for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

SKハイニックス

000660.KS

現在値

107,500.00KRW

変化

-1,000.00(-0.92%)

出来高

2,714,654

本日のレンジ

105,500.00

 - 

108,000.00

52週レンジ

85,900.00

 - 

150,500.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
108,500.00
始値
107,500.00
出来高
2,714,654
3か月平均出来高
82.78
高値
108,000.00
安値
105,500.00
52週高値
150,500.00
52週安値
85,900.00
発行済株式数
687.62
時価総額
86,632,280.00
予想PER
8.95
配当利回り
0.98

次のエベント

Q4 2021 SK Hynix Inc Earnings Call (English, Korean)

適時開示

その他

UK's CMA Says Start Of Merger Investigation On Anticipated SK Hynix / Intel Deal

SK Hynix Says Although This Year's Capex To Increase Somewhat, Resulting Production Will Materialize Next Year

UK's CMA Starts Probe Into Anticipated Acquisition Of Intel's Nand And SSD Business By SK Hynix

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

SKハイニックスとは

SKハイニックス(SK hynix Inc)は、主に半導体メモリの製造及び販売を行う韓国を拠点とする企業である。【事業内容】主要製品には、ダイナミックランダムアクセスメモリ(DRAM)、NANDフラッシュ、マルチチップパッケージ(MCP)などがある。また、相補型金属酸化膜半導体イメージセンサー(CIS)を製造・販売する。CISは、携帯電話、ノートブック、タブレット、医療機器、デジタル一眼レフ(DSLR)カメラ、カムコーダー、自動車、セキュリティ機器、ゲーム機、及び家電製品で使用される。国内市場及び米国、ドイツ、英国、日本、シンガポール、インド、中国を含む海外市場に製品を販売する。

業種

Semiconductors

連絡先

2091, Gyeongchung-Daero, Bubal-Eup

17336

South Korea

+82.31.51854114

http://www.skhynix.com

エグゼクティブリーダーシップ

Tae Won Choi

Chairman - Management

Seok Hui Lee

President, Chief Executive Officer, Director

Gyo Won Jin

Co-President, Director

Song Seop Kim

Co-President

Jeong Ho Park

Vice Chairman of the Board

統計

1.92 mean rating - 38 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, KRW)

2018

40.4K

2019

25.3K

2020

31.9K

2021(E)

42.7K
EPS (KRW)

2018

22,252.000

2019

2,943.000

2020

6,950.000

2021(E)

13,271.515
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.14
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.25
株価純資産倍率(四半期)
1.39
株価キャッシュフロー倍率
4.65
総負債/総資本(四半期)
27.03
長期負債/資本(四半期)
22.21
投資利益率(過去12カ月)
12.12
自己資本利益率(過去12カ月)
10.57

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー:引け(24日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [24日 ロイター] - 東南アジア株式市場は軒並み下落して引けた。今週の米連 邦公開市場委員会(FOMC)で、金融引き締めに向けてより積極的な姿勢が示される可 能性に懸念が広がり、リスク選好度が低下した。 一部アナリストの間では、FOMCで新型コロナウイルスの大流行後としては初とな る利上げが決まる可能性が若干あるとの観測も浮上。売りが先行した。 中国株式市場は新エネルギー株や機械株が買われ小反発して引けた。中国人民銀行( 中央銀行)が景気を支援するため金利を引き下げたことが追い風となった。 新...

アジア株式市場サマリー:中盤(24日)

午前のソウル株式市場の株価は続落。米連邦準備制度理事会(FOMC)の 金融引き締めへの警戒を背景に、下落率は約5週間ぶりの大きさとなる方向。 サムスン電子が0.66%安のほか、SKハイニックスが0.42%安。LG 化学は3.31%安、ネイバーが0.90%安。 外国人投資家は、3233億ウォン(約2億7092万ドル)の売り越しだった。 午前のシドニー株式市場は、資源株やハイテク株など幅広く売られ、続落。インフレ高進による米連邦 準備理事会(FRB)の金融引き締め懸念に加え、前週末のナスダック市場の下落もあり、市場の慎重姿勢 が強い。 ハイテク...

アジア株式市場サマリー:引け(21日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [21日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、まちまちで引けた。 中国株式市場は下落して引けた。 ハイテク株が下落。中国共産党の中央規律検査委員会は、汚職摘発で「新たな課題と 新たな状況」に焦点を当て、インターネットプラットフォームの独占の背後にある腐敗行 為などを調査し処罰する方針を示した。 ヘルスケア株も安い。米製薬大手メルクの新型コロナウイルス経口治療薬「モルヌピ ラビル」を巡り、国連が支援する「医薬品特許プール(MPP)」と後発薬(ジェネリッ ク)メーカー27社が、低価格版を製造することで...

アジア株式市場サマリー:中盤(21日)

午前のソウル株式市場の株価は、インフレ懸念や米連邦準 備理事会(FRB)による積極的な金融引き締めに対する警戒感が再び広がり、反落した 。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子とSKハイニックス<000660 .KS>がそれぞれ1.31%安、3.60%安。LG化学は0.72%安だっ た。 来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)待ちの気分が強い中、FRBの金融引き締 めに対する懸念が相場の重しとなった。韓国税関のデータで、今月1─20日の輸出が前 年同時期に比べて22%増えたことが明らかになったが、ほとんど材料視されなかった。 外国人投資家...

アジア株式市場サマリー:引け(18日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [18日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が下落して引けた。新型コロナ ウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の高水準となった米国債利回りを踏まえ、米 連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが速まる可能性が高いとの見方が広がった。 ジャカルタ市場の総合株価指数は一時約1カ月ぶりの安値を付けた。 マニラ市場の主要株価指数PSEiは3営業日ぶりに反発。 クアラルンプール市場は、ヒンズー教徒の祭典「タイプーサム」のため休場。 中国株式市場は続伸。前日の中国人民銀行(中央銀行)による中期貸出制度...

アジア株式市場サマリー:引け(17日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [17日 ロイター] - 中国株式市場は反発。この日発表された2021年第4・四半期の中国成長 率統計や中国人民銀行(中央銀行)の中期貸出金利引き下げを受け、政策支援観測が台頭した。 第4・四半期の成長率は市場予想を上回ったものの、一段と減速し1年半ぶりの低い伸び。また人民銀 は、中期貸出制度(MLF)金利を2020年4月以来初めて引き下げた。 エコノミストからは、一段の政策支援を予想する声が出ている。 不動産開発株は1.8%上昇。中国国家統計局は今年の不動産市場について、投資の安定 的な伸びで順調...

アジア株式市場サマリー:中盤(17日)

ソウル株式市場は続落。注目されている電池メーカー、L Gエナジー・ソリューション(LGES)の新規株式公開(IPO)を控えて持ち高調整 の売りが出たほか、一段の金融引き締めの可能性がリスク選好を弱めた。 主力ハイテク株が下げを主導。半導体大手サムスン電子とSKハイニッ クスが、それぞれ0.26%安と2.33%安。 LGESはIPOで108億ドルを調達。機関投資家からの申し込みは計12兆80 00億ドルに達し、韓国のIPOとしては過去最大の引き合いがあった。 個人投資家向けの公募は18、19両日に実施する。 米連邦準備制度理事会(FRB)...

アジア株式市場サマリー:引け(14日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [14日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。フィリピン市場は下落。新型コロナウイル ス感染抑制に向けた首都圏と周辺州での制限措置が1月末まで延長されたことが嫌気された。ただ、週間で は昨年11月上旬以来の上昇率となった。 中国株式市場は続落して引けた。不動産会社の債務問題が引き続き投資家心理を圧迫している。また国 内で新型コロナウイルス感染が拡大し、景気に対する影響への懸念が強まった。 週間では上海総合指数が1.6%の下落、CSI300指数は2%の下落となった。 金融ハブの上海市はコロナ...

アジア株式市場サマリー:中盤(14日)

午前のソウル株式市場の株価は続落している。米ナスダック総合指数が下げ た流れを引き継いだほか、インフレ封じ込めを図る利上げによってリスク投資意欲が後退したことが響いて いる。 総合株価指数(KOSPI)は昨年12月20日以来、約4週ぶりの大幅安になる見通し。週間では4 週続落の見込み。 IT株の主力銘柄はナスダックにつれ安となっている。半導体大手のサムスン電子と同業 SKハイニックスはそれぞれ0.51%安、2.32%安。プラットフォーム企業のネイバー< 035420.KS>は2.59%安。 韓国銀行(中央銀行)は14日、政策金利を1.25...

CES、対面イベントでのコロナ感染者数の確認は不可能=主催者

米ラスベガスで先週開かれたデジタル見本市「CES」を主催した全米民生技術協会(CTA)は13日、対面イベントの参加者から出た新型コロナウイルス感染者数の確認は不可能との見解を示した。

アジア株式市場サマリー:中盤(13日)

午前のソウル株式市場の株価は反落。107億ドルの調達 を目指すLGエネルギーソリューションの新規株式公開(IPO)を控え、個人投資家が 売りを出した。  0252GMT(日本時間午前11時52分)時点で、総合株価指数(KOSPI) は前日終値比3.38ポイント(0.11%)安の2969.10。取引序盤の0.32 %上昇を消した。 主要銘柄では、半導体大手のサムスン電子が0.51%安。一方、同業 のSKハイニックスは0.39%高だった。 関係筋によると、LGエネルギーソリューションのIPOへは、機関投資家から、6 0億ドル分の公募の約13...

アジア株式市場サマリー:中盤(12日)

午前のソウル株式市場は続伸。経済成長を下支えるためイ ンフレ抑制を明言した米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の発言を受けて米市場 が反発したことから、これに追随した。 未来アセット証券のアナリストは、パウエル議長の発言が、想定されたほど議長がタ カ派に傾かないかもしれないとの安心感を市場に与えたと分析した。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子と同業SKハイニックス<000660 .KS>はほぼ横ばい。電池大手のLG化学とプラットフォーム企業のネイバー< 035420.KS>はそれぞれ5.18%、3.13%上昇した。 海外勢は3922...

韓国の主要企業関係者、米CES参加の30人超がコロナ陽性

米ラスベガスで先週開かれたデジタル見本市「CES」に参加した韓国の主要企業関係者30人以上が、米国滞在中に新型コロナウイルス検査で陽性反応を示した。複数の業界筋が12日に明らかにした。

アジア株式市場サマリー:引け(11日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [11日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が上昇したものの、低調に推移 した。 シンガポール市場は通信大手シンガポール・テレコミュニケーションズの上昇が主導 。同社は、オーストラリアの数十億ドル規模の光ファイバー資産の売却を検討していると 報じられた。同社は取引が実現するかについて、確証がないと説明した。 中国株式市場は反落して取引を終えた。米利上げが早まるとの見方や、国内での新型 コロナウイルス感染拡大がセンチメントを圧迫する中、防衛関連株とIT(情報技術)株 が下落を主導した。 ウォール...

アジア株式市場サマリー:中盤(11日)

午前のソウル株式市場の株価は小動き。米国での早期金利引き上げ観測にリ スク選好が弱まった。 総合株価指数(KOSPI)は前日は0.95%安で引けた。同指数は年初来2.09%下げている。 ソウル市場は米国市場の下落に追随した。早ければ3月に利上げ実施との観測から投資家はリスク資産 を売り、10年物米国債利回りは2年ぶり高水準に上昇した。 投資家は、この日行われるパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の再任承認公聴会と、今週発表さ れる12月の米主要インフレ統計に注目している。 韓国銀行は金融政策決定会合を14日に開催する。 ハイテク大型銘柄...

アジア株式市場サマリー:引け(10日)

東南アジア株式市場の株価はまちまち。シンガポール市場は銀行株主導で3 営業日続伸した。インフレ懸念や、米連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派姿勢を受け、高金利が追い風 となる銀行株などが買われた。 中国株式市場は上昇して取引を終了した。消費、ヘルスケア株がけん引した。改革深化や流動性改善へ の期待感から、上海証券取引所のハイテク新興企業向け市場「科創板(スター・マーケット)」が上昇した 。 生活必需品は0.88%高、ヘルスケアは1.08%高。 科創板は0.98%上昇した。中国証券監督管理委員会は7日、科創板でマーケットメーク (値付け)...

アジア株式市場サマリー:引け(7日)

東南アジア株式市場は、おおむね上昇して引けた。 シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は週間では2%超上昇し、 昨年3月中旬以来の大幅高となった。 中国市場はほぼ横ばいで終了した。不動産株が政策緩和期待から反発する一方で、ハ イテク株が軟調だった。 チャイネクスト指数は1.8%下落し、週間の下げ幅が5.7%と10 カ月ぶりの大きさとなった。米連邦準備理事会(FRB)の「量的引き締め」を巡る懸念 による海外のハイテク株安に追随した。 中国当局が経済の安定を優先させる必要があると改めて表明したことを受けて、中国 市場は上昇する...

アジア株式市場サマリー:中盤(7日)

午前のソウル株式市場の株価は反発。サムスン電子の昨年10─12月期決算 (速報値)が堅調だったことことを受け、半導体大手銘柄が上げを主導した。 サムスン電子は1.69%高となった。同社の昨年10─12月期の営業利益は前年同期 比で52%増となった。サーバー用記憶半導体の需要が堅調で、半導体製造に関する高い利益率も追い風に なった。 同業のSKハイニックスも2.40%高。IT大手のネイバーは0.59%高 、バイオ医薬品のサムスン・バイオロジクスは0.48%高とそれぞれ上昇した。 外国人投資家は2734億ウォン(約2億2744万ドル)相当の...

アジア株式市場サマリー:引け(6日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [6日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が下落して引けた。 新型コロナウイルスのオミクロン株感染件数の増加で東南アジア諸国の先行きに不透 明感が広がっている。シンガポール当局は、オミクロン株の感染規模がデルタ株より大き くなるとの見通しを示した。 中国株式市場は続落。米連邦準備理事会(FRB)会合の議事要旨で利上げが予想以 上に早い可能性が示唆されたことを受けた海外市場安に追随した。 国内では新型コロナウイルス感染が拡大し、厳しい行動制限を導入する動きが広がっ ている。 海外投資家はA株を...

アジア株式市場サマリー:引け(5日)

中国株式市場はハイテク株が引き続き軟調となり、続落して 引けた。中国当局はアリババ集団などネット大手企業に新たに罰金を科したと 発表した。 情報技術株指数は2.83%、半導体株指数は4.33%、 工業株指数は2.71%それぞれ下落した。 深セン総合指数は1.75%下落した。深セン証券取引所の新興企業向け市 場「創業板(チャイネクスト)」総合指数は2.728%安となった。 不動産株は続伸し2.31%高。 5日に上海市場に上場した中国移動(チャイナモバイル)は序盤に大き く値を上げたが、その後は上げ幅を縮小し0.52%高で終了した。 香港株式市場...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up