July 27, 2018 / 3:09 PM / 19 days ago

中国ZTE、米制裁の影響踏まえ第1四半期決算修正 赤字に転落

[香港 27日 ロイター] - 中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)(0763.HK)(000063.SZ)は27日、米政府による制裁の影響を考慮し、第1・四半期決算を従来の黒字から赤字に修正した。

修正後の純損益は54億元(7億9062万ドル)の赤字。4月時点では、米制裁措置で先行き不透明感があるとしつつも、39%の増益と発表していた。前年同期は12億元の黒字だった。

売上高は前年同期比6.9%増の275億元。

米政府は4月、ZTEが米国の対イラン・北朝鮮制裁に絡む合意に違反したとして米企業からの部品調達を7年間禁止。ZTEはその後、10億ドルの罰金や4億ドルの預託金の支払いなどで合意し、制裁は今月初旬に解除された。

同社はその後、罰金支払いが重しとなり、上期に過去最悪となる70億─90億元の赤字を計上する見通しを示した。

深セン証券取引所への提出文書によると、ZTEは輸出に関するコンプライアンス委員会を設置する。委員会はLi Zixue会長を含む5人で構成される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below