for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Tencent Holdings Ltd

0700.HK

現在値

416.60HKD

変化

1.60(+0.39%)

出来高

10,679,538

本日のレンジ

410.20

 - 

419.80

52週レンジ

312.20

 - 

420.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
415.00
始値
410.60
出来高
10,679,538
3か月平均出来高
366.78
高値
419.80
安値
410.20
52週高値
420.00
52週安値
312.20
発行済株式数
9,552.94
時価総額
3,964,469.00
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2019 Tencent Holdings Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Tencent liaising with Oslo Stock Exchange on approval of offer for online games maker Funcom

Farfetch Raises $250 Million From Tencent And Dragoneer To Support Continued Growth

ExxonMobil, Tencent And Automotive Aftersales Market Partner To Build Digital Automotive Maintenance Ecosystem In China

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Tencent Holdings Ltdとは

テンセント・ホールディングス(騰訊控股有限公司)は主に付加価値サービス(VAS)およびオンライン広告サービスの提供を行う投資持株会社である。【事業内容】同社は3つの事業を運営する。VAS事業は主にオンライン/モバイルゲーム、コミュニティ付加価値サービス、及び多様なインターネットおよびモバイルプラットフォームにわたるアプリケーションの提供に従事する。オンライン広告事業は主にディスプレイベースおよびパフォーマンスベースの広告に従事する。他の事業は主に支払関連サービス、クラウドサービスおよびその他のサービスの提供に従事する。

連絡先

Tencent Building

Zhongqu First Road, Hi-tech Park

Nanshan District

+86.755.86013388

https://www.tencent.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Huateng Ma

Executive Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Chi Ping Lau

President, Executive Director

Shek Hon Lo

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Yuxin Ren

Chief Operating Officer and President - Interactive Entertainment Group and Mobile Internet Group

Seng Yee Lau

Senior Executive Vice President, President - Online Media Group

統計

1.67 mean rating - 46 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, CNY)

2016

151.9K

2017

237.8K

2018

312.7K

2019(E)

374.9K
EPS (CNY)

2016

4.329

2017

7.499

2018

8.228

2019(E)

9.725
株価売上高倍率(過去12カ月)
41.52
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.99
株価純資産倍率(四半期)
8.81
株価キャッシュフロー倍率
27.62
総負債/総資本(四半期)
54.16
長期負債/資本(四半期)
45.30
投資利益率(過去12カ月)
16.25
自己資本利益率(過去12カ月)
11.32

最新ニュース

最新ニュース

フェイスブック傘下のワッツアップ、利用者数が20億人突破

米フェイスブック<FB.O>傘下の対話アプリ「ワッツアップ」は12日、利用者数が20億人を突破したと発表した。フェイスブックに次ぐ世界第2位のソーシャルメディアプラットフォームになった。

中国、新型肺炎の1日当たり死者最多に 企業は徐々に営業再開

中国では10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府が実施していた企業活動や移動の制限が一部緩和され、労働者が徐々にオフィスや工場に出勤を始めた。新型コロナウイルス感染による死者は900人を超えた。

英バーバリー、新型肺炎で高級品の需要に打撃

英高級ブランドのバーバリー<BRBY.L>は、新型肺炎の感染拡大で中国・香港の高級品需要に悪影響が出ていると表明した。

コラム:中国、新型肺炎で初めて体験する「景気後退」の痛み

新型コロナウイルスによる肺炎の拡大によって、中国は初めて景気後退(リセッション)に似た状況を体験するのではないか。隔離措置で人やモノの流れがほぼ途絶しているため消費が抑え込まれ、全産業が深刻な痛手を受ける恐れがある。公式の国内総生産(GDP)成長率はプラス圏を維持するだろうが、「普通の景気循環」をまったく知らない世代にとって、この経済の冷え込みは現実のシミュレーションになるかもしれない。

〔情報BOX〕新型肺炎、各国企業への影響

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、世界各地の企業が対応に追われている。これまでに判明している各社の業績への影響をまとめた。

中国でオンラインゲームや動画アプリの利用急増、新型肺炎で

中国では新型肺炎の感染拡大で人々が外出を控える中、オンラインゲームや動画アプリの利用が増えている。

中国の大手企業、春節休暇延長や在宅勤務を指示 肺炎拡大防止で

中国の大手企業の間で、店舗を一時閉鎖したり、社員に在宅勤務を指示したりする動きが出ている。湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大していることを受けた措置。

新型肺炎の死者81人に、拡大防止へ中国は春節連休を延長

中国の湖北省・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は感染が拡大し、患者数は中国国内で2744人に増え、死者は81人に達した。

中国テンセント、2月7日までの在宅勤務を指示 ウイルス感染防止で

中国インターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>は27日、社員に対し、2月7日まで在宅で勤務するよう指示したことを確認した。

米ウーバー、インドの料理宅配事業をゾマトに売却

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは、料理宅配サービス「ウーバーイーツ」のインド事業を現地同業ゾマトに売却した。全額株式交換で行われ、ウーバーは、中国のアント・フィナンシャルが出資するゾマトの株式9.99%を取得した。

中国テンセント、海外や「スマートリテール」への投資強化へ

中国インターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>は、海外での投資や、テクノロジーを利用した「スマートリテール」分野などへの投資を強化する方針を明らかにした。

中国がネット専業銀行巡り規則制定へ、外資系も誘致へ=関係筋

中国はインターネット専業銀行の運営に関する初めての規則の制定に取り組んでいる。外資系銀行の誘致も目指す。事情に詳しい関係筋3人が明らかにした。

コラム:2020年導入か、中国デジタル人民元の前例なき威力

中国は2020年のフィンテック・イノベーションでデビューを飾る可能性がある。中国は国の通貨として世界初のデジタル通貨を発行する準備を進めている。当初は消費者の利用に焦点を絞った、慎重なスタートとなりそうだ。中国銀行システムでのより広範な使用は、混乱を伴う次のステップとなるだろう。

コラム:巨大化するゲーム市場、20年に立ちはだかる敵とは

2020年のビデオゲーム業界では、1300億ドル規模の市場をめぐり、激烈な闘いが繰り広げられそうだ。ソニー<6758.T>と米マイクロソフト<MSFT.O>が数年ぶりに新しいゲーム機器を発売する予定。米グーグル<GOOGL.O>はクラウド型プラットフォームの「Stadia(スタディア)」を発表したばかりで、米アップル<AAPL.O>と並んでゲーム配信のサブスクリプションサービスで牙城を構築したい意向だ。一方、米アクティビジョン・ブリザード<ATVI.O>などのゲームソフト開発会社は、優位な立場にある。ただ、業界の動向に対して規制当局は監視...

コラム:デモ長期化でも楽観的な香港株式市場、投資家は後悔も

香港デモが長期化する中でも、香港株式市場は比較的、楽観的な見方を織り込んでいる。しかし過去の経験に照らすと現在の株価水準は正当化できないなど、先行きには不安が漂う。

UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=中国株6日ぶり反落、米関税巡り慎重ムード 香港は上昇

(香港市場リポートを追加しました) [上海 12日 ロイター] - 中国  終値 前日比 % 始値 高値 安値 上海総合指数 2,915.6983 - 8.7190 - 0.30 2,926.341 2,926.3416 2,913.4755 6 前営業日終値 2,924.4173 CSI300指数<.C 3,891.024 - 11.725 - 0.30 3,908.454 3,908.454 3,886.119 SI300> 前営業日終値 3,902.749 香港  終値 前日比 % 始値 高値 安値 ハンセン指数 26,994.14...

「空飛ぶタクシー」企業、来年は資金調達が急増か=調査

投資家向けウェブサイト、ピッチブックが9日公表した調査結果によると、来年は電気自動車が上空を移動する「空飛ぶタクシー」を手掛ける新興企業が数百万ドル規模の資金を調達し、陸上輸送の新興企業から投資家の資金を奪うかもしれない。

FSB、IT大手に金融サービス顧客情報の開示義務付けも

世界の金融規制を担う金融安定理事会(FSB)は、不当な競争を防ぐため、米グーグルや中国のアリババ・グループ<BABA.N>など情報技術(IT)大手に対し、金融サービス顧客のデータを銀行やフィンテック企業と共有することを義務付ける可能性がある。

ホットストック:任天堂は反発、中国で「スイッチ」発売へ 業績上振れ期待も

任天堂は反発。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が今月10日に中国本土で発売されることになり、材料視されている。同社は2020年3月期業績予想に中国での販売分を織り込んでおらず、市場からは1月下旬の旧正月商戦に間に合ったことで「(業績の)上振れもあり得る」(証券アナリスト)との見方が出ている。

任天堂のスイッチが中国で10日発売、現地大手との連携に期待も

任天堂<7974.T>の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が今月10日に中国本土で発売される。同社と販売代理店契約を結ぶ中国の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>が4日、発表した。中国ではPCゲームやモバイルゲームが主流だが、現地大手と組む任天堂の取り組み次第では据え置き型ゲーム機への認知が高まるとの期待感も市場からは聞かれる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up