for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サムスン・エレクトロニクス

005930.KS

現在値

69,900.00KRW

変化

-300.00(-0.43%)

出来高

11,436,565

本日のレンジ

69,600.00

 - 

70,000.00

52週レンジ

60,400.00

 - 

96,800.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
70,200.00
始値
69,900.00
出来高
11,436,565
3か月平均出来高
267.23
高値
70,000.00
安値
69,600.00
52週高値
96,800.00
52週安値
60,400.00
発行済株式数
6,792.67
時価総額
366,250,600.00
予想PER
7.88
配当利回り
2.65

次のエベント

Samsung Electronics Co Ltd at eBest Corporate Day

適時開示

その他

Samsung Elec Says Q2 Shipments Of Smartphones About 62 Million Units

Samsung, ACCC To Resolve Case On Water Resistance Claims In 9 Galaxy Smartphone Ads

ACCC Says Samsung Australia Fined A$14 Mln For Misleading Water Resistance Claims

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サムスン・エレクトロニクスとは

サムスン・エレクトロニクス(Samsung Electronics Co Ltd)は、主に電子製品の製造・販売を行う韓国に拠点を置く会社である。【事業内容】4つのセグメントを通じて事業を行う。情報技術及びモバイル通信(IM)セグメントは、コンピューター、携帯電話(HHP)、ネットワークシステム、デジタルカメラ等を製造する。デバイスソリューション(DS)セグメントは、ダイナミックランダムアクセスメモリ(DRAM)、フラッシュ、薄膜トランジスタ液晶ディスプレイ(TFT-LCD)等の半導体及びディスプレイ部品を提供する。コンシューマーエレクトロニクス(CE)セグメントは、カラーテレビ(CTV)、モニター、プリンター、エアコン、冷蔵庫、洗濯機等を製造する。Harmanセグメントは、ヘッドユニット、インフォテインメント、テレマティクス、スピーカー等を製造する。国内市場及び海外市場に製品を販売する。

業種

Communications Equipment

連絡先

129, Samsung-Ro, Yeongtong-Gu

16677

South Korea

+82.31.2001114

https://www.samsung.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Gi Nam Kim

Chairman of the Board

Gye Hyeon Gyung

Co-President, Co-Chief Executive Officer, Director

Yun Ho Choi

Co-President, Chief Financial Officer

Jeong Bae Lee

Co-President, Director

Tae Mun Noh

Co-President, Director

統計

1.79 mean rating - 38 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, KRW)

2019

230.4K

2020

236.8K

2021

279.6K

2022(E)

313.2K
EPS (KRW)

2019

3,166.000

2020

3,841.000

2021

5,777.000

2022(E)

6,239.331
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.27
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.20
株価純資産倍率(四半期)
1.16
株価キャッシュフロー倍率
4.37
総負債/総資本(四半期)
5.47
長期負債/資本(四半期)
1.10
投資利益率(過去12カ月)
13.81
自己資本利益率(過去12カ月)
10.94

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー:引け(23日)

東南アジア株式市場は、軒並み下落。米連邦準備制度理事会(FRB) が今年3回目となる0.75%利上げを決め、追加利上げを予想し、米経済のソフトランディング(軟着陸 )達成への自信の低下を警告した後で、世界的にリスク意欲は低調だった。 中国株式市場は続落。海外の利上げ、新型コロナウイルス感染、地政学的緊張を背景とする海外勢の投 資引き揚げ懸念に圧迫された。香港株式市場は11カ月ぶり安値に向け下落した。 上海総合指数、上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI30 0指数はともに3日続落した。 モルガン・スタンレーは...

ソフトバンクG、傘下アーム巡りサムスン電子と戦略提携協議へ

ソフトバンクグループの孫正義最高経営責任者(CEO)は、3年ぶりに韓国を訪問し、傘下の英半導体設計大手アームに関し、韓国サムスン電子と戦略提携について協議すると文書で明らかにした。

アジア株式市場サマリー:中盤(22日)

午前のソウル株式市場の株価は続落している。米連邦準備 制度理事会(FRB)の金融引き締めが長期的に続き、ペースが加速する可能性が警戒さ れた。 総合株価指数(KOSPI)は0115GMT(日本時間午前10時15分 )時点で、前日終値比27.23ポイント(1.16%)安の2319.98。日中ベー スで7月15日以来の安値を付けた。 未来アセット証券のアナリストは、FRBのパウエル議長が金融引き締めによる成長 鈍化の可能性を認めたことが、株式市場を圧迫していると分析した。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子が1.63%安、同業のSKハ イニックス...

ソフトバンクG、傘下アーム巡りサムスン電子と戦略提携協議へ

ソフトバンクグループの孫正義最高経営責任者(CEO)は、3年ぶりに韓国を訪問し、傘下の英半導体設計大手アームに関し、韓国サムスン電子と戦略提携について協議すると文書で明らかにした。

ソフトバンクの孫氏、来月ソウル訪問─サムスン電子副会長=報道

韓国サムスン電子の李在鎔副会長は21日、ソフトバンクグループの孫正義最高経営責任者(CEO)が来月ソウルを訪問する見通しだと述べた。複数の韓国メディアが報じた。

アジア株式市場サマリー:中盤(21日)

午前のソウル株式市場の株価は反落した。投資家は米連邦 公開市場委員会(FOMC)の金融政策決定に注目している。 総合株価指数(KOSPI)は一時1.05%安と、日中ベースで7月15日以来、 約2カ月ぶりの安値を付けた。 米連邦準備理事会(FRB)はFOMCで少なくとも0.75%利上げすると見込ま れている。FOMCの結果は21日発表される。 サムスン証券のアナリストは「利上げ自体より、FRBの政策スタンスの方が重要だ 。さまざまな解釈が考えられるためで、株式市場では先行き不透明感が強い」と分析した 。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子...

アジア株式市場サマリー:中盤(20日)

午前のソウル株式市場の株価は前日の米国市場に追随して 反発した。ただ今週想定されている米連邦準備理事会(FRB)による大幅利上げに対す る警戒感から、上値は限定された。 総合株価指数(KOSPI)は一時は1.14%高まで上昇した。 ケープ・インベストメント・アンド・セキュリティーズのアナリストは「FRBの政 策決定の前に本格的な反発は期待できないだろう。結果次第で下振れリスクが強まる可能 性がある」と指摘した。 FRBは21日、少なくとも0.75%利上げすると予想されいる。この先の政策見 通しについても注目されている。 主要銘柄のうち、...

アジア株式市場サマリー:引け(19日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [19日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、大半の市場が下落した。16日の米株安を受けてア ジア市場のセンチメントは悪化した。 今週は米連邦準備制度理事会(FRB)の政策金利決定など、中央銀行の金融政策会合が多く予定され ている。   みずほ銀行のエコノミスト、ビシュヌ・バラサン氏は「FRBの政策金利決定会合がリスク資産をめぐ る物語を支配しそうだ。週半ばの米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に警戒ムードが優勢となる公算だ 」と述べた。   21日のFOMCでの0.75%かそれより大幅な利上げが...

アジア株式市場サマリー:引け(15日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [15日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。ジャカルタ市場の総合株価指数は0.38%高。一 時過去最高値を付けた。 インドネシアでは世界的なコモディティー価格の高騰を背景に輸出が急増。経済の回 復力を高めており、株式市場にも反映されている。同国は2020年5月以降、貿易黒字 を毎月計上している。 ジャカルタのトリメガ・セキュリティーズのエコノミストは「石炭輸出国であるイン ドネシアは、欧州エネルギー危機の恩恵を受けている」と述べた。 中国株式市場は下落して取引を終えた。新エネルギー株が...

サムスン、ロシア市場への年内復帰報道に「何も決定していない」

[15日 ロイター] - 韓国サムスン電子は15日、同社がロシアのウクライナ侵攻後に出荷を停止していたロシア市場に年内に復帰する見込みだとする報道を受け、何も決まっていないと説明した。

サムスン電子、環境対策に50億ドル以上投資 50年までに炭素中立

韓国のサムスン電子は15日、総合的な環境対策の一環で2030年までに7兆ウォン(50億2000万ドル)以上を投資すると発表した。

アジア株式市場サマリー:中盤(15日)

午前のソウル株式市場の株価は反発。米国市場で株高とな った流れを受けた。一方で来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に不透明感が高 まり、上値は限定的となった。 総合株価指数(KOSPI)は前日には1.6%下落していた。 8月の米卸売物価指数が2カ月連続で低下したことで、消費者物価の上昇が予想より 早まるのではないかとの投資家の懸念が緩和された。 新韓金融投資のアナリストは、来週のFOMCまで大きな発表はないため、市場心理 は落ち着いたものとなったと分析した。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は0.35%安。同業SK ハイニックス...

サムスン、ロシア市場へ年内復帰見込み=イズベスチヤ紙

[14日 ロイター] - 韓国サムスン電子は年内にロシア市場に復帰する見込みだ。ウクライナ侵攻の影響で出荷を停止していた。ロシア紙イズベスチヤが14日に伝えた。

アジア株式市場サマリー:中盤(14日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [14日 ロイター] - ソウル株式市場は反落し、2%超下げている。前日に発表された8月の米消 費者物価指数(CPI)上昇率が予想を上回ったことを受け、米国市場で株安となった流れに追随した。 サムスン証券のアナリストは、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)後、インフレが数カ月間市場 に影響を及ぼし続けるとの見方が投資家の間で広がっていると話した。  主要銘柄では、半導体大手サムスン電子が2.75%安、同業SKハイニックス<000660.KS >が3.06%安。電池メーカーのLGエナジー・ソリューション...

アジア株式市場サマリー:中盤(13日)

連休明けのソウル株式市場は続伸し、上げ幅は2%を超え た。半導体銘柄が押し上げ、連休中に上伸したニューヨーク株に追随した。 半導体大手サムスン電子とSKハイニックスはともに7月中 旬以来となる3%超の大幅な伸びで、相場全体をけん引した。 電池メーカーのLGエナジー・ソリューションは1.64%高、サムス ンSDIは4.55%高だった。 外国人投資家は1062億ウォン(約7728万ドル)相当の買い越し。 シドニー株式市場は4営業日続伸している。エネルギー株や鉱業株がコモディティー (商品)相場高を背景に上昇した。市場では、米連邦準備理事会(...

半導体巡る米国の対中対抗、「ウィンウィン」の解決策必要=サムスンCEO

韓国サムスン電子の慶桂顕・最高経営責任者(CEO)は、米国が韓国と日本、台湾の4者で半導体連合をつくる案を検討していることについて、韓国側がいかなる交渉をする前にも中国側の理解を求める必要があるなどの懸念を同社が既に表明していることを明らかにした。どの関係者にも利益があることが重要だと強調した。

アジア株式市場サマリー:中盤(7日)

ソウル株式市場は反落。総合株価指数(KOSPI)は1% 超下落し、一時7週ぶりの安値を付けた。堅調な米経済指標を受け、同国での積極的な利 上げをめぐる懸念が広がった。 ケープ・インベストメント・アンド・セキュリティーズのアナリストは、米国債利回 りが上昇し、ドル高となったため、ソウル市場は強い売り圧力にさらされていると語った 。 半導体大手のサムスン電子は1.75%安、同業SKハイニックス<0006 60.KS>は1.63%安。一方、電池メーカーのLGエナジー・ソリューション<373220.KS >は0.52%高。 外国人投資家は5営業日連続...

アジア株式市場サマリー:中盤(6日)

ソウル株式市場はほぼ横ばい。3営業日続落の後で、この日 は上昇して寄り付いた。しかし欧州のエネルギー問題をめぐる重苦しい地合いが響き、上 昇分の大半を消した。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は0.18%高、同業SK ハイニックスは0.44%高。一方、電池メーカーのLGエナジー・ソリュ ーションは0.83%安。  外国人投資家は776億ウォン(約5672万ドル)相当の売り越し。 午前のシドニー株式市場は続伸。世界的なコモディティー(商品)相場高を映し、エ ネルギー株や鉱業株が上げをけん引した。 S&P/ASX200指数は0055GMT...

アジア株式市場サマリー:中盤(5日)

午前のソウル株式市場の株価は反発した。良好な内容だった 米雇用統計が支援材料となったが、欧州のエネルギー危機をめぐる懸念が上値を抑えた。 未来アセット証券のアナリストは、韓国の株式市場が欧州のエネルギー問題よりも、 成長や金融政策に関する米マクロ経済の大きな流れを注視しており、不透明感は極めて高 いと分析した。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子が0.17%安、同業のSKハ イニックスは0.55%安。電池メーカーのLGエナジー・ソリューション< 373220.KS>は0.10%高。 海外勢は351億ウォン(約2564万ドル)相当の買い...

アジア株式市場サマリー:引け(2日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [2日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。中国で新型コロナウイルスの感染拡大防止に 向けた都市封鎖措置や厳しい規制が導入されたことが重しとなった。  投資家は米連邦準備制度理事会(FRB)が積極的な金融引き締めを継続するか見極めようと、123 0GMT(日本時間午後9時30分)に発表される8月の米雇用統計を注視している。 中国株式市場は週間ベースで7週ぶりの大幅安となった。複数の主要都市が新型コロナウイルス関連規 制を強化したため、景気の先行き不透明感が高まった。 週間ベースではCSI300...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up