for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

SKハイニックス

000660.KS

現在値

98,400.00KRW

変化

4,600.00(+4.90%)

出来高

4,154,067

本日のレンジ

95,700.00

 - 

98,500.00

52週レンジ

79,200.00

 - 

150,500.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
93,800.00
始値
96,000.00
出来高
4,154,067
3か月平均出来高
78.51
高値
98,500.00
安値
95,700.00
52週高値
150,500.00
52週安値
79,200.00
発行済株式数
687.62
時価総額
71,635,430.00
予想PER
7.45
配当利回り
1.19

次のエベント

Q3 2021 SK Hynix Inc Earnings Call

適時開示

その他

UK's CMA Says Start Of Merger Investigation On Anticipated SK Hynix / Intel Deal

SK Hynix Says Although This Year's Capex To Increase Somewhat, Resulting Production Will Materialize Next Year

UK's CMA Starts Probe Into Anticipated Acquisition Of Intel's Nand And SSD Business By SK Hynix

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

SKハイニックスとは

SKハイニックス(SK hynix Inc)は、主に半導体メモリの製造及び販売を行う韓国を拠点とする企業である。【事業内容】主要製品には、ダイナミックランダムアクセスメモリ(DRAM)、NANDフラッシュ、マルチチップパッケージ(MCP)などがある。また、相補型金属酸化膜半導体イメージセンサー(CIS)を製造・販売する。CISは、携帯電話、ノートブック、タブレット、医療機器、デジタル一眼レフ(DSLR)カメラ、カムコーダー、自動車、セキュリティ機器、ゲーム機、及び家電製品で使用される。国内市場及び米国、ドイツ、英国、日本、シンガポール、インド、中国を含む海外市場に製品を販売する。

業種

Semiconductors

連絡先

2091, Gyeongchung-Daero, Bubal-Eup

17336

South Korea

+82.31.51854114

http://www.skhynix.com

エグゼクティブリーダーシップ

Tae Won Choi

Chairman - Management

Seok Hui Lee

President, Chief Executive Officer, Director

Gyo Won Jin

Co-President, Director

Song Seop Kim

Co-President

Jeong Ho Park

Vice Chairman of the Board

統計

1.92 mean rating - 36 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, KRW)

2018

40.4K

2019

25.3K

2020

31.9K

2021(E)

42.9K
EPS (KRW)

2018

22,252.000

2019

2,943.000

2020

6,950.000

2021(E)

13,214.354
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.58
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.05
株価純資産倍率(四半期)
1.23
株価キャッシュフロー倍率
4.47
総負債/総資本(四半期)
28.18
長期負債/資本(四半期)
23.37
投資利益率(過去12カ月)
9.09
自己資本利益率(過去12カ月)
7.93

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー:引け(15日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [15日 ロイター] - 東南アジア株式市場はおおむね上昇。 インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピンで新型コロナウイルス感染拡大抑制の ための行動規制緩和を受けて投資家センチメントが向上した。 メイバンクのアナリストは「英国産標準油種ブレント、粗パーム油、天然ガスの高騰 はコモディティー(商品)に関連する通貨を引き続き支援しており、アジア株式の見通し はおおむね良好だ」と指摘した。 経済規模が東南アジア最大で、火力発電用石炭を含むコモディティー(商品)の主要 な輸出国であるインドネシアは世界的...

アジア株式市場サマリー:引け(14日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [14日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が上昇。インドネシア市場が2年超ぶりの高値を 付け、フィリピン市場は3営業日ぶりに反発した。 中国株式市場は反落して終了した。中国の内需は弱いものの、生産者物価(PPI)が過去最大の伸び となったことで、金融政策による支援の見通しに不透明感が強まった。 上海総合指数終値は3.4828ポイント(0.10%)安の3558.2795。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数終値は 26.497ポイント(0.54%)安...

アジア株式市場サマリー:中盤(14日)

ソウル株式市場の株価は続伸。IT株の比重が高い米ナスダック100指数 の上昇に追随した。また、企業収益の改善が世界経済の回復を支えるとの期待が高まった。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は1.16%高。同業のSKハイニックス<00 0660.KS>は2.17%高。電池メーカーのLG化学は3.22%高。IT大手ネイバー<035420 .KS>は3.14%高。 外国人投資家は1095億ウォン相当の売り越し。 米株市場ではS&P500種株価指数やナスダック100指数が上伸した。アマゾン・ドット・コムや マイクロソフトの大幅上昇にけん引...

アジア株式市場サマリー:引け(13日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [13日 ロイター] - 中国株式市場は反発して引けた。消費関連株とハイテク株 が買われた。 同国の貿易統計が予想を上回ったことを受けて、電力不足や、不動産大手の中国恒大 集団の債務問題に対する懸念が緩和した。 中国税関総署が13日発表した9月の貿易統計によると、輸出が市場予想を上回る 伸びとなった。電力不足や新型コロナの感染再拡大による生産への影響を堅調な世界需要 が補った。 キャピタル・エコノミクスの中国担当シニアエコノミスト、ジュリアン・エバンス・ プリチャード氏は「9月の輸出は、予想コンセンサス...

アジア株式市場サマリー:引け(12日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [12日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、まちまちで引けた。世界的なエネ ルギー不足によるインフレ懸念の高まりが重しとなった。 中国株式市場は下落。石炭株や電力消費の多いセクターが売られた。 不動産株は上昇。セクター支援へ政策が緩和される可能性があるとアナリストが指摘 した。 石炭株指数が2.2%安。石炭が不足する中、中国政府は生産拡大に向 けた措置を強化している。 国営テレビによると、中国の李克強首相は11日、二酸化炭素の排出削減目標の達成 に向けた日程と工程表を設定すると表明。一部地域の...

アジア株式市場サマリー:中盤(12日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [12日 ロイター] - 休場明けのソウル株式市場は続落し、9カ月超ぶりの安値を付けた。原油価 格の高騰でインフレ懸念が強まった。また米企業決算シーズンを前に投資家は慎重姿勢を維持した。 ハイテク大手が下落を主導。半導体大手のサムスン電子は2.94%安、同業SKハイニ ックスは2.66%安。 他の主要銘柄も、ITサービス大手ネイバーが3.22%、同業カカオが2. 98%、それぞれ下落した。 シドニー株式市場はほぼ横ばい。鉄鉱石価格高を受けて鉱業株が上昇した一方、ハイテク株や金融株は 下落した。 金融株指数...

アジア株式市場サマリー:引け(8日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [8日 ロイター] - 東南アジア株式市場は上昇。米議会上院が債務上限を一時的に引き上げる法案 を可決し、デフォルト(債務不履行)が回避されたことから、世界的にリスク選好が高まったことが背景。 インドネシア市場は改正税法の可決を好感した。法可決で来年の税収は139兆3000億ルピア(9 7億9000万ドル)増加する見込み。 投資家は、規制当局が資金繰りに苦しむ中国恒大集団の債務危機の拡大阻止に対応するかどうか様子を 見ており、市場では引き続き不動産部門に注目が集まっている 国慶節(建国記念日)の連休明...

アジア株式市場サマリー:中盤(8日)

午前のソウル株式市場の株価は小幅続伸。ただ、週間では3週続落となる見通 し。中国市場では7日間の休場が明けた。投資家はこの日発表の米雇用統計に注目している。 半導体大手のサムスン電子は0.70%高。半導体価格の上昇とディスプレーの販売増加 により、第3・四半期の営業利益が3年ぶりの高水準になるとの見通しを示した。 同業SKハイニックスは1.99%安、IT大手ネイバーは0.89%安、電 池メーカーのLG化学は3.26%高。 外国人投資家は664億ウォン(約5566万ドル)相当の売り越し。 中国市場は7日間の休日が明けて取引を再開。同国では...

アジア株式市場サマリー:中盤(7日)

ソウル株式市場の株価は反発し、約5週間ぶりの大幅高になる見込み。米連邦 政府の債務上限をめぐる与野党の対立で進展があったことから、地合いが改善した。エネルギー相場の下落 も株価を支援した。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子が0.84%高の一方、同業SKハイニックス<00 0660.KS>は0.41%安。LG化学は0.40%安、インターネット検索大手のネイバー<0354 20.KS>は4.83%高。 ケープ投資証券のアナリストは「(米国の)天然ガス相場が下落し、インフレ不安がやや和らいだ。米 国で債務上限の拡大に向けて進展があったことも...

アジア株式市場サマリー:引け(6日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [6日 ロイター] - 東南アジア株式市場の株価は大半が上昇した。インフレ高進や米連邦準備制度 理事会(FRB)の量的緩和縮小時期をめぐる懸念が広がる一方で、世界的にセンチメントが上向いている 。 アジア新興国市場は5日に大幅反発したニューヨーク市場に追随した。4日の米市場はインフレやFR Bの量的緩和縮小、債務上限問題をめぐる懸念から金利が上昇し、大幅安の展開だった。 クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは1.89%高の1559.42で終了。原油やガス、 石炭の相場高を受けて、エネルギー株...

アジア株式市場サマリー:中盤(6日)

ソウル株式市場の株価は3営業日続落し、9カ月ぶりの安値を付けた。米国債 利回りの上昇と中国の電力不足が警戒され、主力銘柄の半導体株が売られた。 KOSPIは一時米国市場が反発した流れを引き継いで1.06%高まで上昇し、その後下げに転じた 。 半導体大手のサムスン電子は0.83%安。アナリストは四半期決算の利益がここ3年で 最高となり、半導体価格の上昇とスマートフォンの販売順調で売上高が過去最高を記録すると予想している ものの、株価への影響はなかった。 同業のSKハイニックスは1.02%安。一方、インターネット検索大手のネイバー<0354...

アジア株式市場サマリー:引け(5日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [5日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、まちまち。米連邦準備制度理事会(FRB)によるテ ーパリング(量的緩和の縮小)時期を探る材料として、8日発表の9月の米雇用統計に注目が集まっている 。  中国不動産開発大手、中国恒大集団の債務危機をめぐる懸念もまた投資家心理を冷やした。 フィリピン市場は上昇。9月のインフレ率が3年ぶり高水準から低下。フィリピン中央銀行に、新型コ ロナウイルス危機からの回復を支援する金融政策を維持できる余地が生じた。UOB銀行は、回復にむらが あることを理由に、フィリピン...

アジア株式市場サマリー:中盤(5日)

ソウル株式市場の株価は続落。総合株価指数(KOSPI)が7カ月ぶりの安 値を付ける場面もあった。米株安に追随し、主力ハイテク株が値を下げたことが背景。米中の新たな通商対 立への懸念や米債のデフォルト(債務不履行)の危険性からリスク選好が低下した。 KOSPIは一時2.6%下げ、取引時間中としては3月9日以来の安値を付けた。 半導体大手サムスン電子と同業SKハイニックスはそれぞれ2.19%、2. 80%下落した。IT大手ネイバーは2.23%安、カカオは4.72%安。 海外勢は2914億ウォン(約2億4539万ドル)相当の売り越し。 シドニー...

アジア株式市場サマリー:引け(1日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [1日 ロイター] - 東南アジア株式市場の株価は軒並み下落。シンガポール市場 のストレーツ・タイムズ指数(STI)の終値は1.15%安の3051.11。前日報 告された新型コロナウイルスの新規感染者数は2478人と、今回のパンデミック(世界 的大流行)で最多となった。 ジャカルタ市場の総合株価指数は0.92%安の6228.845。2021年の予 算が予想より小規模になると当局者が表明したことを受けた。 マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.42%安の6923.60。経済がパンデ ミック前の水準に...

アジア株式市場サマリー:中盤(1日)

ソウル株式市場の株価は反落。前日の米株安に追随した。週間ベースでは6週 間ぶりの大幅下落に向かっている。中国の電力危機と景気減速をめぐる懸念が株安の背景にある。 総合株価指数(KOSPI)は今週を通じては3.3%下げており、週間ベースで8月中旬以来の大幅 安に向かっている。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は1.21%安。同業SKハイニックス<0006 60.KS>は2.91%安と大きく下げた。電池メーカーのLG化学は0.77%安、IT大手ネ イバーは1.55%安。 30日のニューヨーク株式市場は大幅下落して引けた。S&P500...

アジア株式市場サマリー:引け(30日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [30日 ロイター] - 東南アジア株式市場は安値拾いの買いで大半の市場が上昇 した。 特に値上がりしたのはジャカルタ市場で前日終値比2.02%高。インドネシアの国 会は、ジョコ大統領の2022年予算を承認した。 中国株式市場は上昇。9月の製造業指標が予想を下回ったことを受けて、追加の刺激 策に対する期待が浮上した。 当局が電力不足に対する懸念を払拭する取り組みを強化したことを受け、電力消費の 多い業種が反発した。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 は四半期...

アジア株式市場サマリー:中盤(30日)

ソウル株式市場の株価は小幅ながら3日ぶりに反発した。前日のニューヨー ク市場が若干値を戻したことを好感した。 総合株価指数(KOSPI)は28、29両日はそれぞれ1.14%と1.22%下落していた。 中国の電力不足や米国の債務上限をめぐる懸念が根強く、上値が重い展開だった。 主要銘柄のうち、半導体大手サムスン電子はほぼ変わらず。同業のSKハイニックス<0006 60.KS>は1.50%高。IT大手ネイバーとメッセージアプリ運営のカカオはそれ ぞれ0.26%高と2.58%高だった。 外国人投資家は477億ウォン(約4044万ドル)相当の買...

アジア株式市場サマリー:引け(29日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [29日 ロイター] - 中国株式市場は反落して取引を終えた。国内の電力不足を 背景に、化学や鉄鋼といった工場閉鎖に脆弱なセクターが売られた。 アナリストは、中国各地で工場の稼働停止を引き起こしている電力不足が中国恒大集 団の債務問題よりも経済の大きな脅威になり得ると指摘。 電力不足の影響を受けやすい非鉄金属、鉄鋼、化学<.CSI0 00813>は3─5.4%安。 中国国家発展改革委員会(発改委)は29日、発電所向けの石炭供給を安定させるた め、鉄道会社に石炭輸送を強化するよう求め、地方政府に対しては...

アジア株式市場サマリー:中盤(29日)

ソウル株式市場の株価は続落し、一時は半年ぶりの安値を付けた。ハイテク 株の幅広い銘柄に売りが出たほか、中国で広がる電力不足の影響が警戒された。 総合株価指数(KOSPI)は一時2.17%安と、3月29日以来の安値を記録した。 主力銘柄では、半導体大手のサムスン電子が2.75%安、同業SKハイニックス<000660 .KS>が3.38%安。プラットフォーム企業のネイバーとカカオは、それぞれ2. 29%安、1.70%安となった。 海外勢は2380億ウォン(約2億0176万ドル)相当の売り越し。 ケープ投資証券のアナリストは、KOSPIの下落...

アジア株式市場サマリー:引け(28日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [28日 ロイター] - 中国株式市場は上昇して終了した。中国人民銀行(中央銀 行)が住宅市場の影響から消費者を守る姿勢を示したことを好感し、不動産株が買われた 。 住宅市場にさらされている消費者を保護すると人民銀が表明し、銀行システムに流動 性を供給したことから不動産指数は5.6%高と急伸した。 不動産株の上昇を受けて銀行株指数は1.8%高となった。 中国国家統計局が28日に発表した8月の工業部門企業利益は、前年同月比の伸びが 6カ月連続で鈍化した。コモディティー(商品)価格高や厳しいエネルギー...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up