for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三井松島ホールディングス株式会社

1518.FU

現在値

3,550.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

2,345.00

 - 

3,550.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,550.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
27.42
高値
--
安値
--
52週高値
3,550.00
52週安値
2,345.00
発行済株式数
12.99
時価総額
42,198.01
予想PER
--
配当利回り
2.48

次のエベント

Q3 2023 Mitsui Matsushima Holdings Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Mitsui Matsushima Holdings completes transition to holding company structure

Mitsui Matsushima says transition to holding company structure

Mitsui Matsushima says industrial action at the Liddell Coal Mine in Australia

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三井松島ホールディングス株式会社とは

三井松島ホールディングス(旧名:三井松島産業グループ)は石炭の生産・仕入販売等、シュレッダーを中心とする事務用設備の製造・販売・保守、液晶パネル・有機エレクトロルミネッセンス(EL)・電子部品などを中心とした様々な用途のマスクブランクスの製造・販売、ストローの製造販売及び包装資材の仕入販売、紳士服・婦人服・ワイシャツの企画・生産・販売、並びに太陽光発電等の事業を展開する。【事業内容】2つの事業セグメントにより構成される。エネルギー事業は石炭販売、石炭生産及び再生可能エネルギー事業を行う。生活関連事業は、事務機器、電子部品、飲食用資材、衣料品、及び介護分野において事業を行う。その他の事業は賃貸業、ユーザー揚地港での揚炭・荷役業務の請負等の港湾事業、プロパンガス供給事業、並びに産炭国に対する石炭採掘・保安に関する技術移転事業に係る海外派遣研修事業などを行う。

業種

Coal

連絡先

1-1-12 Otemon

Chuo-Ku

FUKUOKA-SHI, FKK

810-8527

Japan

+81.92.7712171

https://www.mitsui-matsushima.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Shinichiro Kushima

Chairman of the Board, Representative Director

Taishi Yoshioka

President, Representative Director

Kojiro Inoue

Senior Executive Officer, Chairman of Subsidiary

Takeshi Nagano

Senior Executive Officer, President of Subsidiary

Toshiya Kobayashi

Executive Officer, Director of Human Resources, Director of General Affairs

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
3.48
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.72
株価純資産倍率(四半期)
0.98
株価キャッシュフロー倍率
3.04
総負債/総資本(四半期)
32.31
長期負債/資本(四半期)
15.96
投資利益率(過去12カ月)
23.69
自己資本利益率(過去12カ月)
16.19

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:住石HDが買い気配、著名投資家の大量保有が判明

住石ホールディングスが買い気配となっている。著名投資家の井村俊哉氏による同社株の7.65%保有が明らかになったことを手掛かりに、人気化している。関東財務局に提出した大量保有報告書で1日、判明した。報告義務発生日は11月24日。保有目的は純投資としている。

井村俊哉氏、住石ホールディングス株を大量保有=報告書

著名投資家の井村俊哉氏が住石ホールディングス株式の大量保有報告書を1日に提出した。保有目的は純投資で、保有比率は11月24日までの取得で7.65%に達した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、5日線など維持できるか注目

<15:33> 日経平均・日足は「大陰線」、5日線など維持できるか注目 日経平均・日足は上に短いヒゲを伴う「陰の大引け坊主」の形の「大陰線」となった 。買い手の心理としては絶望感を示している。終値は2万7963円47銭。 ローソク足は主要な移動平均線を上回っており、足元では一定の底堅さが確認される 。一方、日経平均は節目の2万8000円を割り込み、目先は売り圧力が強まる可能性も ある。当面は5日移動平均線(2万7852円34銭=14日)や10日線(2万769 1円88銭=同)など、短期の移動平均線を維持できるかが注目されそうだ。 <15...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、米ナスダック堅調でグロース株に買い

<15:10> 新興株はマザーズが続伸、米ナスダック堅調でグロース株に買い 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.73%高の773.66ポイントと 続伸した。東証グロース市場指数は同1.66%高の982.60ポイントだった。前週 末の米株市場でナスダック総合が堅調に推移したことや、米長期金利が低下傾向 にあることを好感し、グロース(成長)株が買われた。 個別では、マイクロ波化学がストップ高で取引を終えたほか、ウェルスナビ 、ユーザベースが大幅に上昇。 一方、eWeLLはストップ安で取引を終了した。LAホールディングス<2 986...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、ソフトバンクGは下げ幅拡大

<13:45> 後場の日経平均は小動き、ソフトバンクGは下げ幅拡大 後場の日経平均は小動きの展開が続いており、足元は前営業日比約230円安の2万 8000円近辺で推移している。ソフトバンクグループが13%安まで下げ幅を 拡大し、相場全体の重しとなっている。一方、ファーストリテイリング、東京エ レクトロンなど他の値がさ株はしっかり。 前週末は米消費者物価指数(CPI)発表後に米金利低下、株高、ドル安となったが 、マーケット参加者からは「きょうの日本株市場では、先週末に広がった過度な楽観ムー ドが修正されつつある」(国内金融機関・エコノミスト...

午前の日経平均は反落、大幅高の反動 ソフトバンクGの下げが重し

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比215円99銭安の2万8047円58銭と、反落した。前週末の大幅高の反動で利益確定売りが重しとなった。指数寄与度の大きいソフトバンクグループなどの下落が指数を下押しした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、ソフトバンクGなど値がさ株の一角の下落が重し

<10:25> 日経平均は軟調、ソフトバンクGなど値がさ株の一角の下落が重し 日経平均は前営業日比約100円安の2万8100円台半ばで軟調な推移となってい る。前週末に決算発表した一部の値がさ株が下落し、指数の重しになっている。 指数寄与度の大きいソフトバンクグループは11%安と大幅に下落し、1銘 柄で日経平均を150円超、押し下げている。市場では、新たな自社株買いが期待された が発表がなく嫌気されたとの声や、前週まで上昇基調にあったことから利益確定売りが強 まったとの見方が聞かれた。原材料価格上昇や費用増を踏まえて通期営業利益見通しを...

寄り付きの日経平均は小幅続伸でスタート、ソフトバンクGは売り気配

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比14円07銭高の2万8277円64銭と、小幅続伸でスタートした。その後は、前週末に大幅高となったこともあり、利益確定売りが重しとなってマイナスに沈んでいる。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、MS―Japanが買い優勢 スプリックスは売り優勢

<08:29> 寄り前の板状況、MS―Japanが買い優勢 スプリックスは売 り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 MS―Japan 30% 1,30 1,30 1,30 1,00 1 1 1 1 2 帝国電機製作所 24% 2,56 2,56 2,56 2,06 5 5 5 5 3 ビー・エム・エル 19% 3,99 3,99 4,00 3,36 8 5 0 5 4 青山商事 9% 1,06 1,06...

ホットストック:三井松島がストップ安、豪炭鉱拡張申請が却下

三井松島産業がストップ安となっている。豪ニューサウスウェールズ(NSW)州当局が28日、三井松島の現地法人とグレンコアが共同運営する豪州リデル炭鉱に隣接する鉱区の延長申請について、地域の文化遺産に重大な影響を与える可能性があるとして却下したことが嫌気されている。

三井松島HD、豪リデル炭鉱鉱区延長の環境許認可申請を州政府が否決

三井松島ホールディングスは28日、豪州ニューサウスウェールズ州政府独立計画委員会から、豪州リデル炭鉱に隣接する鉱区延長に関する環境許認可申請を否認する決定がなされたと発表した。決定内容については精査中としている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、一段と強さ増すが徐々に過熱感も

 市場予想の2.5%プラスは下回ったが「日本経済の底堅さが示され、株式市 場の支えになっている側面もありそうだ」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との声 が聞かれる。 ファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株の上 昇が指数押し上げに寄与。第一三共は大幅高で、これら3銘柄で指数を120円 程度押し上げている。 第一三共は、抗体薬物複合体(ADC)技術をめぐる米シージェン社との紛争で、米 国仲裁協会がシージェンの主張を全面的に否定する判断を下したと伝わり、手掛かりにな っている。 <09:05> 日経平均は続伸スタート、米...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、薄商いの中で値幅取り活発化

 市場予想の2.5%プラスは下回ったが「日本経済の底堅さが示され、株式市 場の支えになっている側面もありそうだ」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との声 が聞かれる。 ファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株の上 昇が指数押し上げに寄与。第一三共は大幅高で、これら3銘柄で指数を120円 程度押し上げている。 第一三共は、抗体薬物複合体(ADC)技術をめぐる米シージェン社との紛争で、米 国仲裁協会がシージェンの主張を全面的に否定する判断を下したと伝わり、手掛かりにな っている。 <09:05> 日経平均は続伸スタート、米...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏で推移、薄商いの中で買い戻し活発化

 市場予想の2.5%プラスは下回ったが「日本経済の底堅さが示され、株式市 場の支えになっている側面もありそうだ」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との声 が聞かれる。 ファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株の上 昇が指数押し上げに寄与。第一三共は大幅高で、これら3銘柄で指数を120円 程度押し上げている。 第一三共は、抗体薬物複合体(ADC)技術をめぐる米シージェン社との紛争で、米 国仲裁協会がシージェンの主張を全面的に否定する判断を下したと伝わり、手掛かりにな っている。 <09:05> 日経平均は続伸スタート、米...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場一段高、値がさ株が引き続き堅調

 市場予想の2.5%プラスは下回ったが「日本経済の底堅さが示され、株式市 場の支えになっている側面もありそうだ」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との声 が聞かれる。 ファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株の上 昇が指数押し上げに寄与。第一三共は大幅高で、これら3銘柄で指数を120円 程度押し上げている。 第一三共は、抗体薬物複合体(ADC)技術をめぐる米シージェン社との紛争で、米 国仲裁協会がシージェンの主張を全面的に否定する判断を下したと伝わり、手掛かりにな っている。 <09:05> 日経平均は続伸スタート、米...

午前の日経平均は続伸、米金利低下で値がさハイテク株に買い

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比283円92銭高の2万8830円90銭と続伸した。前週末の米国市場でインフレへの過度な警戒感が和らぎ長期金利が低下傾向となったことで、値がさのハイテク株が堅調に推移した。好決算銘柄への買いも相場を押し上げ、日経平均は1月6日以来の高水準となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、300円高 値がさ株が押し上げ

 市場予想の2.5%プラスは下回ったが「日本経済の底堅さが示され、株式市 場の支えになっている側面もありそうだ」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との声 が聞かれる。 ファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株の上 昇が指数押し上げに寄与。第一三共は大幅高で、これら3銘柄で指数を120円 程度押し上げている。 第一三共は、抗体薬物複合体(ADC)技術をめぐる米シージェン社との紛争で、米 国仲裁協会がシージェンの主張を全面的に否定する判断を下したと伝わり、手掛かりにな っている。 <09:05> 日経平均は続伸スタート、米...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時200円超高、堅調なGDPも支え

 市場予想の2.5%プラスは下回ったが「日本経済の底堅さが示され、株式市 場の支えになっている側面もありそうだ」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との声 が聞かれる。 ファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株の上 昇が指数押し上げに寄与。第一三共は大幅高で、これら3銘柄で指数を120円 程度押し上げている。 第一三共は、抗体薬物複合体(ADC)技術をめぐる米シージェン社との紛争で、米 国仲裁協会がシージェンの主張を全面的に否定する判断を下したと伝わり、手掛かりにな っている。 <09:05> 日経平均は続伸スタート、米...

日経平均は続伸スタート、米インフレへの過度な警戒感が緩和

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比76円80銭高の2万8623円78銭と、続伸してスタートした。前週末の米国市場でインフレへの過度な警戒感が和らいで株高となった流れを好感する形で、買いが先行した。寄り付き後も100円超高に上値を伸ばした。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、リブセンスが買い優勢 ダイヤHDは売り優勢

<08:25> 寄り前の板状況、リブセンスが買い優勢 ダイヤモンドエレクトリ ックHDは売り優勢  東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 リブセンス 31% 213 213 213 163 2 ダブルスタンダード 24% 2,60 2,60 2,60 2,10 0 0 0 0 3 恵和 19% 4,25 4,25 4,26 3,58 8 5 0 5 4 岩崎通信機 18% 919 918 919 778 5 フィックスターズ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up