May 28, 2012 / 9:52 PM / 7 years ago

WRAPUP1: スペイン国債利回りが上昇、支援要請迫られるとの観測高まる

 

 ◎スペイン国債のリスクプレミアム、ユーロ導入後の最高水準に

 

 ◎バンキア株は過去最安値

 

 ◎スペイン政府、国債通じて銀行救済の可能性

 

 ◎国債通じた銀行救済計画、ECBへの通知や最終決定はまだ=政府筋

 

 ◎バンキア親会社のBFA、2011年は33億ユーロの赤字

  

 [マドリード 28日 ロイター] 28日の欧州市場でスペイン10年債利回りが危険水域の7%近くまで上昇し、経営難に陥った大手銀行バンキア(BKIA.MC)の株価は過去最安値をつけた。バンキアの救済に向け、政府が同行の株式と引き換えに国債を通じた資本増強を行う可能性があるとの報道を受け、投資家の間でスペインが支援要請に追い込まれるとの観測が高まった。

 また、スペイン国債のリスクプレミアムはユーロ導入後の最高水準に達した。

 

 スペインのラホイ首相は28日、同国の資金調達コスト上昇について、ユーロ圏の将来をめぐる懸念が要因との認識を示し、国内銀行セクターの再建に向けた外部支援は必要ないとの立場をあらためて表明した。

 「ユーロ圏の先行きをめぐり大きな疑問が生じており、それが一部の国のリスクプレミアムを非常に高い水準に押し上げている」とし、「ユーロは後戻りできないという明確なメッセージ」を発信することが非常に重要との見方を示した。

 その上で「(欧州による)スペイン銀行システムの救済はない」と言明した。

 銀行の資本増強計画に関する詳細には言及しなかったが、欧州安定メカニズム(ESM)による銀行への直接融資を可能にする案に対し支持を表明した。

 

 スペイン政府筋はロイターに対し、バンキアを救済するため当局が同行の株式と引き換えに国債を通じた資本増強を行う可能性があると明らかにした。資金繰りの悪化した他の銀行の支援に同様の手法を用いる可能性もあるとしており、政府によるこうした負担は、対国内総生産(GDP)比で今年79.8%超に達すると予想されている公的債務の一段の増加を招くことになる。

 ある政府筋は「この手法は、過去にドイツやアイルランドでも採用されており、完全に有効だ」と述べた。

 同筋によると、スペイン政府は国債を通じたバンキアの資本増強計画について欧州中央銀行(ECB)に具体的には通知しておらず、どのような選択肢を採用するか最終的な決定も下していない。

 BFAは前週末25日、190億ユーロ(238億ドル)の資本注入を政府に要請している。

 

 投資家の間では、スペインが国内銀行セクターの問題や地方政府の債務拡大を受けて支援要請に追い込まれるとの観測が高まっている。

 28日の欧州市場でスペイン国債の対独連邦債利回り格差はユーロ導入後の最高水準となる513ベーシスポイント(bp)に達し、終値も511bpと初めて500bpを上回った。

 また、スペイン10年債の利回りは6.5%近辺に上昇し、持続不可能な水準とされる7%目前に迫っている。

 インベステックのアナリスト、エリザベス・アフセス氏は「現在の状況が今後も続けば、財政健全化の取り組みに一段と影響が及ぶ」とし、財政健全化の成果の大半が借り入れのための金利支払いに費やされれば、健全化はますます困難になるとの見方を示した。

 

 国債を通じてバンキアの資本を増強する案は、政府の借り換えをいっそう難しくする可能性がある。

 スペイン財務省は28日、年内に予定されている国債の大量償還に十分対応できるとの見解を示した。スペイン政府は7月と10月に国債の大量償還を迎えるが、財務省高官はこれについて「(償還を実施する)非常に強いポジションにある」と強調した。

 

 バンキアの親会社BFAは28日、2011年業績が33億ユーロの赤字になったと明らかにした。当初は4100万ユーロの黒字としていたが、公的支援を受けるに当たり実施した融資ポートフォリオの見直しなどを受けて、決算内容を修正した。

 この日のスペイン株式市場でバンキアは13%急落し、財務基盤の悪化している他の銀行銘柄を圧迫した。バンキアが不動産差し押さえや消費者融資の焦げ付きなどに絡む損失引当金を大幅に積み増したことで、他の銀行も同様の措置をとる必要があるのではないかとの観測が広がっている。

 

 スペインの銀行をめぐっては、外部監査会社が6月末までに銀行セクター全体の資産評価を実施する見通し。

 野村のアナリストはリサーチノートで、スペイン銀行システムは全体で500億─600億ユーロの資本増強が必要と分析し、大手上場銀行が必要とする資本増強額は160億ユーロ程度になるとの見方を示した。

 バンコ・ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア(BBVA)(BBVA.MC)、サンタンデール(SAN.MC)、サバデル銀行(SABE.MC)の3行は資本増強の必要はないとする一方、バンコ・デ・バレンシアBVA.MCやカタルーニャ・カイシャなど既に公的資金を注入した中小行については整理が必要になる見通しとした。

 さらに「ユーロ圏の政治・経済を取り巻く先行き不透明感を踏まえると、スペインは銀行の資本増強に向けて外部支援を要請する必要性が高まる可能性がある」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below