エディション:
日本

Breakingviews

Photo

コラム:米議会、トランプ氏から関税発動権限を取り上げよ 2018年 08月 14日

[ワシントン 13日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 武器をおもちゃのように扱ってはならない。しかしトランプ米大統領はトルコ在住の米国人牧師拘束問題を巡り、鉄鋼関税という武器をおもちゃのように扱っている。記事の全文

Photo

コラム:ソフトバンク、シリコンバレーの「破壊勢力」に 2018年 08月 12日

[ニューヨーク 3日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 既存の業界を覆すのはハイテクのスタートアップ企業と相場が決まっていたはずだが、シリコンバレーでは今、孫正義氏率いるソフトバンクグループが設立した「ビジョン・ファンド」が最大の破壊勢力となりつつある。

Photo

コラム:米M&A、足元の破談が告げる市場の曲がり角 2018年 08月 11日

[ダラス 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米企業合併・買収(M&A)市場では、いくつかの案件が破談に終わり、強気ムードが曲がり角を迎えたことがうかがえる。

Photo

コラム:米LNGに関税、中国の報復戦略は「諸刃の剣」 2018年 08月 10日

[ワシントン/ダラス 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国の米エネルギーに対するダブル攻撃は効果的だが、同時にリスキーでもある。中国政府は、急成長している米輸出品の液化天然ガス(LNG)に関税をかける方針だ。イラン産LNGでその穴を埋めることは可能だが、米国による対イラン制裁を無視することになる。

Photo

コラム:悲観ムード傾斜のポンド、小さなきっかけで急反発も 2018年 08月 10日

[ロンドン 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 虫のような弱い存在でも、そんざいな扱いが過ぎると思わぬ反撃をする。ドルとユーロに対して約1年ぶりの安値に沈んだポンドの取引についても、それがあっさりと当てはまるかもしれない。

Photo

コラム:ソフトバンクとアリババ、関係複雑化に要警戒 2018年 08月 9日

[香港 8日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 関係筋によると、ソフトバンクグループのファンドが、中国の電子商取引大手アリババ・グループの食品宅配アプリに対する出資を検討している。

Photo

コラム:テスラ株非公開化計画、勝算の鍵は借り入れ抑制にあり 2018年 08月 9日

[ニューヨーク 7日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が打ち出したテスラ株非公開化計画は、見掛けほど勝算の低い賭けではない。ただ、非公開化にあたっては借り入れを抑える必要があるだろう。 | ビデオ

Photo

コラム:トリのエサにもならないトランプ政権の通商成果 2018年 08月 9日

[ワシントン 7日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米政権の小規模な通商合意の数々は、大した成果になっていない。米政府当局者は7日、モロッコが米国産鶏肉の輸入に初めて門戸を開いたことを歓迎した。コロンビアが米国産コメの受け入れを拡大し、アルゼンチンが米国産豚肉の禁輸を解除したことも称賛した。

Photo

コラム:トルコ大統領、新たなリラ売りの引き金 2018年 08月 8日

[ロンドン 6日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トルコのエルドアン大統領はかねてより、中銀に圧力を掛けてインフレ抑制のための利上げを阻むとの警戒感から市場関係者の離反を招いていた。さらに今度は関税措置や米国人牧師拘束問題を巡り対米関係が緊迫。エルドアン氏が対米姿勢を硬化させればさせるほど、トルコ資産を手放す投資家は増えるだろう。

Photo

コラム:人民元安の抑制措置が復活、当局の「弱気」反映か 2018年 08月 8日

[香港 6日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国人民銀行(中央銀行)が人民元安に賭けるポジションに対して締め付けを強め始めた。そこから読み取れるのは、当局自体が元に弱気になっているということだ。

Photo

コラム:貿易戦争の「休戦」に必要な犠牲者 2018年 08月 7日

[ワシントン 3日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 貿易戦争を止めるようトランプ米大統領を説得できる要素は、「犠牲者」だけなのかもしれない。

Photo

コラム:グーグル中国再参入計画の理不尽さ 2018年 08月 6日

[香港 2日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米大手情報技術(IT)企業アルファベット傘下のグーグルは道義に反することはしないという信念を考え直しているのかもしれない。

Photo

コラム:テスラの見通しは「気休め」か 2018年 08月 5日

[ニューヨーク 1日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、かろうじて一息つける環境を作り出した。

Photo

コラム:人民元安、米関税対策で万能薬にあらず 2018年 08月 4日

[香港 2日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米政府が中国への関税をさらに引き上げている。中国は人民元安によってこの衝撃をある程度まで和らげることが可能だろうが、アジアのサプライチェーンの複雑さを踏まえると、元安だけでは十分に対処できない見通しだ。

ロイターBREAKINGVIEWSについて

ロイターBreakingviewsは、重要な争点となるべき金融に関する知見を提供する世界有数の情報源です。1999年にBreakingviews.comとして設立。2009年にトムソン・ロイターが買収、金融コメンタリ―部門としてロイターブランドの一員となりました。日々の主要金融ニュースについて、ニューヨーク、ワシントン、シカゴ、ロンドン、パリ、マドリード、香港、北京、シンガポールに駐在するコラムニストが、専門的な分析を提供します。

英文での最新コラムを掲載した電子メールの定期購読を含め、breakingviews.comの解説や分析(英語)をすべてご覧になりたい方は、sales@breakingviews.comまでご連絡ください。

写真

米国の核問題

テキサス州の工場では、米国産業で最も危険な仕事が手作業で行われている。  記事の全文 

写真

北朝鮮国境を行く

北朝鮮の国境を1週間旅した記者が見た光景とは。  記事の全文 

写真

北朝鮮から逃れて

脱北者はロイターに何を語ったか。  特集ページ 

写真

ロヒンギャの惨劇

縛られた10人のロヒンギャ男性は、そばで墓穴を掘る仏教徒たちを見つめていた。  記事の全文 

写真

高級ホテルで死体実習

その「死体実習」会場の外にいた主催者は、ミニー・マウスの耳を頭に着けていた。  記事の全文 

トップセクション