September 18, 2012 / 4:32 PM / 7 years ago

ギリシャの競争力は格段に改善、ユーロ圏にとどまるべき=ユーログループ議長

 [ミュンヘン 18日 ロイター] ユーログループのユンケル議長(ルクセンブルク首相)は18日、ギリシャの競争力は格段に改善し、賃金費用も大幅に低下したとの認識を示し、ユーロ加盟国は同国をユーロ圏にとどめる努力を続ける必要があると述べた。

 同議長は地元テレビ局に対し、「(ギリシャに対する)プログラムの効果がなかったわけではない。(ギリシャによる)ユーロ圏離脱は、ギリシャ国民に破滅的な影響をもたらす。欧州全体の弱体化にもつながる」と述べた。

 一部政治家の間では、ユーロ圏から離脱した方がギリシャにとり有益になるとの見方も出ている。

 

 ユーロ圏に支援を要請するよう圧力が高まっているスペインについては、ユーロ加盟国は同国の構造改革と歳出削減に対し「非常に厳しい」要求を突きつけると述べた。

 

 また欧州の銀行同盟については、単一の銀行監督機関が約6000行に上るユーロ圏の全銀行を当初から監督することを想像するのは難しいとし、ドイツが示している懸念を共有。銀行同盟設立には非常に慎重に準備を進めるとの立場を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below