エディション:
日本

Breakingviews

Photo

コラム:サムスン電子の李健熙会長が残した混乱の「企業統治」 2020年 10月 27日

[香港 25日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 韓国・サムスン電子の李健熙会長は、見事ではあるが深く傷ついた帝国を残した。父親の事業を引き継ぎ、スマートフォンや半導体を製造する3550億ドル規模の巨大企業へと発展させ、「韓国株式会社」に残した功績は今後も残るだろう。だが、その78年間の生涯にはスキャンダルもまた根深く、一族による経営支配を脅かし続けている。記事の全文

Photo

コラム:SKハイニックスのNAND事業取得、防御が最大の攻撃 2020年 10月 21日

[香港 20日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 韓国の半導体大手SKハイニックスによる米インテルのNANDメモリー事業取得は、半導体セクターがまさに必要としていた措置だった。

Photo

コラム:「史上最高齢」の争い、米大統領にも定年制導入を 2020年 10月 20日

[チューリヒ 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米国民は間もなく、史上最高齢の大統領候補2人のうちどちらかを選ばなければならない。もし民主党のバイデン前副大統領が勝利すれば大統領就任時は78歳で、フランクリン・D・ルーズベルト以降の歴代民主党大統領の平均年齢を28歳も上回る。そして実はバイデン氏は、私の父親の年齢に達することになる。

Photo

コラム:好調なGDP統計に表れない中国経済の疲弊 2020年 10月 19日

[香港 19日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国の第3・四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比4.9%増と、市場予想をやや下回ったものの、失業や不良債権の増大を懸念する中国当局にとっては、心地の良い水準となった。

Photo

コラム:米テスラに決闘挑む独VW、軍配はどちらに 2020年 10月 19日

[ロンドン 14日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は謙虚さとは無縁の人物だ。しかし、独フォルクスワーゲン(VW)のヘルベルト・ディースCEOも負けてはいない。2025年までに自社製電気自動車(EV)の販売台数を27倍に増やすと豪語したのだ。ただ、電池に関するマスク氏の深い専門性と、テスラがガソリン車事業の遺産を持たない利点を考えれば、自慢合戦に勝つのはやはりマスク氏の側だろう。

Photo

コラム:「ウィズコロナ」時代をどう生きるか、欧州で模索続く 2020年 10月 18日

[ロンドン 15日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 欧州では各国が相次いでロックダウン(都市封鎖)を再導入し、新型コロナウイルスの感染抑止がいかに難しいかが鮮明になった。ロンドンからパリ、ベルリンに至る各地で当局は、感染者数急増を抑えるために新たな規制を導入。西側各国政府は大流行から7カ月を経てもなお、「ウィズコロナ」時代をどう生きるか模索している。

Photo

コラム:環境激変のソブリン債問題、IMFは対応可能か 2020年 10月 17日

[ニューヨーク 14日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 国際通貨基金(IMF)は、巨船タイタニックに似ている。望ましい方向にかじを切って動き出すまでに、余りにも長い時間がかかるからだ。最近の報告書ではソブリン債務問題を取り巻く環境が変化したことを認めたとはいえ、まだ、現実に必死で追いつく作業を進める段階にとどまっている。

Photo

コラム:米大統領選、両候補とも経済政策はナンセンス 2020年 10月 17日

[ボルティモア 13日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ローマ教皇(法王)フランシスコはこのごろ、米ケーブルテレビのニュースをよく見ているに違いない。回勅「フラテッリ・トゥッティ」に最近こう記しているからだ。

Photo

コラム:米ウォール街、アジアや欧州に比べ遅れる職場復帰 2020年 10月 16日

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米ウォール街のトレーダーは「リスク」を引き受けることが生計の道だ。しかし新型コロナウイルスのパンデミックを抑えるために導入されている措置で、例えば職場のデスクに戻って新型コロナ感染の危険を冒すべきかどうかといった判断は、自らコントロールできない。中国、あるいは東京でさえ、ニューヨークに比べると現在オフィスで働く人はずっと多い。ある人には「安全最優先」に聞こえることも、別の人には不満の種になる。

Photo

コラム:ソフトバンクGの影響力低下を象徴、「SPAC」設立 2020年 10月 16日

[ロンドン 13日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ソフトバンクグループの「ビジョン・ファンド」が立ち上げようとしている特別買収目的会社(SPAC)であれば、これほどバブル的要素を色濃く映し出す例はないだろう。だが一方でソフトバンクが今なお、巨額の中東マネーを取り込めるのであれば、わざわざSPACを検討する姿は想像しにくいところだ。これは「根拠なき熱狂」がピークに達したどころか、実際には同社の影響力の弱まりを表している現象にほかならない。

Photo

コラム:コロナ後の新たな価値創造へ、経営者は今こそ長期的視点を 2020年 10月 12日

[トロント/ニューヨーク 5日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 新型コロナウイルス禍は多くの企業経営者の不意を突き、世界のビジネスを混乱に陥れた。効率最大化のために構築された世界的サプライチェーンなどのシステムは急停止した。こうした耐性の欠如が浮き彫りにしたのは、経営者が長期的な視点を持つことの重要性だ。

Photo

コラム:米「民主党政権」なら、金融界出身者の起用はあるか 2020年 10月 11日

[ニューヨーク 6日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米ウォール街から首都・ワシントンへと通じる回転ドアが、間もなく閉じられるかもしれない。11月の米大統領選挙で民主党のバイデン前副大統領が勝った場合、金融業界の人間を要職から排除してほしいと民主党関係者の一部は望んでいる。しかし、過度に潔癖な人選を行えば、資産運用大手・ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)など、せっかく付加価値をもたらしそうな人材を不合格にすることになるだろう。

Photo

コラム:コロナ禍のマスクブーム、「副作用」はないのか 2020年 10月 9日

[香港 5日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 新型コロナウイルスの感染拡大はマスク産業の業績にとって最良の出来事ではあるものの、気を付けなければならないこともある。ブームの副作用として、外交上のあつれき、品質スキャンダル、価格つり上げ、不正など挙げられる。過剰な生産能力やポリプロピレン廃棄物拡大への対処は頭痛の種となりそうだ。

Photo

コラム:地球の脱炭素化、中国が握る命運 対策次第で好循環も 2020年 10月 5日

[ロンドン 29日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国の習近平国家主席はこのほど、二酸化炭素(CO2)排出量を2060年までに実質ゼロにするとの骨の折れる宿題を自らに課して見せた。14兆ドル(約1480兆円)規模の中国経済はいまのところ、大量のCO2を排出する化石燃料への依存度が圧倒的に高く、習氏は目標達成のために国内のエネルギー供給体制を劇的に変える方法を見つけなければならない。解決策が見つかれば、中国だけでなく、同じ課題を抱える他の国々も恩恵を受けるかもしれない。

ロイターBREAKINGVIEWSについて

ロイターBreakingviewsは、重要な争点となるべき金融に関する知見を提供する世界有数の情報源です。1999年にBreakingviews.comとして設立。2009年にトムソン・ロイターが買収、金融コメンタリ―部門としてロイターブランドの一員となりました。日々の主要金融ニュースについて、ニューヨーク、ワシントン、シカゴ、ロンドン、パリ、マドリード、香港、北京、シンガポールに駐在するコラムニストが、専門的な分析を提供します。

英文での最新コラムを掲載した電子メールの定期購読を含め、breakingviews.comの解説や分析(英語)をすべてご覧になりたい方は、sales@breakingviews.comまでご連絡ください。

Photo

特別リポート:コロナ禍で「プラ危機」、廃棄増がリサイクル圧迫

[5日 ロイター] - 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)でプラスチック業界が激震に見舞われている。武漢からニューヨークまであらゆる地域で、フェイスシールドや手袋、食品のテイクアウト用容器、オンラインショッピングで注文された商品の配送用緩衝材などの需要が増えているが、こうした製品はリサイクルできず、廃棄物が急増している。

Photo

特別リポート:コロナ禍で医療崩壊、あるインド人医師の修羅場

[バガルプル(インド) 13日 ロイター] - インド東部ビハール州バガルプルのガンジス川沿いにある病院では、運営責任者で精神科医のクマール・ガウラブ氏(42)がライフル銃を装備した3人の警備員に護衛されながら、院内を巡回している。

Photo

特別リポート:急拡大する中国「海兵隊」、権益確保へ世界展開

[香港 20日 ロイター] - 中国が1990年代半ばに軍事力拡大に乗り出した時点で、最優先目標に掲げていたのは、本土沿岸に接近する米軍を徹底的にたたく戦力を整えることだった。だが今や、人民解放軍は世界各地で米国の力に挑戦するための準備を進めつつある。

Photo

特別リポート:イランのミサイル開発に新事実、アルミ粉末計画の内幕

[ロンドン 24日 ロイター] - イラン北東部、北ホラーサーン州の砂漠の端に、アルミニウム工場が建っている。近くには国内最大のボーキサイト鉱床。イラン政府はこの施設群について、アルミニウムの生産拡大に向けた取組みの重要な柱とうたっている。

トップセクション