for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツのウルフ大統領が辞任、当局による汚職疑惑捜査の本格化など受け

 [ベルリン 17日 ロイター] 汚職疑惑が相次いで明らかになっていたドイツのウルフ大統領が17日、辞任した。

 大統領は短い声明を発表し、「過去数日間、数週間の展開は、(ドイツ国民の)信頼と私の(大統領としての)有効性が深刻なダメージを受けたことを示している。そのため、私はこれ以上国内外で大統領として果たすべき職務を遂行することができない」と述べた。

 ハノーバーの検察当局は16日、連邦議会(下院)に対し、汚職疑惑が次々と明らかになっているウルフ大統領の不逮捕特権をはく奪するよう求めていた。

 ドイツの大統領職はおおむね儀礼的な役割にとどまるが、ウルフ大統領の辞任は同氏を選任したメルケル首相にとっても打撃となる。

 同首相も1030GMT(日本時間午後7時30分)から会見を行う。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up