March 23, 2012 / 3:07 AM / 7 years ago

〔情報BOX〕日銀審議委員に提示された河野龍太郎氏の略歴

 [東京 23日 ロイター] 政府は23日、議院運営委員会の両院合同代表者会議に
4月4日に任期を迎える日銀の中村清次審議委員の後任として、BNPパリバ証券の河野
龍太郎経済調査本部長・チーフエコノミストを充てる人事案を提示した。河野氏の略歴は
以下のとおり。
 
 河野 龍太郎 (こうの りゅうたろう)
 BNPパリバ証券会社 経済調査本部長・チーフエコノミスト
 
 日経ヴェリタス『第14回 債券アナリスト・エコノミスト人気調査』(2009年3月発表)
 エコノミスト部門  第1位
 
 (社)経済企画協会(内閣府外郭団体)ESPフォーキャスト調査(2005年度、2007年度)
 総合成績優秀フォーキャスター(予測的中率の高かった5名)に選出

 (社)日本証券アナリスト協会試験委員会委員
 財務省・財政制度等審議会・専門委員
 財務省・税制問題研究会メンバー
 (社)日本プロジェクト産業協議会(JAPIC)「日本再生委員会」委員
 経済財政諮問会議「日本21世紀ビジョン」経済財政展望ワーキンググループメンバー
 経済財政諮問会議「資産債務管理に関する研究会」メンバー
 経済財政諮問会議「歳出歳入一体改革」政府資産負債・特別会計ワーキンググループメンバー
 金融学会会員、ファイナンス研究会会員、Japan Economic Seminar会員、など。
 
 週刊東洋経済、週刊エコノミスト、週刊ダイヤモンド、日経ビジネス等にて執筆多数。
 
 著作等
 「円安再生」(東洋経済新報社)
 アラン・ブラインダー「金融政策の理論と実践」(東洋経済新報社)前田栄治氏との共訳
 ポール・クルーグマン「通貨政策の経済学」(東洋経済新報社)林康史氏との共訳
 ジョリオン=コーリー(小川英治監訳)「金融リスク管理戦略」(東洋経済新報社)
 貝塚啓明編「金融資本市場の変貌と国家」(東洋経済新報社)


 1964年生まれ。愛媛県宇和島市出身。
 1987年 横浜国立大学経済学部卒業後、住友銀行(現三井住友銀行)入行。

 1989年 に大和投資顧問(現大和住銀投信投資顧問)入社。
 エコノミストとして日米経済、金利・為替予測を担当。
 
 1994年より米国駐在エコノミストとして、米国経済、金融・通貨政策の分析を担当。
 96年に帰国し、グローバルボンドファンド等の運用を担当。
 
 1997年 に第一生命経済研究所 入社。
 主任研究員、上席主任研究員としてマクロ経済・金融の分析を担当。
 
 2000年11月より現職

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below