for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

China Petroleum & Chemical Corp

0386.HK

現在値

4.16HKD

変化

0.04(+0.97%)

出来高

124,575,035

本日のレンジ

4.11

 - 

4.19

52週レンジ

2.95

 - 

4.69

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4.12
始値
4.15
出来高
124,575,035
3か月平均出来高
3,032.84
高値
4.19
安値
4.11
52週高値
4.69
52週安値
2.95
発行済株式数
121,071.21
時価総額
606,323.60
予想PER
6.97
配当利回り
3.75

次のエベント

China Petroleum & Chemical Corp Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Sinopec Returns To Q1 Net Profit, Plans Investment In Maoming Branch

Blackrock's Long Position In Sinopec Reduced To 7.99% - HKEx Filing

GIC's Long Position In Sinopec Rises To 6% - HKEx Filing

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

China Petroleum & Chemical Corpとは

チャイナ・ペトローリアム・アンド・ケミカル(China Petroleum & Chemical Corporation)は中国のエネルギー・化学会社である。【事業内容】同社は5つの事業区分により構成される。探査・開発事業は油田の採掘・開発及び原油と天然ガスの生産を行う。精製事業は探査・生産事業と外部提供業者から取得される原油の加工・精製に従事する。マーケティング・販売事業は中国において油槽所とサービス・ステーションの所有・運営を行う。化学事業は外部顧客に石油化学製品、無機化学製品及び他の化学製品を製造・販売する。同社はまた、企業・他の事業に従事する。

業種

Retail (Specialty)

連絡先

No. 22 Chaoyangmen North Avenue

Chaoyang District

BEIJING, BEJ

100728

China

+86.10.59960028

http://www.sinopec.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Yuzhuo Zhang

Chairman of the Board

Yongsheng Ma

President, Director

Dongua Shou

Chief Financial Officer

Yiqun Ling

Senior Vice President, Director

Hongbin Liu

Senior Vice President, Director

統計

2.00 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, CNY)

2018

2,891.2K

2019

2,966.2K

2020

2,049.5K

2021(E)

2,643.1K
EPS (CNY)

2018

0.521

2019

0.475

2020

0.273

2021(E)

0.487
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.88
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.24
株価純資産倍率(四半期)
0.54
株価キャッシュフロー倍率
2.60
総負債/総資本(四半期)
47.08
長期負債/資本(四半期)
33.63
投資利益率(過去12カ月)
8.06
自己資本利益率(過去12カ月)
4.76

最新ニュース

最新ニュース

中国の燃料輸出、今年は32%増に 精製能力拡大=CNPC

中国国有のエネルギー大手、中国石油天然気集団公司(CNPC)傘下の経済技術研究院(ETRI)は16日、中国の燃料輸出が今年、約32%拡大すると予想した。精製能力の拡大が背景。

シノペック、2050年までにカーボンニュートラル実現 水素に軸足

中国の石油大手、中国石油化工(シノペック)は29日、2050年までにカーボンニュートラル(炭素中立)を目指すと表明した。

世界の水素プロジェクト、この10年間は欧州がリード=業界報告書

企業団体「水素協議会」が17日発表した業界リポートによると、この10年間に世界で計画されている水素プロジェクトの大部分および関連投資のうち最も大きな割合を占めるのは欧州となる見通しだ。

中国、エネルギー分野の海外投資規制を撤廃へ=白書

中国政府は、原子力を除く石炭、石油、ガス、発電所、新エネルギー事業への海外投資に関する規制を完全に撤廃する方針。21日に発表したエネルギー白書で明らかにした。

シノペック、第3四半期は過去最高益 精製マージン上昇や資産分離で

中国石油化工(シノペック)<600028.SS><0386.HK>が発表した第3・四半期決算は、精製マージンの上昇やパイプライン資産の分離に伴う利益が寄与し、四半期として過去最高益を記録した。

中国の燃料需要、下半期に増加へ=シノペック

中国石油化工集団(シノペック)<600028.SS><0386.HK>は、今年下半期に国内の燃料需要が回復するとの見通しを示した。国内で天然ガスの掘削ペースを加速する方針も示した。

中国、米国産原油の購入拡大 通商合意の検証控え=関係者

米中による第1段階通商合意の検証を控え、中国が米国産原油の購入を増やしていることが、関係者らの話で分かった。中国による米国産原油の輸入は今後数週間で大幅に拡大する見通しで、中国の国営石油各社は8─9月にかけて、最低2000万バレルの原油輸送に必要なタンカーを押さえたという。

上海総合株価指数が初の全面的見直し、不十分との声も

中国は22日、導入後初となる全面的な上海総合株価指数の見直しを行った。ただ関係者からは、指数の歪みを十分に修正するには不十分との声が上がっている。

中国企業の会計監査状況、今後も把握は困難=米当局

米証券取引委員会(SEC)傘下で監査法人の監督を担う米公開会社会計監督委員会(PCAOB)は9日、中国企業の会計監査が適切に行われているかを把握することは今後も難しいとの見方を示した。

急増の中国原油輸入、第3四半期は減速へ 価格反発と第2波警戒

中国の原油輸入はここ数カ月、記録的な高水準に達したが、第3・四半期は原油価格の上昇や新型コロナウイルス感染の第2波到来への警戒感からブレーキがかかりそうだ。

中国の米原油輸入量、7月に過去最高に増加へ

リフィニティブのデータによると、中国の米原油輸入量は7月に過去最高に達する見通しだ。4月の価格急落時に中国の製油所が大量に購入した原油が納入されるため。

中国の米原油輸入急拡大、世界的な原油フローが一変も

「第1段階」の米中通商合意により、中国が米エネルギー製品の輸入を大幅に拡大し、それに伴って他国からの原油輸入が縮小すれば、世界的な原油取引の流れが一変する可能性があると、関係者は指摘している。

中国、外資の石油・ガス資源開発を解禁

中国政府は、外国企業に対し、国内石油・ガス資源の探査と生産を今年5月に解禁する方針を明らかにした。国有石油会社以外の参入を認めることで、国内のエネルギー供給拡大を図る。

中国、外資の石油・ガス資源開発を解禁

中国政府は、外国企業に対し、国内石油・ガス資源の探査と生産を今年5月に解禁する方針を明らかにした。国有石油会社以外の参入を認めることで、国内のエネルギー供給拡大を図る。

中国政府、今冬のエネルギー需給はほぼ均衡すると予想=新華社

中国国家発展改革委員会(発改委、NDRC)は今冬のエネルギー需給がほぼ均衡すると予想する。天然ガスの生産と液化天然ガス(LNG)の輸入が増えているからだ。国営新華社が12日に伝えた。

コラム:サウジアラムコ株、ESG視点で投資できない理由

サウジアラビア国営石油会社・サウジアラムコ<IPO-ARMO.SE>が新規公開する株式を買うかどうか思案中の外国投資家にとって、最も重要な意味を持つ書類は、アラムコの目論見書ではない。

中国、アラムコ投資で協議 最大100億ドル=ブルームバーグ

株式上場を計画しているサウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコに対し、中国の国有企業や政府系ファンドなどが50億─100億ドルの投資を行う方向で協議を進めている。ブルームバーグが6日、関係筋の話として報じた。

アナリスト、アジア製油会社の収益予想を下方修正

株式アナリストは、アジア製油会社の収益見通しを下方修正した。石油タンカーの運賃と原油プレミアムの上昇が、予想される製油マージンの拡大を相殺しそうだ。

石油タンカー運賃が高騰、米制裁の影響で約300隻利用されず

米国の対イラン、対ベネズエラ制裁の影響で、世界的にタンカー運賃が高騰している。商社や石油会社などが制裁違反を恐れ、両国の石油を運んだ実績のあるタンカーを利用しなくなったため、「使えるタンカー」が限られ、アジア向けを中心に石油タンカー運賃が跳ね上がっているという。

仏検察が電通のパートナー企業に焦点、スポーツビジネス汚職捜査

国際スポーツビジネスを巡る汚職疑惑を捜査しているフランス検察当局は、摘発したスポンサー料の横領事件で、日本の大手広告代理店、電通<4324.T>のパートナーであるアスレティックス・マネジメント・アンド・サービシズ(AMS、本社スイス)が横領に利用された取引で「中心的かつ不可欠な役割」を果たしていたと判断、スイス当局にAMS本社の捜索と証拠の押収を要請した。ロイターが閲覧した文書と、捜査状況を知る関係者の話で明らかになった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up