May 1, 2012 / 3:58 PM / 7 years ago

UPDATE1: 4月の米ISM製造業景気指数は54.8に改善、雇用も昨年6月以来の高水準

 [ニューヨーク 1日 ロイター] 米供給管理協会(ISM)が発表した4月の製造
業統計は、景気指数が10カ月ぶりの水準に改善した。第2・四半期に入って経済の勢い
が鈍る兆候もみられるなかで、依然一定の回復力をうかがわせる内容となった。
 4月の景気指数は54.8で、前月の53.4から上昇、市場予想の53.0を上回っ
た。50が景気を見極めるうえでの分岐点となる。
 内訳では、雇用が57.3と前月の56.1から上昇、昨年6月以来の高水準となった。
新規受注も58.2と前月の54.5から上昇し、1年ぶりの水準に回復した。
 
 ウェルズ・ファーゴの北米為替戦略部門責任者、ニック・ベネンブローク氏は「このと
ころ楽観論から悲観論にシフトした経済に対する見方が、ISM製造業指数により、その
中間に落ち着く可能性がある」と指摘。「現時点で米経済の回復軌道に関し深刻な懸念を
抱く真の理由はないことをデータは示唆している」と述べた。
 
 
 *統計の詳細は以下のとおり。
 
         4月   3月   2月   1月  12月  11月  10月
 景気      54.8   53.4   52.4   54.1   53.1   52.2   51.8
 新規受注   58.2   54.5   54.9   57.6   54.8   55.0   53.4
 生産     61.0   58.3   55.3   55.7   58.9   55.7   52.7 
 雇用     57.3   56.1   53.2   54.3   54.8   52.4   54.0 
 入荷遅延   49.2   48.0   49.0   53.6   51.5   51.3   52.2
 在庫     48.5   50.0   49.5   49.5   45.5   46.5   46.5
 価格     61.0   61.0   61.5   55.5   47.5   45.0   41.0
 受注残    49.5   52.5   52.0   52.5   48.0   45.0   47.5 
 新規輸出受注 59.0   54.0   59.5   55.0   53.0   52.0   50.0 
 輸入     53.5   53.5   54.0   52.5   54.0   49.0   49.5 
 
 エコノミスト予想(ロイター調査) 53.0

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below