for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

MTR Corporation Limited

0066.HK

現在値

40.15HKD

変化

-1.00(-2.43%)

出来高

8,446,949

本日のレンジ

40.15

 - 

41.50

52週レンジ

36.20

 - 

55.75

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
41.15
始値
41.50
出来高
8,446,949
3か月平均出来高
114.03
高値
41.50
安値
40.15
52週高値
55.75
52週安値
36.20
発行済株式数
6,159.66
時価総額
259,627.70
予想PER
33.21
配当利回り
2.92

次のエベント

Half Year 2020 MTR Corp Ltd Earnings Release

適時開示

その他

MTR Corp Says Application Made For Listing Of CNY210 Million 2.45% Fixed Rate Notes Due 2023

MTR Sees Financial Impact From COVID-19 & HK Public Order Events In Jan, Feb Of HK$1.3 Bln

MTR Corp Says Co Entered Arrangements For Operation Of First Phase Of Tuen Ma Line

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

MTR Corporation Limitedとは

エム・ティー・アール(香港鉄路有限公司)は鉄道システムの運営を行う会社である。【事業内容】同社は6つの部門を通して運営する。香港輸送事業は香港の都市鉄道大量輸送システムで旅客輸送および関連サービスを提供する。香港駅関連商業事業区分は香港の鉄道敷地内で通信と帯域幅サービスの提供、広告掲示、駅での小売店や駐車スペースの賃貸を行う。香港不動産賃貸・管理事業区分は香港において小売店・オフィス・駐車スペースの賃貸、及び不動産管理サービスの提供を行う。香港不動産開発事業は香港鉄道システムの近くの場所で不動産開発活動を行う。その他事業は輸送業務と不動産事業に直接関連していない事業を含む。中国大陸及び海外子会社は鉄道大量輸送システムの運営・保守を行う。

業種

Misc. Transportation

連絡先

MTR Headquarters Building

Telford Plaza, Kowloon Bay

Hong Kong

+852.null.29932111

http://www.mtr.com.hk

エグゼクティブリーダーシップ

Pak-kuen Auyeung

Non-Executive Chairman of the Board

Chak-pui Kam

Chief Executive Officer, Member of the Executive Directorate

Leung-wah Hui

Finance Director, Member of the Executive Directorate

Tin-shing Lau

Managing Director – Operations and Mainland Business, Executive Director

Wai-ching Cheng

Human Resources Director, Member of the Executive Directorate

統計

2.50 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, HKD)

2017

55.4K

2018

53.9K

2019

54.5K

2020(E)

49.7K
EPS (HKD)

2017

1.764

2018

1.857

2019

1.720

2020(E)

1.290
株価売上高倍率(過去12カ月)
21.73
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.76
株価純資産倍率(四半期)
1.39
株価キャッシュフロー倍率
14.98
総負債/総資本(四半期)
26.77
長期負債/資本(四半期)
24.96
投資利益率(過去12カ月)
4.96
自己資本利益率(過去12カ月)
4.29

最新ニュース

最新ニュース

香港の労組、本土との境界閉鎖求めストライキも辞さない構え

中国での新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、香港の鉄道や病院の労組が、中国本土との境界の閉鎖を求めてストライキも辞さない構えを見せている。

UPDATE 6-中国、600人近く新型肺炎に・17人死亡 感染阻止へ武漢など実質封鎖

中国当局によると、22日時点で新型コロナウイルスによる肺炎の発症者は571人に達し、死者は17人になった。国営テレビが23日伝えた。中国交通運輸省は、新型肺炎の封じ込みに向け、発生した湖北省武漢市の実質的な封鎖に乗り出した。

林鄭長官、ダボス会議で香港の魅力を改めてアピール

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は21日、世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)で、香港はビジネスに開かれた都市だと改めて各国の企業首脳や政治指導者にアピールした。

コラム:デモ長期化でも楽観的な香港株式市場、投資家は後悔も

香港デモが長期化する中でも、香港株式市場は比較的、楽観的な見方を織り込んでいる。しかし過去の経験に照らすと現在の株価水準は正当化できないなど、先行きには不安が漂う。

香港理工大に依然100人立てこもり、行政長官「平和的解決を期待」

香港政府に抗議する学生デモ隊が占拠し、警官隊が包囲している香港理工大学では、キャンパス内に依然として約100人のデモ隊が残っている。

香港理工大の立てこもり続く、行政長官は平和的解決への期待表明

香港政府に抗議する学生デモ隊が占拠し、警官隊が包囲している香港理工大学では、キャンパス内に依然として約200人のデモ隊が残っているもようで、事態が収束に向かう兆しはまったく見えていない。

香港抗議デモ続く、外出禁止令の憶測も 習中国主席は暴力停止を重視

香港では14日も反政府デモが続き、学校が休校となるほか、高速道路が封鎖され、交通機関が一部運休するなど、市民生活に深刻な影響を及ぼしている。

UPDATE 1-香港情勢の緊迫続く、金融街などで抗議活動

香港では13日も金融街の中環(セントラル)などでデモが行われている。情勢が緊迫化するなか、交通機関が一部運休となり、学校の休校や企業の業務休止が相次ぐなど、混乱が全土に広がっている。

香港情勢の緊迫続く、金融街などで13日もデモの計画

香港では13日も金融街の中環(セントラル)などでデモが計画されており、警察との衝突が続くとみられる。情勢が緊迫化するなか、交通機関が一部運休となり、学校の休校や企業の業務休止が相次ぐなど、混乱が全土に広がっている。

香港、第3四半期に景気後退入り 通年もプラス成長見込めず

香港の陳茂波(ポール・チャン)財政官は27日、約5カ月にわたる反政府デモの影響で香港経済が第3・四半期にリセッション(景気後退)に陥ったと指摘した。2019年の成長率がプラスになる可能性は低いとの見方も示した。

香港で小競り合い続く、元朗駅周辺で警官隊が催涙弾使用

反政府デモが続いている香港で、デモ隊と警官隊の激しい衝突から一夜明けた21日も警官隊が催涙弾を用いてデモ隊の排除に当たるなど小競り合いが続いた。

香港の地下鉄駅と議会が再開、今週末もデモ計画で混乱続くか

香港で11日、地下鉄運営の香港鉄路(MTR)が全ての駅を1週間ぶりに再開した。7月にデモ隊が建物に突入したため休会していた立法会(議会)では新会期が始まった。ただ、今週末も民主派によるデモが計画されており、混乱が続く可能性がある。

香港政府、暴力的活動への新たな対策講じない方針 中国関与を否定

香港政府は10日、暴力的抗議活動への対策をこれ以上講じない方針を示した。また、中国本土の治安部隊が香港警察の活動に関与しているとのうわさを否定した。

香港の小売店や地下鉄が終業時間繰り上げ、抗議活動を警戒

香港では10日、新たな抗議活動の準備が進められる一方、ショッピングモールは標的とされることを避けるために終業時間を繰り上げ、地下鉄は終電を3時間早めることを予定している。

香港地下鉄、運行一部にとどまる 覆面でのデモから一夜明け

デモ参加者のマスク着用を禁じる「覆面禁止法」に反発して数万人の市民が覆面で参加したデモから一夜明けた香港では7日、地下鉄の運行が一部にとどまるなどインフラへのダメージが続いている。

香港、警察の実弾発砲受け非難の声高まる

大規模抗議活動による混乱から一夜明けた香港では2日、数百人の市民がビジネス街に近いチャーターガーデンに集まり、デモ隊に対する警官の発砲を厳しく非難した。

香港、事態収拾見通せず さらなるデモ呼びかけも

大規模抗議活動による混乱から一夜明けた香港では2日、さらなるデモを呼びかける声が高まっており、事態が収拾するかどうか依然見通せない。

香港政府が市民と初対話、長官「政府の条例案が全混乱招いた」

抗議活動が続く香港で26日夜、政府と市民による初めての対話集会が開かれた。政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案が混乱の引き金になったと述べ、法案を提出した政府の非を認めた。一方、市民らは自由がないがしろにされているなどとして、政府への批判を強めた。

香港中心部で電車脱線、通勤客混乱

香港で17日、電車が脱線した。地下鉄運営の香港鉄路(MTR)によると、列車は中心部の九竜地区にある駅を発車した直後に脱線。多くの通勤客に影響が出ているもよう。

焦点:商業ハブ香港、大規模デモで「存亡の危機」に現実味

世界有数の商業ハブ(拠点)である香港が、存続の危機に直面している。買い物や食事が目当ての観光客を大量に引き付けてきたが、今年は米中貿易摩擦の影響に加えて「逃亡犯条例」改正案に反対するデモが3カ月にわたり続き、成長を支える柱がいずれも大きな打撃を受けている。大手企業は軒並み業績悪化を警告し、10年ぶりにリセッション(景気後退)に陥る見通しだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up