for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

チューリッヒ保険、増配を計画 業績目標達成へ

[チューリヒ 11日 ロイター] - スイスの保険会社チューリッヒ・インシュランス・グループは11日、増配を計画していることを明らかにした。2022年の業績目標を達成できるとの見通しも示した。

スイスの保険会社チューリッヒ・インシュランス・グループは11日、2022年の業績目標を達成できるとの見通しを示した。写真はロゴ、2018年8月、チューリッヒ(2021年 ロイター/Arnd Wiegmann)

ジョージ・クイン最高財務責任者(CFO)は、記者団との電話会議で「間違いなく増配する方針だが、具体的に今年どうなるかはコメントできない」と発言。すでに利益の75%を株主に還元しており、自社株買いを開始する計画はないと述べた。

同CFOは「追加の資本は、新規事業の成長を支えるために活用したい。そうすれば、最終的には利益の伸びが支えられ、増配につながる」と述べた。

同時に発表した1─9月の損害保険料収入は、為替変動・合併・事業売却を調整したベースで、11%増の311億5000万ドルだった。ドル建てでは14%増。

同CFOによると、引き続き価格決定環境の改善が寄与した。

第3・四半期は、ドイツの洪水など欧州の7月の自然災害や、8月に米国を襲ったハリケーン「アイダ」など、大規模災害に関連した損失が膨らんだ。

同CFOは、異常災害に関連した損失が長期平均を3─4%ポイント上回っているが、会計上の利益率は改善が続くとの見通しを示した。

1─9月の生命保険の新契約の年換算保険料(APE)は、為替変動・合併・事業売却を調整したベースで5%増。

同社は「生保部門では、新型コロナウイルス関連の超過死亡が引き続き見られるが、事業全体は好調で、同部門の業績に重大な影響を及ぼさずに吸収できる」と述べた。

財務健全性の指標となるSST(スイス・ソルベンシー・テスト)は9月30日時点で203%と、目標である少なくとも160%を大幅に上回っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up