April 26, 2012 / 7:38 AM / 7 years ago

UPDATE2: じもとHDを設立、きらやか銀行<8520.T>と仙台銀の経営統合で

*株式移転比率を加筆しました。

 [東京 26日 ロイター] きらやか銀行8520.Tと仙台銀行は26日、10月1日付で経営統合すると発表した。新しい共同持ち株会社「じもとホールディングス」(本社仙台市)を設立し、山形県と宮城県の両県を結ぶ一体経営により、東日本在震災後の産業の再生・活性化を狙う。

 新持ち株会社の傘下に、きらやか銀行と仙台銀行が子会社として入り、「じもとグループ」として一体経営をする。各行名はそのまま残し、名称変更は予定していない。統合に関する発表資料で両行は「顧客に喜ばれ、信頼され、『じもと』とともに進化・発展する金融グループ」になるとの方針を示した。

 山形県を拠点とするきらやか銀行には店舗が117あり、宮城県を拠点とする仙台銀行には72店舗がある。隣同士の県に位置する両行は統合により、地元の産業や文化を1つの経済圏として経営し、経済や観光の活性化を加速する計画だ。両行のノウハウの融合や基幹システムの統合などでコスト削減も目指す。

 両行の預金残高は2012年3月期(速報値)2兆0541億円で、東北の地銀13行のうち6位、コア業務純益は昨年3月期の実績ベースで61.8億円。新グループは3年後に、預金残高2兆2000億円、コア業務純益90億円を目指す。貸出残高は12年3月期(同)の1兆4434億円から3年後に7.3%増の1兆5500億円を目指す。

 統合に向け、きらやか銀行の普通株1株に対し、じもとHDの株式1株を割り当てる。仙台銀行の普通株1株に対し、じもとHDの6.5株を割り当てる。きらやか銀行は監査法人トーマツ、仙台銀行はKPMG・FASを第三者算定機関に任命し、株式移転比率の算定書を受領した。

 じもとHDの会長には、仙台銀行頭取の三井精一氏、社長にはきらやか銀行頭取の粟野学氏が就任する。東京証券取引所に上場しているきらやか銀行の株式は9月26日に上場廃止となり、じもとHDの株式は10月1日に東証に新規上場する予定。

(ロイターニュース 江本 恵美、編集:内田慎一)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below