エディション:
日本

Breakingviews

Photo

コラム:HPE退任のホイットマン氏、実績は政界進出の追い風か 2017年 11月 22日

[ニューヨーク 21日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)はメグ・ホイットマン最高経営責任者(CEO)が2月に退任すると発表した。記事の全文

Photo

コラム:AT&Tトップ、退路を断って司法省と全面対決へ 2017年 11月 21日

[ニューヨーク/ワシントン 20日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米通信大手AT&Tのランダル・スティーブンソン最高経営責任者(CEO)が、米司法省と真っ向から対決しようとしている。

Photo

コラム:穴だらけのFRB理事会、パウエル新体制の抱える不安 2017年 11月 21日

[ワシントン 20日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米連邦準備理事会(FRB)の次期議長に指名されたジェローム・パウエル理事が率いる新体制は、顔ぶれがそろわないため、金融政策運営の継続性が危険にさらされている。

Photo

コラム:ムーディーズが予想外のインド格上げ、改革を後押し 2017年 11月 20日

[ムンバイ 17日 ロイター BREAKINGVIEWS] - インドのモディ首相に絶好のタイミングで追い風が吹いた。ムーディーズ・インベスターズ・サービスが17日、予想外の格付け引き上げに動いたのだ。格上げは2004年以降で初めて。重要な州議会選挙と総選挙を控える与党・インド人民党(BJP)が政策の成果を強調する材料になるだろう。

Photo

コラム:中銀はなぜ正直になれないか 2017年 11月 17日

[ロンドン 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 正直こそが最良の政策だとしばしば言いはやされるが、中央銀行当局者にとっては一番採用しにくい政策かもしれない。

Photo

コラム:石油・ガス銘柄を除外、ノルウェー基金が鳴らす警鐘 2017年 11月 17日

[ダラス 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 運用資産1兆ドルと世界最大の政府系ファンド(SWF)であるノルウェー政府年金基金が、石油・ガス関連株への投資を取りやめる方針を打ち出した。

Photo

コラム:軍掌握のジンバブエ、ムガベ大統領失脚でも残る課題 2017年 11月 17日

[ロンドン 15日 ロイター BREAKINGVIEWS] - アフリカ南部ジンバブエは変化を必要としている。望ましいのは劇的な変化かもしれないが、突然の変化ではない。 | ビデオ

Photo

コラム:5分で分かる米国抜きの新TPP 2017年 11月 16日

[香港 14日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 新たな環太平洋連携協定(TPP)は、たとえ米国が参加しなくても、大きな合意だ。ドナルド・トランプ氏は、米大統領就任時から不参加を表明。世界最大の経済国である米国の不参加は、同協定全体としてのインパクトを著しく低下させる。

Photo

コラム:中国のGDP目標廃止、見かけ以上になぜ困難か 2017年 11月 14日

[ワシントン 14日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国の固定資産投資が鈍化の兆しを示し、中国経済が減速し始めた。しかし中国政府は動じていない。当局者らは来年の国内総生産(GDP)伸び率目標を緩和する可能性を口にしている。目標そのものの設定廃止に向けた一歩と言えるだろう。

Photo

コラム:中国発の金融危機、本当に幻か 2017年 11月 13日

[ロンドン 8日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国が対外債務危機に陥るリスクはないと言えるもっともな理由は数多くあるが、それらは十分ではない。

Photo

コラム:ソフトバンクの巨大ファンド、不可解なその構造 2017年 11月 11日

[香港 10日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 日本は、数字や複雑なロジックが絡む数独などの頭脳パズルが大好きだ。新興企業投資に巨額の資金を調達し、チップ開発から通信事業、中国電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングにまで関心の幅を広げるソフトバンク・グループ は、急速に企業界の「頭脳パズル」になりつつある。

Photo

コラム:ゴールドマンの中国基金、「金は天下の回り物」を実証 2017年 11月 10日

[香港 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ゴールドマン・サックスと中国の政府系ファンド、中国投資有限公司(CIC)が手を組み、トランプ米大統領の大きな悩み事の1つを解決する画期的な構想を編み出した。ゴールドマンが、中国資本を取り込んで米国の中国向け輸出を増やそうという試みだ。

Photo

コラム:テンセントがスナップ出資拡大、フェイスブックけん制 2017年 11月 9日

[香港 8日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 写真・動画共有アプリを運営する米スナップは、中国インターネット大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)による出資比率が12%に達したと公表した。中国の有力なソーシャル・メディア・アプリ「ウィーチャット(微信)」を傘下に持つテンセントとスナップとの連携強化は、米フェイスブックに向けた強烈なメッセージとなる。

Photo

コラム:「パラダイス文書」が示す裏取引の高すぎる代償 2017年 11月 8日

[ミラノ 6日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 租税回避地におけるオフショア取引は「収穫逓減の法則」に屈しつつある。「パラダイス文書」と呼ばれる新たに流出した文書は、英領バミューダ諸島など不透明なタックスヘイブン(租税回避地)が根強い人気を得ていることを露呈した。

ロイターBREAKINGVIEWSについて

ロイターBreakingviewsは、重要な争点となるべき金融に関する知見を提供する世界有数の情報源です。1999年にBreakingviews.comとして設立。2009年にトムソン・ロイターが買収、金融コメンタリ―部門としてロイターブランドの一員となりました。日々の主要金融ニュースについて、ニューヨーク、ワシントン、シカゴ、ロンドン、パリ、マドリード、香港、北京、シンガポールに駐在するコラムニストが、専門的な分析を提供します。

英文での最新コラムを掲載した電子メールの定期購読を含め、breakingviews.comの解説や分析(英語)をすべてご覧になりたい方は、sales@breakingviews.comまでご連絡ください。

写真

パラダイス文書の教訓

「パラダイス文書」と呼ばれる新流出文書は、不透明な租税回避地の根強い人気を露呈。  記事の全文 

写真

盤石な権力で詰むリスク

習近平国家主席の権威蓄積そのものが自身の権力や中国にとって脅威となる可能性がある。  記事の全文 

写真

IS打倒でも負ける訳

ISをほぼ打倒したことで、米国は中東政策の拠り所を失ったのだろうか。  記事の全文 

トップセクション