エディション:
日本

Breakingviews

Photo

コラム:サウジ失踪記者対応、米政府は金融界の先例にならうか 12:43pm JST

[ロンドン 15日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 本来は犬の尻尾のはずのウォール街が、ボディにあたる米国政府を振り回している。以前であれば、サウジアラビアの反政府記者ジャマル・カショギ氏の失踪にサウジ政府が関与したとの疑惑に対して、米政府は強力な批判を展開しただろう。それを受けて、米国の銀行や企業は嫌々ながら大きなビジネスチャンスを見送っていたことだろう。記事の全文

Photo

コラム:日本の純資産はプラマイゼロ、IMFの新国富論 10:47am JST

[ロンドン 10日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 企業を分析する際に、負債だけをみる人は真剣な投資家とは言えないだろう。しかし、こと国の分析となると、その国の富よりも債務にばかり着目するファンドマネジャーは多い。

Photo

コラム:サウジ経済フォーラム、世界大手銀は出席辞退せよ 2018年 10月 15日

[ニューヨーク 14日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 世界の金融業界はサウジアラビア政府の残虐行為に加担するのか──。同国に批判的な記者が同国政府の指示により、トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された疑惑を受け、世界屈指の銀行や投資会社トップはこうした問いを突き付けられている。 | ビデオ

Photo

コラム:米スタバ、シュルツ前会長の大統領選出馬は吉か凶か 2018年 10月 15日

[ニューヨーク 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米コーヒーチェーン大手スターバックス(スタバ)にとって、創業者でもあるハワード・シュルツ前会長は果たしてプラスとマイナスのどちらだろうか。

Photo

コラム:OPEC提訴を可能にする法案、米国には裏目に 2018年 10月 15日

[ダラス/ワシントン 10日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 石油輸出国機構(OPEC)加盟国を価格操作で提訴する権限を米政府に付与する「石油生産輸出カルテル禁止(NOPEC)法案」の成立に向けた動きが米議会で再浮上しているが、これは米国にとって裏目に出かねない。

Photo

コラム:グーグルの「隠ぺい体質」が招く規制強化 2018年 10月 15日

[ロンドン 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アルファベット傘下のグーグルは、個人情報の外部流出の恐れを把握しながら半年余り公表しなかったことで不信感を抱かれ、自ら当局の監視強化を招こうとしている。

Photo

コラム:マスク氏の「お目付け役」、テスラ新会長は誰が適任か 2018年 10月 15日

[ニューヨーク 11日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は10日、米電気自動車メーカー大手テスラの次期会長の有力候補に、21世紀フォックスの最高経営責任者(CEO)を退任予定のジェームズ・マードック氏が浮上したと報じた。

Photo

コラム:対中貿易戦争、米国の「アキレス腱」は自動車部品か 2018年 10月 12日

[ワシントン 10日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米国と中国による関税発動の応酬は、相手国からの輸入額が小さい中国に手詰まり感が出ている。

Photo

コラム:欧州高級ブランド、突然の株売り招いた「中国懸念」 2018年 10月 10日

[ロンドン 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 欧州の高級ブランド大手は先週、中国の関税当局が海外でブランド品を買って帰国した旅行者への監視を強めているとのうわさが流れると株価が急落。投資家が割高な株価に神経質になっている様子が浮き彫りになった。

Photo

コラム:大規模住宅供給、価格高騰に「焼け石に水」の訳 2018年 10月 10日

[ロンドン 3日 ロイター Breakingviews] - ロンドンでもサンフランシスコでも、住宅価格について住民に質問するといい。ほとんどすべての人が、ひどく悲惨な状況を口にするだろう。

Photo

コラム:中国の預金準備率引き下げ、景気刺激の難しさ露呈 2018年 10月 9日

[香港 8日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した銀行の預金準備率引き下げは、景気刺激策を打つことの難しさを浮き彫りにした。

Photo

コラム:女性取締役の義務化、米加州の「有効な一手」 2018年 10月 9日

[ニューヨーク 1日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 「白人男性ばかりで新味なし」と揶揄される企業経営陣の問題に対して、米カリフォルニア州は1つの解決策を示した。同州に本社を置く上場企業に対して、2019年末までに最低1人の女性取締役を選任するよう、9月30日に成立した法律によって義務付けたのだ。

Photo

コラム:IT大手に逆風か、欧米当局がデータ独占問題で足並み 2018年 10月 9日

[ワシントン 28日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 欧米の反トラスト当局が、大量の個人データを抱え込む企業の問題で足並みをそろえ始めた。欧州連合(EU)欧州委員会のベステアー委員(競争政策担当)と米司法省のデラヒム反トラスト局長は共に、個人情報の集中が競争阻害に使われている可能性を懸念している。

Photo

コラム:既視感覚える米GEのトップ交代劇 2018年 10月 7日

[ニューヨーク 2日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米ゼネラル・エレクトリック(GE)の株主は既視感を抱いているだろう。

ロイターBREAKINGVIEWSについて

ロイターBreakingviewsは、重要な争点となるべき金融に関する知見を提供する世界有数の情報源です。1999年にBreakingviews.comとして設立。2009年にトムソン・ロイターが買収、金融コメンタリ―部門としてロイターブランドの一員となりました。日々の主要金融ニュースについて、ニューヨーク、ワシントン、シカゴ、ロンドン、パリ、マドリード、香港、北京、シンガポールに駐在するコラムニストが、専門的な分析を提供します。

英文での最新コラムを掲載した電子メールの定期購読を含め、breakingviews.comの解説や分析(英語)をすべてご覧になりたい方は、sales@breakingviews.comまでご連絡ください。

写真

最強ドイツの泣き所

欧州最強の経済大国ドイツだが、デジタル時代への適応が進まず悪戦苦闘している。  記事の全文 

写真

iQOSで喫煙データ収集

加熱式たばこiQOSの、喫煙者にはそれほど恩恵をもたらさない機能とは。  記事の全文 

写真

余剰プルトニウム問題

テキサス州の工場では、多くの作業員が手作業で米国産業で最も危険な仕事に従事している。  記事の全文 

写真

記者が旅した北の国境

中国と北朝鮮の国境地帯だを旅したロイター記者が目撃したものは。  記事の全文 | 関連記事 

写真

ロヒンギャの惨劇

縛られ、拘束された10人のロヒンギャの男たちは、すぐそばで浅い墓穴を掘る隣人の仏教徒たちを見つめていた。  記事の全文 

トップセクション