証券市場プログラム(SMP)>

 きょうのOMT導入決定を受け、SMPはこれをもって中止する。SMPが供給した流動性はこれまでと同様引き続き吸収される。SMPのポートフォリオ上で保有する証券は満期まで保有する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below