for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Lifestyle International Holdings Ltd

1212.HK

前日終値

8.12HKD

変化

-0.09(-1.10%)

出来高

82,500

本日のレンジ

8.10

 - 

8.21

52週レンジ

7.67

 - 

14.52

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8.21
始値
8.19
出来高
82,500
3か月平均出来高
41.92
高値
8.21
安値
8.10
52週高値
14.52
52週安値
7.67
発行済株式数
1,501.92
時価総額
12,105.44
予想PER
6.61
配当利回り
8.31

適時開示

その他

Lifestyle International Holdings Say Hong Kong's Retail Sector Set For Challenging H2

Lifestyle International Holdings Issues $300 Mln 4.875% Guaranteed Bonds Due 2024

Lifestyle International Intends To Offer Fixed Rate U.S. Dollar-Denominated Guaranteed Bonds

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Lifestyle International Holdings Ltdとは

ライフスタイル・インターナショナル・ホールディングス(利福国際集団有限公司)は投資持株会社である。【事業内容】同社は「SOGO」、「久光」の2つの小売ブランドを通じて、香港・中国において中高級百貨店の運営を中心とする香港小売業者である。同社は香港銅鑼湾に位置する百貨店の旗艦店、並びに若い顧客層をターゲットとした尖沙咀店を含む2ヵ所の「SOGO」店舗を有する。同社の子会社は主にライフスタイル百貨店及びその他フォーマット型の小売店舗の運営、並びに不動産の開発・所有に従事する。平成23年10月、同社は子会社Shenyang Jiajianにおける持ち分の90%を譲渡した。同社の子会社には、Ample Sun Group Limited、Congenial Company Limited、Eastlord Development Limited、Everwin Worldwide Limited、Fine Shine Limited及びForceworld Investments Limited等が含まれる。

業種

Retail (Department & Discount)

連絡先

20th Floor, East Point Centre

555 Hennessy Road,Causeway Bay

+852.null.28338338

http://www.lifestylehk.com.hk

エグゼクティブリーダーシップ

Luen Hung Lau

Non-Executive Chairman of the Board

Kam Sen Lau

Executive Director

Kam Shim Lau

Executive Director

Fuk Chuen Poon

Company Secretary

Wai Hoi Doo

Non-Executive Director

統計

1.83 mean rating - 6 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, HKD)

2016

4.7K

2017

4.9K

2018

4.4K

2019(E)

3.9K
EPS (HKD)

2016

0.990

2017

2.060

2018

1.080

2019(E)

1.219
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.83
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.78
株価純資産倍率(四半期)
3.31
株価キャッシュフロー倍率
5.20
総負債/総資本(四半期)
451.16
長期負債/資本(四半期)
349.81
投資利益率(過去12カ月)
12.22
自己資本利益率(過去12カ月)
9.60

最新ニュース

最新ニュース

香港の7月小売売上高は前年比11.4%減、デモ激化で3年半ぶり大幅減

香港政府が30日発表した7月の小売売上高は前年比11.4%減となり、2016年2月以来の大幅な落ち込みとなった。「逃亡犯条例」の改正案に反対する抗議デモが6月中旬に激化し、消費者心理が冷え込んだほか、観光客が減少したことが響いた。

焦点:商業ハブ香港、大規模デモで「存亡の危機」に現実味

世界有数の商業ハブ(拠点)である香港が、存続の危機に直面している。買い物や食事が目当ての観光客を大量に引き付けてきたが、今年は米中貿易摩擦の影響に加えて「逃亡犯条例」改正案に反対するデモが3カ月にわたり続き、成長を支える柱がいずれも大きな打撃を受けている。大手企業は軒並み業績悪化を警告し、10年ぶりにリセッション(景気後退)に陥る見通しだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up