for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Semiconductor Manufacturing Int'l

0981.HK

現在値

22.00HKD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

9.37

 - 

44.80

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
22.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
2,094.67
高値
--
安値
--
52週高値
44.80
52週安値
9.37
発行済株式数
7,698.46
時価総額
257,073.50
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Semiconductor Manufacturing International Corp Earnings Release

適時開示

その他

SMIC Says Qtrly Revenue Guided To Sequential Increase Of 14% To 16% QoQ Vs Original Guidance

Tsmc Says Demand For 5G Smartphones Is Robust

SMIC Open To Communication With U.S. Govt Agencies To Resolve "Misunderstandings"

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Semiconductor Manufacturing Int'lとは

セミコンダクター・マニュファクチャリング・インターナショナル(中芯国際集成電路製造有限公司)は、主にウェーハの製造と販売を行う会社である。【事業内容】2つのセグメントで事業を運営する。ウェーハ販売セグメントは、パワーマネジメント集積回路(PMIC)、バッテリー管理集積回路(BMIC)、マイクロプロセッサー(MCU)、CMOSイメージセンサー(CIS)、RFとワイヤレス接続、タッチコントローラー集積回路(TCIC)及びその他の製品を含む多様な製品に適用されるウェーハの製造・販売を行う。マスク製造・試験・その他のセグメントは、半導体マスクを製造し、ウェーハ試験サービスを提供する。国内市場と米国、ヨーロッパ、アジアを含む国際市場の両方に製品を販売する。

業種

Semiconductors

連絡先

18 Zhang Jiang Road, Pudong Area

SHANGHAI, SHA

00000

China

+86.21.38610000

http://www.smics.com

エグゼクティブリーダーシップ

Zixue Zhou

Executive Chairman of the Board

Mong Song Liang

Co-Chief Executive Officer, Executive Director

Haijun Zhao

Co-Chief Executive Officer, Executive Director

Yonggang Gao

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Strategic Planning, Executive Director, Joint Company Secretary

Meisheng Zhou

Executive Vice President - Technology Research and Development

統計

3.04 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

3.1K

2018

3.4K

2019

3.1K

2020(E)

3.7K
EPS (USD)

2017

0.040

2018

0.030

2019

0.042

2020(E)

0.047
株価売上高倍率(過去12カ月)
38.59
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.48
株価純資産倍率(四半期)
2.26
株価キャッシュフロー倍率
22.14
総負債/総資本(四半期)
58.80
長期負債/資本(四半期)
38.47
投資利益率(過去12カ月)
3.44
自己資本利益率(過去12カ月)
1.85

最新ニュース

最新ニュース

アントIPO、上海株の8割が戦略投資家に 小口は香港殺到か

が、上海の中国版ナスダック「科創板(スター・マーケット)」への新規株式公開(IPO)で発行株の大部分を戦略投資家に割り当てたことを受け、重複上場先である香港証券取引所でのIPOに中国本土の小口投資家が殺到する可能性がある。

中国で輸出管理法が成立、12月発効 米国に対抗へ

新華社は17日遅く、中国で輸出管理法が成立したと報じた。一部の輸出を制限できる内容で、輸出制限を乱用して中国の利益を損ねている国に対抗できるとしている。

蘭ASMLの第3四半期、売上高が予想上回る 来年は2桁成長へ

オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLホールディング<ASML.AS>が14日発表した第3・四半期決算(9月30日まで)の売上高は39億6000万ユーロ(46億5000万ドル)で、アナリスト予想の37億ユーロを上回った。電子デバイスへの最終需要が好調だったことが背景。

中国SMIC、輸出制限巡り米政府と「予備的やりとり」

中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)<0981.HK>は4日、同社向けの輸出に対する米政府の制限措置を巡り、米商務省産業安全保障局と「予備的なやりとり」を行ったと明らかにした。

アジア株式市場サマリー:引け(28日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [28日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3217.5346 - 1.8833 - 0.06 3224.9769 3238.1825 3210.8925 前営業日終値 3219.4179 中国 CSI300指数 4581.909 +11.887 +0.26 4582.647 4613.632 4571.151 前営業日終値 4570.022 香港 ハンセン指数 23476.05 +240.63 +1.04 23284.09 23523.81 23250.34...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線を上回る

<16:36>  日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線を上 回る 日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陽線」。先高見込みを暗示している。買い圧力が 強く、終値は5日移動平均線(2万3302円17銭=28日)を上回って取引を終えるとともに、下値は 25日移動平均線(2万3245円58銭=同)がサポートとして機能した。 <16:20> 新興株はまちまち、rakumoは初日値付かず 新興株市場で日経ジャスダックは小幅続伸、東証マザーズ指数は反落した。日経平均が上昇した流れを 受け、ジャスダック市場では時価総額上位銘柄などを...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はまちまち、rakumoは初日値付かず

<16:20> 新興株はまちまち、rakumoは初日値付かず 新興株市場で日経ジャスダックは小幅続伸、東証マザーズ指数は反落した。日経平均が上昇した流れを 受け、ジャスダック市場では時価総額上位銘柄などを中心に買われたものの、マザーズ市場では直近IPO 銘柄などを中心に売られた。きょうマザーズ市場に上場したrakumo は初日値付かず、287 5円買い気配で取引を終了した。 ジャスダック市場では、ワークマン 、まぐまぐ 、テラ が買われた半面、グラ フィコ 、エブレン 、出前館 が売られた。 マザーズ市場ではニューラルポケット 、Sun...

日経平均は続伸、307円高で高値引け 米株高を好感

東京株式市場で日経平均は続伸。前週末の米国株式相場の上昇に加え、時間外取引での米株先物が堅調に推移したことが支えとなった。加えて、きょうは配当権利付き最終売買日ということもあり、配当権利取りの動きや再投資への思惑が出やすいとの声も聞かれた。

中国・香港株式市場・前場=中国は優良株に買い、企業利益統計を好感 香港上昇

香港株式市場は上昇して前場を終了。 ハンセン指数前場終値は170.89ポイント(0.74%)高の2万340 6.31。 ハンセン中国企業株指数(H株指数) 前場終値は50.91ポイント(0. 55%)高の9353.50。 中国恒大集団は11.9%高。SMICは5.8%下落した。 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス圏でもみあい、米中対立への警戒と円高で上値重い

<13:55> 日経平均はプラス圏でもみあい、米中対立への警戒 と円高で上値重い 日経平均はプラス圏でもみあい。前営業日比160円ほど高い2万3300円台半ばでの推移となって いる。市場では「プラス圏ではあるが、米中対立への警戒感や為替がやや円高基調となっていることが、上 値を重くさせている」(国内証券)との声が出ていた。 外為市場ではドル/円が105.20円台。朝方の105.50円台と比べて円高基調での推移となっ ている。東証33業種ではパルプ・紙、水産・農林業、不動産業などの29業種が値上がり。空運業、海運 業、石油・石炭製品などは...

前場の日経平均は続伸、権利付き最終日でしっかりした地合い

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比167円08銭高の2万3371円70銭となり、続伸した。前週末の米国株式相場の上昇を受けて朝高で始まった後、伸び悩む場面もあったが、取引時間中を通じてプラス圏で推移した。

中国は「長征」に備えよ、米の対SMIC規制受け=環球時報社説

中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は28日、米国が中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)<0981.HK>向けの輸出に規制を課したことを受け、中国はハイテク分野の新たな「長征」に備える必要があるとする社説を掲載した。

ホットストック:半導体装置関連は軟調、中国SMIC向け米輸出規制を嫌気

東京エレクトロン、アドバンテスト、SCREENホールディングスなどの半導体製造関連銘柄は軒並み下落となっている。中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)向けの一部輸出に対して、米政府が規制を課したことが嫌気されている。ロイターが閲覧した米商務省の25日付の通知によると、SMICに特定の機器を輸出する企業は今後、事前に輸出許可を申請することが求められる。

米、中国SMIC向け輸出規制 「軍事利用リスク」理由

米政府が、中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)<0981.HK>向けの一部輸出に規制を課したことが、米商務省の通知で明らかになった。同社に輸出された機器が軍事利用される「容認できないリスク」があるためという。

台湾総統、半導体産業の支援表明 米中貿易戦争で打撃

台湾の蔡英文総統は24日、米中貿易戦争で打撃を受けている台湾の半導体産業を支援する方針を示した。

米中保護主義の高まり、コスト高につながる=TSMC会長

半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)<2330.TW>の劉徳音(マーク・リュウ)会長は23日、米中の保護主義の高まりはコスト高につながるとの考えを示した。

インテル、ファーウェイへの供給許可を米から取得 一部製品で

に一部製品を引き続き供給する許可を米当局から取得した。インテルの広報担当者が22日明らかにした。

インテル、ファーウェイへの供給許可を米から取得 一部製品で

米インテルは、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に一部製品を引き続き供給する許可を米当局から取得した。インテルの広報担当者が22日明らかにした。

米中の2国間投資、上期は9年ぶり低水準 関係悪化で=調査

調査会社ロジウム・グループによると、米中関係の緊張が高まる中、今年上半期の両国間の投資は9年ぶりの低水準に落ち込んだ。中国企業に対して米国事業の切り離しを求める圧力がさらに強まる可能性もあるという。

中国・香港株式市場・前場=ともに反落、米株安や米中関係悪化で

中国 前場終値 前日比 % 始値 上海総合指数 3,280.9558 - 35.4612 - 1.07 3,280.9974 前営業日終値 3,316.4170 CSI300指数<.C 4,622.559 - 71.831 - 1.53 4,634.247 SI300> 前営業日終値 4,694.389 香港 前場終値 前日比 % 始値 ハンセン指数 24,385.51 - 238.83 - 0.97 24,295.42 前営業日終値 24,624.34 ハンセン中国株指数< 9,725.97 - 104.42 - 1.06 9,690.96...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up