July 3, 2018 / 6:50 AM / 4 months ago

スタートトゥデイ、PB「ZOZO」をビジネススーツへ拡充

 7月3日、スタートトゥデイは、プラーベートブランド「ZOZO」のビジネススーツとドレスシャツの販売を開始すると発表した。採寸用ボディースーツ「ゾゾスーツ」で計測したデータをもとに、体型に合わせて作る完全カスタムオーダーとなる。写真は記者会見を行う前澤代表取締役社長。都内で撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 3日 ロイター] - スタートトゥデイ(3092.T)は3日、プラーベートブランド「ZOZO」のビジネススーツとドレスシャツの販売を開始すると発表した。採寸用ボディースーツ「ゾゾスーツ」で計測したデータをもとに、体型に合わせて作る完全カスタムオーダーとなる。

当初は、スーツとシャツのセットで定価4万4800円をお試し価格2万4800円で販売する。お試し価格での販売期間は未定。通常価格は、ビジネススーツが3万9900円、ドレスシャツが4900円。

通常は注文から最短1―2週間で配送されるが、初回は8月上旬に届く。8月上旬にはネクタイの販売も開始する。ZOZOのビジネススーツで会見に登場した前澤友作社長は「どんな体型でも格好良く見える」と述べた。

PB「ZOZO」については、Tシャツとデニムのラインアップ拡充を発表したほか、島精機製作所(6222.T)のホールガーメント機による縫い目のないニットの販売も秋口に向けて予定している

「ゾゾスーツ」は、7月3日時点で55万3179枚の配布を終えた。今月中に100万枚、今期中に600―1000万枚の配布を終える予定。

一方、海外展開の第一歩として、PB「ZOZO」のデニムとTシャツ、ゾゾスーツを世界72カ国・地域で10万人に無料で届けるキャンペーンを開始した。海外展開について、前澤社長は「ZOZOTOWNを海外で行う予定はない。PBを売って行く」と述べた。

同社は4月、今後10年以内に時価総額5兆円を目指すことなどを掲げた中期経営計画を発表した。既存事業の成長に加え、PB「ZOZO」の売上高は18年度の200億円を2020年度には2000億円に拡大させる。

清水律子

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below