for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ゲーム大手テイクツー、米ジンガ買収へ 110億ドル

米ゲームソフト大手テイクツー・インタラクティブ・ソフトウエアは10日、米ソーシャルゲーム大手ジンガを110億4000万ドルで買収すると発表した。写真は2014年4月撮影(2022年 ロイター/Robert Galbraith)

[ 10日 ロイター] - 米ゲームソフト大手テイクツー・インタラクティブ・ソフトウエアは10日、米ソーシャルゲーム大手ジンガを110億4000万ドルで買収すると発表した。

1株当たりの買収価格は9.86ドルと、ジンガの直近の終値に64%上乗せした水準。寄り付き前取引でジンガの株価は約50%上昇した。

債務を含む買収額は127億ドル。テイクツーは買収手続き完了から2年以内に年間約1億ドルの経費削減効果が期待できるとしている。

新型コロナウイルス感染拡大を受け多くの人が屋内でゲーム端末に釘付けになっていたが、行動規制の緩和で屋外に出る人が増える中、スマートフォン(スマホ)を利用するモバイルゲームの需要が拡大。テイクツーはこうした需要に対応する。

テイクツーは「グランド・セフト・オート」や「レッド・デッド・リデンプション」、ジンガは「ファームビル」などのゲームで知られる。

モバイルゲーム業界では、コンピュータゲーム販売大手の米エレクトロニック・アーツ(EA)が昨年、モバイルゲーム開発・販売の米グル・モバイルを24億ドルで買収した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up