for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ポスコ

005490.KS

現在値

274,500.00KRW

変化

500.00(+0.18%)

出来高

539,940

本日のレンジ

269,000.00

 - 

278,000.00

52週レンジ

232,500.00

 - 

413,500.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
274,000.00
始値
270,000.00
出来高
539,940
3か月平均出来高
6.00
高値
278,000.00
安値
269,000.00
52週高値
413,500.00
52週安値
232,500.00
発行済株式数
73.23
時価総額
18,859,380.00
予想PER
3.62
配当利回り
8.07

次のエベント

Q3 2022 Posco Earnings Release

適時開示

その他

Posco Holdings Inc Unit Posco Has Resumed Some Of Production At Pohang Steel Plant After Typhoon

Posco Holdings Unit Posco Has Suspended Production Of Its Steel Plant In Pohang, S.Korea Due To Flooding Caused By Typhoon

Pilbara Minerals Says Remaining Closing Deliverables To Establish Downstream JV With Posco Satisfied & Transaction Has Completed

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ポスコとは

ポスコ・ホールディングス(Posco Holdings Inc)(旧名:Posco)は、鉄鋼製品の製造・販売を主な事業とする韓国の企業である。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて事業を展開する。鉄鋼事業セグメントは、熱延鋼板、冷延鋼板、ステンレス鋼板などの鋼材を製造・販売する。貿易事業セグメントは、鉄鋼製品の輸出入を含む世紀貿易取引を行う。エンジニアリングとコンストラクション(E&C)事業セグメントは、産業プラント、土木プロジェクト、商業ビル及び住宅の計画、 設計及び建設を行う。その他事業セグメントは、発電所、情報通信関連サービス等を行う。

業種

Iron & Steel

連絡先

Posco Center

440, Teheran-ro, Gangnam-gu

06194

South Korea

+82.54.2200114

https://www.posco.co.kr/

エグゼクティブリーダーシップ

Jeong Wu Choi

Chairman of the Board, Co-Chief Executive Officer

Jung Sun Jeon

President, Co-Chief Executive Officer, Director

Hak Dong Kim

Vice Chairman of the Board

Chang Hwa Jung

Vice President, Director

Tak Jung

Vice President, Director

統計

1.76 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, KRW)

2019

64.4K

2020

57.8K

2021

76.3K

2022(E)

85.9K
EPS (KRW)

2019

22,823.000

2020

20,165.000

2021

85,377.000

2022(E)

61,297.929
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.45
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.22
株価純資産倍率(四半期)
0.32
株価キャッシュフロー倍率
1.62
総負債/総資本(四半期)
49.54
長期負債/資本(四半期)
24.50
投資利益率(過去12カ月)
12.03
自己資本利益率(過去12カ月)
8.59

最新ニュース

最新ニュース

韓国ポスコ製鉄所の火災鎮火、台風通過まで操業停止

[ソウル 6日 ロイター] - 韓国南東部のポハンで6日、鉄鋼大手ポスコの製鉄所から火災が発生し、敷地内の2工場が影響を受けたと広報担当者が発表した。火災は鎮火し、死傷者は確認されていないという。

韓国南東部のポスコ製鉄所で火災、2工場が被災 原因調査中

[ソウル 6日 ロイター] - 韓国南東部のポハンで6日、鉄鋼大手ポスコの製鉄所から火災が発生し、敷地内の2工場が影響を受けたと広報担当者が発表した。被害の程度については明らかにしていない。

韓国南部に台風11号接近、一部企業は業務縮小

[ソウル 5日 ロイター] - 韓国南部は5日、大型で強い台風11号(ヒンナムノー)の接近を受けて大雨や強風に見舞われた。中央災難安全対策本部は前日に警戒レベルを最高に引き上げており、同地域で企業が業務の停止や縮小を余儀なくされるとみられるほか、空の便が欠航になるなどの影響が出ている。

欧州ミタル、バーレなどからブラジル製鉄会社買収へ 22億ドル

[サンパウロ 28日 ロイター] - 欧州鉄鋼大手アルセロール・ミタルは、ブラジルのペセム製鉄会社(CSP)を同国資源大手バーレなどから22億ドルで買収することに合意した。バーレが28日に発表した。

韓国ポスコホールディングス、第2四半期は減益 原材料費が高騰

[ソウル 21日 ロイター] - 韓国の鉄鋼大手ポスコの持ち株会社ポスコ・ホールディングスが21日発表した第2・四半期決算は、営業利益が4.5%減と自社予想に沿った結果となった。製品価格を引き上げたが原材料コストの急増に追い付かなかった。

韓国トラック運転手が職場復帰、スト終結

ストライキに参加していた韓国のトラック運転手が15日、職場復帰した。労働組合と国土交通省が14日深夜、最低賃金保証について暫定合意したことを受けた。これにより、港湾や産業拠点を機能不全に陥れた全国規模のストライキは終了した。

韓国トラック運転手が職場復帰、スト終結

ストライキに参加していた韓国のトラック運転手が15日、職場復帰した。労働組合と国土交通省が14日深夜、最低賃金保証について暫定合意したことを受けた。これにより、港湾や産業拠点を機能不全に陥れた全国規模のストライキは終了した。

韓国トラック運転手スト、半導体洗浄液の中国向け出荷も混乱

トラック運転手によるストライキが物流に影響が広がる中、韓国貿易協会(KITA)は14日、半導体の製造工程で使われる洗浄液の中国向け輸出に混乱が生じていると明らかにした。

韓国トラック運転手スト、石油化学業界も物流停滞

韓国石油化学工業協会は13日、トラック運転手による大規模ストライキの影響で、加盟企業の工場からの製品出荷が平均で90%落ち込んだと発表した。ストは7日目に突入し、自動車や鉄鋼メーカーなども在庫が積み上がる中、操業の縮小を余儀なくされている。

韓国トラック運転手のスト続く、鉄鋼大手ポスコも一部操業停止に

韓国鉄鋼大手ポスコは12日、トラック運転手による大規模ストライキが続いている影響で、13日から一部工場の操業を停止すると発表した。出荷できなくなった製品を一時保管しておく場所がなくなったという。

UPDATE 2-韓国トラック運転手ストが拡大、半導体に影響も 現代自工場で生産減

韓国のトラック運転手によるストは10日で4日目に入り、規模も拡大している。港湾などからの配送遅延で鉄鋼大手ポスコや現代自動車、起亜自動車が影響を受けており、半導体や石油化学製品向けの原材料輸送も滞る恐れが出ている。

韓国、トラック運転手のストが3日目に突入 供給網に懸念

韓国のトラック運転手によるストが9日、3日目に突入した。港湾やコンテナ倉庫からの配送に混乱が生じており、国際的なサプライチェーンに影響を及ぼすリスクがある。

韓国ポスコホールディングス、第1四半期営業利益は過去最高

韓国の鉄鋼大手ポスコの持ち株会社ポスコホールディングスが25日発表した第1・四半期決算は、連結営業利益が44%増と予想以上に増加し、過去最高となった。原材料費が高止まりしたものの、好調な鉄鋼需要が売上高を押し上げた。

韓国、コロナ予防対策をほぼ解除 新規感染者2カ月ぶり低水準

韓国政府は18日、新型コロナウイルス感染予防対策をほぼ全て解除した。オミクロン株の感染が減り、1日当たりの新規感染者が5万人以下と、過去2カ月あまりで最低となっていることが背景。

韓国ポスコ、コロナ規制緩和受け従業員出社 サムスン電子は慎重

サムスン電子、LG電子、現代自動車、SKイノベーションはオミクロン株への懸念を理由に、職場復帰計画を実行していないと述べた。

韓国ポスコ、2021年連結営業利益が過去最高 需要増で

韓国の鉄鋼大手ポスコが28日発表した2021年決算は、連結営業利益が前年比3倍超の9兆2000億ウォン(約76億2000万ドル)で過去最高を記録した。需要増と価格上昇が寄与した。

アジア株式市場サマリー:引け(10日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [10日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が下落した。市場は米インフレ 統計待ちでで、連邦準備理事会(FRB)が量的緩和縮小ペースを速める論拠が示される 公算が大きい。 シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は一時0.4%安まで下落 した。新型コロナウイルス・オミクロン株の初の市中感染が報告された。 バンコク市場は祝日のため休場。 中国株式市場は反落。前日に約4カ月ぶりの高値を付けていたが、11月の融資統計 が軟調な内容だったこともあり、利益確定売りが出た。 上海総合指数は6...

韓国のポスコ、鉄鋼事業分離へ 持ち株会社に

韓国の鉄鋼大手ポスコは10日、鉄鋼事業を分離し、持ち株会社となる計画を発表した。

豪ピルバラと韓国ポスコが合弁合意、韓国でリチウム生産

豪リチウム鉱山のピルバラ・ミネラルズは26日、韓国の鉄鋼大手ポスコと水酸化リチウムを加工する合弁会社を韓国に設立することで合意したと発表した。ピルバラの株価は9%超急伸した。

韓国ポスコ、第3四半期は営業最高益 鉄鋼価格上昇で

韓国の鉄鋼大手ポスコが25日発表した第3・四半期決算は、中国の供給制限による価格上昇を背景に、営業利益が四半期ベースの最高となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up