for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ネイバー

035420.KS

現在値

407,000.00KRW

変化

-7,500.00(-1.81%)

出来高

553,894

本日のレンジ

405,000.00

 - 

413,000.00

52週レンジ

273,500.00

 - 

465,000.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
414,500.00
始値
411,000.00
出来高
553,894
3か月平均出来高
13.35
高値
413,000.00
安値
405,000.00
52週高値
465,000.00
52週安値
273,500.00
発行済株式数
149.45
時価総額
43,473,010.00
予想PER
28.88
配当利回り
0.19

次のエベント

Q3 2022 Naver Corp Earnings Release

適時開示

その他

Naver Corp Q4 Operating Profit $297 Mln, Up 18% From Year Earlier

S.Korea's Naver Says To Acquire Canada's Wattpad Corp For 653 Billion Won

Naver Corp Q3 Operating Profit $259 Mln, Up 2% From Year Earlier

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ネイバーとは

ネイバー(Naver Corp)は、主にインターネットサービスの提供を行う韓国の会社である。【事業内容】一般検索やショッピング検索などのビジネスプラットフォームサービスを提供する。ラインやスノーなどのプラットフォームを運営する。一般ディスプレイ広告(DA)、ショッピングDA、バンドDA、ネイバーTVビデオ広告などの広告サービスを提供する。ネイバーペイ、クラウド、ラインワークス、情報技術(IT)サービスなどのITプラットフォームを運営する。ウェブトゥーン、音楽、ブイライブなどのコンテンツサービスを提供する。

業種

Computer Services

連絡先

Naver Green Factory

6, Buljeong-ro, Bundang-gu

13561

South Korea

+82.2.15883830

https://www.navercorp.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Dae Gyu Byun

Chairman of the Board

Seong Suk Han

President

Su Yeon Choi

Chief Executive Officer, Director

Sang Jin Park

Chief Financial Officer

Seon Ju Chae

Chief Compliance Officer, Director

統計

1.74 mean rating - 31 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, KRW)

2019

6.6K

2020

5.3K

2021

6.8K

2022(E)

8.3K
EPS (KRW)

2019

4,006.323

2020

7,813.000

2021

109,860.000

2022(E)

7,322.021
株価売上高倍率(過去12カ月)
29.97
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.07
株価純資産倍率(四半期)
1.72
株価キャッシュフロー倍率
24.57
総負債/総資本(四半期)
17.41
長期負債/資本(四半期)
14.58
投資利益率(過去12カ月)
4.76
自己資本利益率(過去12カ月)
4.10

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー:中盤(4日)

午前のソウル株式市場の株価は続伸し、総合株価指数(KO SPI)は一時7週間ぶりの高値を付けた。インターネット関連株が大幅上昇したほか、 米株高や原油安、外資の流入が続いていることが支援した。 KOSPIは一時は0.70%上昇し、6月16日以来の高値を付けた。 サムスン証券のアナリストは、石油相場の明らかな下落傾向を背景に、ウォン高やコ スト低下をめぐる期待感が高まり、外国人投資家によるソウル株買いが続いていると話し た。 主力銘柄は半導体大手サムスン電子が0.65%高、同業SKハイニッ クスが0.41%高。電池メーカーのLGエナジー・ソリューション...

アジア株式市場サマリー:中盤(3日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [3日 ロイター] - ソウル株式市場は、インターネット関連株にけん引されて反発している。ペロ シ米下院議長の台湾訪問をめぐる米中間の緊張が、警戒されていたほど高まっていないと投資家はみている 。 新韓金融投資のアナリストはペロシ氏の訪台について、軍事衝突の可能性をめぐる不安が和らいだと分 析。また、同氏が米国の「一つの中国」政策に言及した点を明るい材料として注目した。 主力銘柄は、半導体大手サムスン電子が0.97%安となった一方で、同業SKハイニッ クスは0.10%高。電池メーカーのLGエナジー・ソリューション...

アジア株式市場サマリー:引け(29日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [29日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が下落して引けた。 香港株はテクノロジー株を中心に売られ、大幅続落となった。月間で約1年ぶりの下げ幅を記録した。 ハイテク企業への締め付けに対する投資家の懸念が再燃した。中国株も下落した。 中国株式市場は、上海と深セン市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数<.CSI3 00>が55.571ポイント(1.32%)安の4170.102で終了した。月間では7%安と3月以来 の下げ幅となった。 上海総合指数終値は29.3376ポイント(...

アジア株式市場サマリー:中盤(29日)

午前のソウル株式市場は5営業日続伸し、月間で1年7カ 月ぶりの大幅高となる見込み。一部で警戒されていた米連邦準備理事会(FRB)の利上 げ加速は不要とみられる手掛かりを投資家が見極めたことを背景に、インターネットのプ ラットフォーム企業が上昇をけん引している。 未来アセット証券のアナリストは、金融引き締めの減速期待とハイテク大手の業績堅 調が要因で、今週の市場は前向きなムードが続き、投資家は景気減速不安に目を向けなか ったものの、下振れリスクは蓄積していると分析した。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子が0.16%高、同業のSKハ イニックス...

アジア株式市場サマリー:引け(18日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [18日 ロイター] - 東南アジア株式市場は軒並み上昇した。投資家らは、米連邦準備制度理事会 (FRB)による今月の大幅な利上げ観測を後退させた。  FRBの当局者2人が、7月26、27日の連邦公開市場委員会(FOMC)では100ベーシスポイ ント(bp)の利上げではなく、75bpの利上げを行うとの見方を示したことで、主要な米株価指数は1 5日に上昇した。  市場は中国経済の状況を引き続き注視している。新型コロナウイルスの感染が再拡大し、不動産市場の 低迷は深刻で、中国の成長に影を落としている。...

アジア株式市場サマリー:引け(24日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [24日 ロイター] - 東南アジア株式市場は軒並み上昇した。前日の米株価の堅 調な上昇に追随した。 クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.39%高で終了。週間では1% 超下げて5週続落。パーム油先物相場安がKLCIを押し下げた。パーム油は週間ベース で3月半ば以来の大幅安。 中国株式市場は続伸して引けた。主要株価指数の終値は3月上旬以来の高値で、週間 ベースでは4週続伸となった。中国人民銀行(中央銀行)が銀行システムの流動性を安定 させるために資金供給を行ったことが好感された。 香港株式市場...

アジア株式市場サマリー:中盤(24日)

午前のソウル株式市場は大幅反発。前日の米国市場で株価が上昇した流れに 追随した。 主要銘柄のうち、メッセージアプリ運営のカカオが6%高、IT大手ネイバー が4.7%高。半導体大手のサムスン電子は1.92%高、SKハイニックスは1 .22%高。電池メーカーのLGエナジー・ソリューションは0.38%上昇した。 ケープ・インベストメント・アンド・セキュリティーズのアナリストは、前日の米国市場の押し目買い を眺めて、ソウル市場もネイバーやカカオなど成長株を中心に同様の展開となったと話した。 外国人投資家は151億ウォン(約1165万ドル)相当の...

アジア株式市場サマリー:引け(12日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [12日 ロイター] - 東南アジア株式市場は軒並み下落した。投資家らは、米連邦準備制度理事会 (FRB)の金融引き締め方針を裏付ける極めて高い米インフレ率を懸念した。 DBSのアナリストは、4月の米消費者物価指数(CPI)上昇率が前月からやや低下したものの、依 然「許容できないほど高い」と指摘した。 インドネシア市場は4日続落。今週に入って8.4%下げている。 中国株式市場は不安定な値動きの末、下落して引けた。4月の米インフレ率が予想を上回り、地合いが 悪化した。新型コロナウイルスの感染者減少や...

アジア株式市場サマリー:中盤(12日)

午前のソウル株式市場の株価は続落。米消費者物価指数( CPI)発表を前に米国債利回りが上昇したことが嫌気され、約1カ月ぶりの安値を付け た。 主要銘柄では、半導体大手サムスン電子が0.44%安、同業のSKハ イニックスが横ばい。電池メーカーのLGエナジー・ソリューション<373220 .KS>とIT大手ネイバーは2%超安。 外国人投資家は420億ウォン(約3396万ドル)相当の売り越し。5営業日連続 で売り越しとなっている。 ケープ投資証券のアナリストによると、投資家はCPIが予想を上回った場合、国債 利回りがどれほど上昇するか確信が持...

アジア株式市場サマリー:引け(5日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [5日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまちで引けた。 バンコク市場のSET指数は0.1%安。世界銀行はタイの今年の成長率予想を昨年 12月時点の3.9%から2.9%に下方修正した。ロシアのウクライナ侵攻の影響を反 映した。クルン・タイ銀行の市場ストラテジストは「現在の地政学的な情勢を踏まえれば 、タイの国内総生産(GDP)予想が切り下げられるのは当然だが、2023年には力強 く回復し5.1%に達すると見込んでいる」と指摘した。 ソウル株式市場は小幅続伸で引けた。電池メーカーやIT企業株が...

アジア株式市場サマリー:引け(30日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [30日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半の市場が上昇した。ロシアとウ クライナが交渉で停戦に至る可能性が出てきていることで、投資家のリスク選好が高まっ た。 タイ中央銀行は新型コロナウイルスで打撃を受けた同国経済を支援するため、主要政 策金利を据え置いた。2022年の成長見通しを下方修正。インフレ率については、今年 は目標を上回るものの、来年は1ー3%の目標範囲内に収まるとの見通しを示した。政策 決定はおおむね予想通り。 クルンタイ銀行の市場ストラテジストは「インフレ圧力が広範囲ではなく...

アジア株式市場サマリー:中盤(30日)

午前のソウル株式市場は続伸している。ロシアとウクライ ナの停戦交渉が進展しているとの見方が、投資家のリスク選好につながった。ただ、米連 邦準備理事会(FRB)による積極的な金融引き締め見通しにより、相場は頭重い。 半導体大手のSKハイニックスは1.67%高、ITプラットフォーム 大手のネイバーは1.35%高。半面、半導体大手のサムスン電子<005930.K S>は0.14%安、電池メーカーのLGエナジー・ソリューションは1.4 7%安。 ロイターが30日まとめた調査によると、3月の韓国の輸出は鈍化する見込み。中国 による新型コロナウイルス...

アジア株式市場サマリー:中盤(29日)

午前のソウル株式市場は上昇した。ロシアとウクライナが 停戦交渉を開催する見通しであることが株価を押し上げた。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は0.43%高、同業SK ハイニックスは0.42%高。電池メーカーのLG化学は0.3 8%高、IT大手ネイバーは1.36%高。 ミラエ・アセット・セキュリティーズのアナリストは、前日の米株高がソウル株を押 し上げたと述べた。 外国人投資家は1456億ウォン(約1億1928万ドル)相当の売り越し。 シドニー株式市場は、6営業日続伸に向かっている。ハイテク株と金融株が上昇をけ ん引しているが、...

アジア株式市場サマリー:中盤(28日)

午前のソウル株式市場は下落。米国の金融政策引き締めに 伴う景気低迷リスクが材料視された。ロシアのウクライナ侵攻も既に相場の重しとなって いる。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は0.29%安、同業SK ハイニックスは0.42%高。LG化学は2.09%安、IT大 手ネイバーは0.90%安。 ケープ・インベストメント・アンド・セキュリティーズのアナリストは、世界の供給 をめぐる不透明感と米金融政策を背景に、株式市場はテクニカルな調整局面に入っている ようだと分析した。 外国人投資家は1833億ウォン相当の売り越し。 総合株価指数(KOSPI...

アジア株式市場サマリー:引け(25日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [25日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。 西側諸国の制裁によりロシア産石油輸出がより深刻な打撃を受けた場合、タイなどの 石油輸入国が悪影響を被る可能性があると警戒されている。 バークレイズのアナリストは顧客向けメモで「石油価格高騰による輸入への影響や世 界的な成長鈍化による輸出への影響は今後数カ月で明らかになり、(タイの)貿易赤字の 拡大につながるだろう」と指摘した。 タイ中央銀行は来週開く政策決定会合で、2020年5月以降の水準である0.5% の政策金利を据え置くとの見方が大勢だ...

アジア株式市場サマリー:中盤(25日)

午前のソウル株式市場の株価は反発。週 間ベースで2週続伸に向かっている。電池メーカーのLGエナジー・ソ リューションの急伸が株価全般を押し上げた。ただ、深刻化するウクラ イナ危機が株価の上値を抑えた。 総合株価指数(KOSPI)は週間ベースでは1%高となる見通し 。先週は1.72%高だった。 LGエナジー・ソリューションは7.6%高と、総合 株価指数の上昇を主導した。2024年までに米アリゾナ州に電池工場 を建設する、1兆7000億ウォン(約14億ドル)の投資計画を発表 したことで買われた。 ウクライナ危機の影響と米利上げ見通しを材料に...

アジア株式市場サマリー:引け(23日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [23日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、マレーシアとシンガポール両市場 が上昇、その他は横ばい圏で終了した。マレーシアの総合株価指数KLCIは一時2週間 超ぶりの高値を付けた。 中国株式市場は上昇。国内で新型コロナウイルス感染が拡大しており、景気安定化策 が発表されるとの期待が台頭した。 劉鶴副首相ら政府高官が経済支援方針を示したこともあり、投資家の間では銀行の預 金準備率引き下げなどの緩和措置が予想されている。 上げを主導したのは不動産株とヘルスケア株で、それぞれ 1.9%、2.48%上昇...

アジア株式市場サマリー:中盤(23日)

午前のソウル株式市場の株価は続伸している。米連邦準備理事会(FRB) のパウエル議長がインフレ抑制を表明し、ハイテク株を中心に買われた米市場の流れを受け、アジアで投資 家心理が改善した。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子が0.43%高となった半面、同業のSKハイニ ックスは0.81%安。LG化学は1.42%高、プラットフォーム企業のネイバ ーは1.03%高。 サムスン証券のアナリストは、ウクライナをめぐる神経質なムードが過去1─2日で悪化に向かわなか ったため、投資家の間に安心感が一時的に広がったと分析した。 海外勢は5億ウォン相当...

アングル:シャネルと転売屋のし烈な攻防、韓国でブランド需要過熱

韓国では新型コロナウイルス感染対策として海外旅行が制限され、免税品店で買い物を楽しめなくなった反動からか、国内でブランド品の需要が過熱しつつある。

アジア株式市場サマリー:中盤(14日)

午前のソウル株式市場の株価は続落した。ロシアとウクラ イナの紛争が続いていることに加え、米国の利上げを大方が予想しており、リスク選好が 後退した。 主要銘柄のうち、電池メーカーのLGエナジー・ソリューションは6. 65%安。半導体大手SKハイニックスとIT大手ネイバーはそ れぞれ0.85%と0.46%下げた。 ロシアとウクライナの紛争は激しさを増している。北大西洋条約機構(NATO)加 盟国のポーランドとの国境近くにあるウクライナ基地が、ロシア軍から集中砲火を受けた 。 外国人投資家は3458億ウォン(約2億7929万ドル)相当の売り越...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up