for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サムスン・エレクトロニクス

005930.KS

現在値

69,900.00KRW

変化

-300.00(-0.43%)

出来高

11,436,565

本日のレンジ

69,600.00

 - 

70,000.00

52週レンジ

60,400.00

 - 

96,800.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
70,200.00
始値
69,900.00
出来高
11,436,565
3か月平均出来高
268.81
高値
70,000.00
安値
69,600.00
52週高値
96,800.00
52週安値
60,400.00
発行済株式数
6,792.67
時価総額
415,199,700.00
予想PER
26.75
配当利回り
2.33

次のエベント

Samsung Electronics Co Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Qualcomm Samsung Galaxy S23 Series Also Features Co's Snapdragon X70 Modem-Rf System And Qualcomm Fastconnect

Samsung Elec Says To Continue To Invest in Memory Chip Business In 2023

Hydro Lithium Inc Wins 2.8 Billion Won Order

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サムスン・エレクトロニクスとは

サムスン・エレクトロニクス(Samsung Electronics Co Ltd)は、主に電子製品の製造・販売を行う韓国に拠点を置く会社である。【事業内容】4つのセグメントを通じて事業を行う。情報技術及びモバイル通信(IM)セグメントは、コンピューター、携帯電話(HHP)、ネットワークシステム、デジタルカメラ等を製造する。デバイスソリューション(DS)セグメントは、ダイナミックランダムアクセスメモリ(DRAM)、フラッシュ、薄膜トランジスタ液晶ディスプレイ(TFT-LCD)等の半導体及びディスプレイ部品を提供する。コンシューマーエレクトロニクス(CE)セグメントは、カラーテレビ(CTV)、モニター、プリンター、エアコン、冷蔵庫、洗濯機等を製造する。Harmanセグメントは、ヘッドユニット、インフォテインメント、テレマティクス、スピーカー等を製造する。国内市場及び海外市場に製品を販売する。

業種

Communications Equipment

連絡先

129, Samsung-Ro, Yeongtong-Gu

16677

South Korea

+82.31.2001114

https://www.samsung.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Gi Nam Kim

Chairman of the Board

Gye Hyeon Gyung

Co-President, Co-Chief Executive Officer, Director

Yun Ho Choi

Co-President, Chief Financial Officer

Jeong Bae Lee

Co-President, Director

Tae Mun Noh

Co-President, Director

統計

1.79 mean rating - 42 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, KRW)

2020

236.8K

2021

279.6K

2022

302.2K

2023(E)

275.4K
EPS (KRW)

2020

3,841.000

2021

5,777.000

2022

8,057.000

2023(E)

2,313.809
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.04
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.35
株価純資産倍率(四半期)
1.25
株価キャッシュフロー倍率
5.07
総負債/総資本(四半期)
3.71
長期負債/資本(四半期)
1.13
投資利益率(過去12カ月)
12.26
自己資本利益率(過去12カ月)
9.69

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー:中盤(8日)

(データ障害のため、表中で一部表示されないデータがあります。) [8日 ロイター] - ソウル株式市場は続伸。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の 発言を受けて世界的にリスク志向となったほか、オンラインプラットフォーム株が上昇したことが要因。 未来アセット証券のアナリストは、パウエル議長の発言について「先週の金融政策会合(後の記者会見 )からほとんど変わっていないが、市場が期待した多くのことを提供した」と説明。それが特に「ディスイ ンフレ」という言い回しだったと指摘した。 主要銘柄のうち、半導体大手サムスン電子は1.62%高、同業...

STマイクロ、半導体設計で初めてシノプシスのAI搭載ソフト利用へ

フランス・イタリア系半導体メーカー、STマイクロエレクトロニクスと電子設計自動化ソフトウエア大手シノプシスは7日、STマイクロが半導体設計作業において、マイクロソフトのクラウド上で稼働するシノプシスの人工知能(AI)搭載ソフトを初めて利用すると発表した。

アジア株式市場サマリー:引け(7日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [7日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が下落して引けた。 12月のマレーシア鉱工業生産指数は前年同月比3.0%上昇と、市場予想を下回っ た。 フィリピンの1月インフレ率は市場予想を上回り、前年同月比で14年ぶりの高水準 に達したため、中央銀行が大幅利上げを決める可能性が高まった。 中国・香港株式市場は反発。米中関係の緊張緩和への期待が広がるなか、中国では3 日続落の反動で押し目買いが入った。 南華期貨のアナリストによると、気球撃墜事件はすでに大きな材料ではない。バイデ ン米大統領は、偵察気球撃墜...

アジア株式市場サマリー:中盤(7日)

ソウル株式市場は、反発。トレーダーらは追加利上げの 手掛かりを求めて、きょう予定されているパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長 の講演を待っている。 現地の証券会社のアナリストは、パウエル氏の講演を控えた警戒感が株価の上値を抑 えたと指摘した。予想外に上向きな内容だった雇用統計を受けて、同氏がタカ派的な論調 に転じる可能性があるとしている。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は1.14%高、同業SK ハイニックスは1.80%高、電池メーカーのLGエナジー・ソリューショ ンは2.29%高。 午前のシドニー株式市場は小反発した。...

アジア株式市場サマリー:中盤(6日)

ソウル株式市場は、先週末の米株安につれて反落した。上向きな米経済統 計を受けて、米連邦準備制度理事会(FRB)の積極的な措置が懸念された。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は2.04%安、同業SKハイニックス<0006 60.KS>は1.74%安。電池メーカーのLGエナジー・ソリューションは1.31%安。 午前のシドニー株式市場はおおむね横ばい(小幅続伸)。オーストラリア中央銀行の金融政策決定を控 え、鉱業株とエネルギー株の上昇で、主要株価指数は前週末比プラス圏を維持している。総額169億ドル の買収提案を受けた産金大手ニュークレスト・マイニング...

アジア株式市場サマリー:中盤(3日)

午前のソウル株式市場の株価はほぼ横ばい。1月の米雇 用統計の発表を控え、警戒感が広がっている。 新韓証券のアナリストは「直近の高値近辺にある程度の抵抗線があり、指数の上値が 抑えられている。ただ、インターネット関連銘柄は前日の米ナスダック市場での株高に追 随している」と話した。 半導体大手のサムスン電子は0.16%高、SKハイニックス<000660.K S>は2.14%安。電池メーカーのLGエナジー・ソリューションは0.1 9%安。 四半期決算を発表したインターネット検索大手ネイバーは5.67%高 。メッセージアプリのカカオは2.79%...

アジア株式市場サマリー:中盤(2日)

午前のソウル株式市場の株価は反発。オンラインサービ ス関連株が上げをけん引している。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果がハト派的 だったとの見方が広がり、相場を支援した。 米連邦準備理事会(FRB)は高インフレとの闘いは峠を越えたとの認識を示した。 一方で「勝利」には利上げを継続し、少なくとも年内は高水準の維持が必要だと指摘した 。 未来アセット証券のアナリストは「パウエルFRB議長の発言はハト派的と受け止め られたが、タカ派的な余地も残した」と話した。 インターネット検索大手ネイバーは3.16%高、メッセージアプリの カカオは3....

サムスン「ギャラクシーS」最新機種発表、カメラ機能を強化

[ソウル/サンフランシスコ 1日 ロイター] - 韓国サムスン電子は1日、カメラ機能を強化したプレミアムスマートフォン「ギャラクシーS」の最新機種を発表した。

アジア株式市場サマリー:引け(1日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [1日 ロイター] - 中国株式市場は反発して終了した。2日間下落していた香港株も上昇した。中国製造 業指標の改善が好感されたほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)が1日に発表する政 策の内容について期待が高まった。 米連邦準備理事会(FRB)が今回のFOMCEで利上げの終了を示唆する可能性が あるとの見方から、アジアの株式市場は堅調に推移した。 中国国営メディアによると、習近平国家主席は、消費者が安定した収入で「不安なく 」物を買えるよう、消費拡大に向けた長期的メカニズムを確立すると表明した。[...

携帯電話・PC出荷台数、今年は2年連続で前年割れへ=ガートナー

IT調査会社ガートナーは31日、携帯電話とパソコン(PC)の今年の世界全体の出荷台数が2年連続で前年を下回るとの見通しを示した。

アジア株式市場サマリー:中盤(1日)

午前のソウル株式市場の株価は反発。前日の米国市場で 株高となった流れに追随した。半導体株が上げをけん引している。 未来アセット証券のアナリストは「市場は米株高のほか、前日の半導体株安は幾分誤 解があったためだとの見方に支えられた」と話した。その上で、「輸出は低調だったもの の、市場は前向きな材料にしか注目していない」と述べた。 統計によると、1月の韓国の貿易収支は予想よりも大幅な輸出の落ち込みを背景に、 赤字となった。特に中国向けの輸出が低調だった。 市場ではこの日発表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の決定内容や、パウエ ル連邦準備理事会...

SKハイニックスの第4四半期、赤字過去最大 上期の市況悪化予想

[ソウル 1日 ロイター] - 韓国の半導体メモリー大手SKハイニックスが1日発表した第4・四半期決算は、営業赤字が過去最大となった。同社は2023年上期に半導体市場の状況がさらに悪化するとの見通しを示した。

SKハイニックスの第4四半期、営業赤字が過去最大

[ソウル 1日 ロイター] - 韓国の半導体メモリー大手SKハイニックスが1日発表した第4・四半期決算は、営業赤字が過去最大となった。同社は半導体メモリーの需要が「これまでにないほど悪化」しているとの見方を示している。

サムスン電子、第4四半期は69%の営業減益 半導体投資維持へ

韓国サムスン電子は31日、2022年第4・四半期の営業利益が前年同期比69%減の4兆3000億ウォン(34億9000万ドル)になったと発表した。

アジア株式市場サマリー:中盤(31日)

午前のソウル株式市場の株価は続落。主力銘柄の半導 体株に引き下げられる形で、半導体業界の業績回復に対する期待が後退しつつある状況が 響いた。 総合株価指数(KOSPI)は月間ではこれまでのところ9%超上昇し、2020年 12月以来、約2年ぶりの大幅高に向かっている。 半導体大手のサムスン電子は2.69%安、同業のSKハイニックス<00 0660.KS>は2.98%安。いずれも2カ月ぶりの大幅安となる見込み。 新韓証券のアナリストは「サムスン電子が減産しないシグナルを送ったことに対する 投資家の失望を織り込んでいる」と分析した。 サムスン...

サムスン電子、第4四半期は69%の営業減益 電子機器の需要低迷

韓国サムスン電子は31日、2022年第4・四半期の営業利益が前年同期比69%減の4兆3000億ウォン(34億9000万ドル)になったと発表した。

アジア株式市場サマリー:引け(30日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [30日 ロイター] - 春節(旧正月)休暇明けの中国株式市場は上昇して取引を終えた。連休中の力強い消 費や旅行需要の回復が投資家心理を後押しした。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 終値は19.818ポイント(0.47%)高の4201.345。序盤には 2.1%上昇し、半年ぶり高値を付けた。厳格な新型コロナウイルス規制終了による前向 きな影響への期待で、昨年10月の安値からは約20%上昇している。 中国国営中央テレビ(CCTV)によると、春節休暇中の国内旅客数...

アジア株式市場サマリー:引け(27日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [27日 ロイター] - 香港株式市場は続伸して引けた。春節休暇明けの中国本土市場が高く寄り付くとの期 待が背景。中国本土市場は30日に取引が再開される。 UOBケイヒアンのセールスディレクターは「本土の景気回復期待を背景に、休場明 けの中国市場が高く始まるとの見方が広がった。米連邦準備理事会(FRB)の利上げの 可能性については、あまり材料視されていない」と述べた。 ヘンダーソン・ランド、CKアセットなど不動産開発株が下落。 2022年の香港の住宅価格は15.6%下落した。前年まで13年連続で上昇...

アジア株式市場サマリー:中盤(27日)

午前のソウル株式市場の株価は5営業日続伸。外国人 投資家の買いの継続から、週間では4週続伸となる見込み。 総合株価指数(KOSPI)はおよそ2カ月ぶりの高値を付けた。週間では3.8% 上昇、月間では11.2%上昇。 未来アセット証券のアナリストは「リスク選好と海外からの資金流入が続く中、市場 は回転売買となっている」と指摘した。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は1.25%高、同業SK ハイニックスは0.43%安、IT大手ネイバーは2.21%高 、同業カカオは1.88%高。 電池メーカーのLGエナジー・ソリューションは0.97%...

アジア株式市場サマリー:中盤(26日)

午前のソウル株式市場の株価は4営業日続伸。決算発 表を前に上昇した自動車関連株が上げをけん引した。  総合株価指数(KOSPI)は0129GMT(現地、日本時間午前10時2 9分)時点で、前営業日終値比7.23ポイント(0.29%)高の2435.80。2 022年12月5日以来の高値。 自動車大手の現代自動車が1.69%高、起亜は2%高。 米電気自動車(EV)大手テスラのマスク最高経営責任者(CEO)は25日、積極 的な値下げは、同社の自動車に対する需要に火をつけていると発言。新韓証券のアナリス トは、「今週末に韓国の自動車メーカーが決算...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up