April 23, 2012 / 10:32 AM / 7 years ago

UCCが欧州コーヒー大手を約500億円で買収、世界戦略を加速 販売シェア3位へ 

 [東京 23日 ロイター] UCCホールディングス(神戸市)は23日、欧州のコーヒー焙煎・販売大手の「ユナイテッドコーヒー」(ジュネーブ)を買収すると発表した。買収金額は約500億円で、5月下旬の完了を予定している。UCCグループは、レギュラーコーヒーの販売量で現在の世界第8位から第3位になる。

 同社は、海外事業の積極展開を重点戦略として位置付けてきた。今回の買収により、未進出地域だった欧州で確固たるシェアと事業基盤を有することになる。コーヒー販売量は生豆換算で16万8000トンとなり、世界トップクラスとなる。海外売上高比率も20%に高まる。

 UCCのファイナンシャルアドバイザー(FA)は、クロスポイント・アドバイザーズ。

 ユナイテッドコーヒーは、オランダ、イギリス、スイス、スペイン、フランスに計7つの主要工場と生産・販売拠点を有しているほか、ドイツや北欧、東欧にも製品の輸出販売を行っている。2011年度の事業規模は、連結売上高が4億2194万ユーロ(約453億円)、コーヒー販売量は生豆換算で7万2000トン。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below