for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

チューリッヒ保険が新たな気候変動対策、二酸化炭素排出削減へ

9月7日、スイスの保険会社チューリッヒ・インシュランス・グループは、新たな気候変動対策を発表した。写真はマリオ・グレコ最高経営責任者。チューリッヒで2017年2月撮影(2021年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 7日 ロイター] - スイスの保険会社チューリッヒ・インシュランス・グループは、新たな気候変動対策を発表した。2025年までに二酸化炭素排出量の5分の1、年間4万トン超の削減を目指す。

22年時点で飛行機による移動を70%削減、電気あるいはハイブリッド自動車への転換、デジタルを活用した紙の利用削減、不動産での新たなエネルギー効率目標の設定などで達成する。

来年末までにすべての社内食堂は旬で地元産の食材を活用し、食べ残しなど無駄をなくすためのプログラムを導入する予定。

マリオ・グレコ最高経営責任者(CEO)は、「気候変動危機には緊急の行動が必要だ。個人や団体、企業など個々の小さな行動が時間とともに大きな飛躍になる」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up