for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シンクレイヤ株式会社

1724.T

現在値

1,608.00JPY

変化

-46.00(-2.78%)

出来高

67,600

本日のレンジ

1,606.00

 - 

1,670.00

52週レンジ

417.00

 - 

1,776.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,654.00
始値
1,669.00
出来高
67,600
3か月平均出来高
5.33
高値
1,670.00
安値
1,606.00
52週高値
1,776.00
52週安値
417.00
発行済株式数
3.65
時価総額
6,671.87
予想PER
--
配当利回り
0.73

次のエベント

Dividend For 1724.T - 6.0000 JPY

適時開示

その他

Synclayer to change fiscal year end date to Dec. 31

SYNCLAYER lowers consolidated full-year outlook and to pay no dividend for FY 2016

SYNCLAYER announces result of early-retirement program and expects extraordinary loss for FY 2016

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シンクレイヤ株式会社とは

シンクレイヤグループは、同社と連結子会社2社で構成され、ケーブルテレビ施設のシステムの最適化を図ることを目的としたケーブルシステム・インテグレーション事業を主な事業とする。事業の内容としては、ケーブルテレビ事業者に対して、その施設の構築に関し、システム全般を効率的にまとめ上げ、システムの設計、機器の選定、施工、保守管理等を行うトータル・インテグレーション部門と、システムに最適な機器の選定、販売を行う機器インテグレーション部門がある。事業の主要な販売先はケーブルテレビ事業者であり、ケーブルインターネットシステムを含めたケーブルテレビシステムがその対象となるが、この他にビルや集合住宅のテレビ共聴システムの設計・施工、大規模コンベンション施設内のデータ通信機能の構築など、ケーブルを利用した一定エリア内でのネットワーク構築も行う。トータル・インテグレーション部門において、ケーブルシステム・インテグレーション事業の主要な販売先は、ケーブルテレビ事業者であり、ケーブルテレビ事業者の持つ課題、要望を解決するためのサービスの提供を行う。ケーブルテレビ事業者には、ブロードバンド化への施設の改修やデジタル放送の提供、あるいはサービス地域の拡大等、様々な課題や計画がある。事業計画分析・支援について、ケーブルテレビ事業者が立ち上げようとする事業の分析を行い、その運用体制、設備、工事計画の策定支援を行う。ケーブルテレビ事業を開始するにあたり必要な放送法に則った登録・届出や、インターネットサービスを導入するにあたり必要な電気通信事業法に則った登録・届出の支援を行う。ネットワーク設計について、事業計画、システムの分析を基に、サービス提供地域の人口、住居の特性、地形を考慮した最適なネットワーク設計を提案。テレビ放送のみならず、インターネット接続、プライマリ電話、災害時の緊急放送などの新たなサービスが最適な環境で実現するネットワークコンセプトの確立と、システムの提案を行う。ネットワーク構築について、ケーブルテレビ・ネットワークを通じて様々なサービスが確実に提供されるには、最適な機器選定と適切且つ効率的な工事管理が重要となる。ネットワークの構築にあたって、同社製品が多く用いられるが、求められるサービスの内容により、システムの効率性、親和性から自社で新たに開発し、他社商品の採用も積極的に行う。システム運用支援、保守について、ネットワークの構築後は、ケーブルテレビ事業の円滑な運用のための監視、サポートを行う。事業者の要望によりシステムの保守管理業務全般を請負う。機器インテグレーション部門において、システム全体の分析や設計、機器選定を行った上で機器のみを提供する場合や、ケーブルテレビ・ネットワークの構築後、施設の拡張等により必要となる機器を継続的に提供する場合を機器インテグレーション部門として分類。ケーブルテレビ事業者等に対して機器を販売する部門ではあるが、取り扱う製商品群は、他の機器との親和性が重要となるシステム機器であることから、単に機器を販売するのとは異なり、それらの機器を選定していく能力を必要とする部門である。独自に開発した機器のほか、海外商品を含め他社商品を扱うが、販売にあたっては仕様の確認、システムとの親和性も含めた実験を十分に行い、必要に応じて同社内で開発した独自技術を組み入れ、顧客のニーズにあったカスタマイゼーションも行う。

業種

Computer Services

連絡先

2-21-18, Chiyoda, Naka-ku

+81.52.2427871

http://www.synclayer.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Masahiro Yamaguchi

President, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Yoshiteru Watanabe

President of Subsidiary, Director

Shigeyuki Aoyama

Senior Managing Director

Satoshi Kunie

Managing Director

Naoya Fukunaga

Director of Sales, Manager of Chubu Office, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
8.87
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.62
株価純資産倍率(四半期)
2.40
株価キャッシュフロー倍率
12.47
総負債/総資本(四半期)
87.12
長期負債/資本(四半期)
22.78
投資利益率(過去12カ月)
17.48
自己資本利益率(過去12カ月)
8.48

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は堅調、円高一服が安心材料に

<16:12> 新興株式市場は堅調、円高一服が安心材料に 新興株式市場で、東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均は反発した。市場からは「日経平均と同様 に新興株式市場も堅調。為替の円高が和らいだことなどが市場に安心感を与えた」(ネット証券)との声が 出ていた。 マザーズ市場では、14日に好決算、株式分割、上方修正を発表したレアジョブ がストップ高 比例配分。ホープ が急伸して年初来高値を更新。メルカリ も買われた。一方、ジーエヌア イグループ は大幅安。MTG は一時ストップ安となった。 ジャスダック市場では、シンクレイヤ 、テクノホライゾン・ホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、目先は調整含みか

<15:23> 日経平均・日足は「小陰線」、目先は調整含みか 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。前日下抜けした5日移動平均線(2万3341円03 銭=14日)に上値を抑えられる形となった。 75日移動平均線(2万1695円98銭=同)や200日移動平均線(2万1469円44銭=同) は右肩上がりで、上昇トレンドが崩れたとは言い切れないが、MACD(短期12日、長期26日の平滑移 動平均線のかい離幅、プラス374.74=同)がシグナル(プラス387.04=同)を下回り、デッド クロス。パラボリックも陰転するなど目先は調整含みの展開...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、好決算銘柄には物色

<15:15> 新興株市場は軟調、好決算銘柄には物色  新興株市場は軟調。東証マザーズ指数は3日続落、日経ジャスダック平均は4日ぶり反落となった。「 好決算を発表した銘柄は個別に物色されている。マザーズ市場は時価総額が高い銘柄が軟調だった」(ネッ ト系証券)という。 マザーズ市場では、そーせいグループ 、CYBERDYNE 、PKSHA Tech nology などが軟調。MTG 、シェアリングテクノロジー など売られた。半 面、マーケットエンタープライズ はストップ高比例配分。メドピア は大幅高。サイバー・ バズ は一時ストップ高となった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、年初来高値を目前にして重い動き

<15:30> 日経平均・日足は「小陰線」、年初来高値を目前にして重い動き 日経平均・日足は長い上下にヒゲを伴う「小陰線」。前日に描いた「波高き線」の高値(2万2255 円56銭)を伺いながらも捉え切れず、4月24日の年初来高値(2万2362円92銭)を目前にした時 価水準は重さを感じさせる動きとなっている。一方では、下値を切り上げてプラスで引け、サイコロジカル ラインは11勝となるなど、依然として強い基調に変化はみられない。ただ、前日の足にはらむ形状は芳し いものではなく、調整局面に入ったと思わせている絵づらだ。 引き続きとして当面の...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、IPOのギフティが買われ高値引けに

<15:05> 新興株市場はしっかり、IPOのギフティが買われ高値引けに 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は11日続伸、東証マザーズ指数は続伸した。きょうマ ザーズに上場したギフティ は公開価格を25.33%上回る1880円で初値を付けた後も買い進 まれ、2060円と高値引けとなった。市場では「直近のIPOが軒並み公募価格を大きく上回って初値を 付けるなど、市場の投資マインドは良くなっている」(国内証券)との指摘もある。 ジャスダック市場では、ワークマン が連日の年初来高値更新となったほか、前日新規上場した アミファ がストップ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、マド埋め達成 上昇期待感も

<16:02> 日経平均・日足は「小陽線」、マド埋め達成 上昇期待感も 日経平均・日足は上ヒゲと下ヒゲを伴う「小陽線」。5月7日と8日に空けたマド(2万1639円1 2銭─2万1875円11銭)を埋め切った。下ヒゲはやや長く、投資家の上昇期待感も表れている。拡散 基調にあるボリンジャーバンドのプラス3シグマのバンドウォークが続けば、一段と上値を伸ばす可能性も ある。 一方、短期RSI(相対力指数)やストキャスティクスなどオシレーター系指標は引き続き買われ過ぎ を示唆。騰落レシオ(東証1部、25日平均)も124%台に上昇しており、高値警戒感...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は高安まちまち、メルカリなど売られる

<15:17> 新興株市場は高安まちまち、メルカリなど売られる 新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均は小幅に7日続伸、東証マザーズ指数は続落した。「大 型株が優先的に買われている部分はあるが、小型株が売られているわけではない。マザーズ指数は、そーせ いグループ やメルカリ など時価総額の高い銘柄が売られたことが影響している」(国内証 券)との声が出ていた。 マザース市場では、イノベーション 、バンク・オブ・イノベーション などが年初来高 値更新。GA technologies は大幅続落した。 ジャスダック市場では、SAMURAI...

再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、目先底打ちの印象与える

(<15:34>「新興株は堅調、内需関連株に買い」の内容を追加しました) [東京 8日 ロイター] - <15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、目先底打ちの印象与える 日経平均・日足は、上下に長めのヒゲを伴う「小陽線」。上値・下値を切り上げ、「はらみ線」の母線 の上値を上回ったことで、絵づらは長い下ヒゲを引いて付けた6日安値2万0110円76銭で目先は底打 ちしたとの印象を与えている。 ただ、これまでの急な下げに対して、戻りの幅が小さく、現時点では自律反発の域は出ていない。さら に、今回の上値が5日移動平均線(2万0700円53銭=...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は堅調、内需関連株に買い

<15:34> 新興株は堅調、内需関連株に買い 新興株式市場は堅調。日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は3日続伸した。市場では「決 算を材料視した買いが多い。相対的にみると内需やディフェンシブの買いも目立った。世界経済に不安と警 戒感が高まっているからと考えられる」(ネット系証券)との声も出ていた。 個別銘柄ではAmazia が続伸。チームスピリット 、メイコー なども買わ れた。一方、インパクトホールディングス は大幅安。シンクレイヤ 、そーせいグループ<4 565.T>、ロゼッタ なども軟調だった。 <14:30> 後場の...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、10日移動平均線が下値サポート

<15:42> 日経平均・日足は「小陽線」、10日移動平均線が下値サポート 日経平均・日足は「小陽線」。10日移動平均線(2万1192円10銭=24日)や日足一目均衡表 の転換線(2万1211円00銭=同)が下値支持線として意識された。一方、一目均衡表の雲の下限が上 値を圧迫する形となっている。雲の下限は7月に向かって右肩下がりとなっており、この先、じりじり値を 下げる可能性もある。東証1部の売買代金は今年最低水準となった。薄商いが続いている時は上下に振れや すいが、外部環境を考慮すると下値リスクの方が高いとみられている。 <15:06...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小反発、SOSEIは年初来高値更新

<15:06> 新興株市場は小反発、SOSEIは年初来高値更新 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに小幅に反発した。「材料のある銘柄 は物色されているが、東証1部の商いが低調な中、新興株市場も盛り上がりに欠けている」(国内証券)と の声が出ていた。 個別銘柄では、そーせいグループ 、テクノホライゾン・ホールディングス が年初来高 値を更新。環境管理センター がストップ高比例配分。インパクトホールディングス も買わ れた。半面、ピアズ 、シンクレイヤ は大幅安。21日に今期の当期利益予想を大幅下方修 正したオプトエレクトロニクス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線が下値サポ―ト

<15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線が下値サポート   日経平均・日足は「小陽線」。ローソク足は上ヒゲ、下ヒゲが長い形状で、投資家の気迷い心理を表し ている。25日移動平均線(2万1027円21銭=17日)が下値支持線として機能した一方、5日移動 平均線(2万1121円38銭=同)が上値を抑えた。あす以降、25日線を下回り、2万1000円を明 確に割り込んだ場合は下値模索となる可能性もある。 <15:31> 新興株市場は軟調、値動きのいい銘柄には物色 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は小反落、東証マザーズ指数は反落...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、値動きのいい銘柄には物色

<15:31> 新興株市場は軟調、値動きのいい銘柄には物色 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は小反落、東証マザーズ指数は反落となった。市場では「東 証1部の大型株の商いは低調だが、小型株で株式分割や決算など材料があり、値動きのいいものは物色され ている」(国内証券)との声が出ていた。 個別銘柄ではモルフォ 、日本テレホン がストップ高比例配分。マネジメントソリュー ションズ も大幅高。一方、フィンテック グローバル 、シンクレイヤ 、ウエスト ホールディングス は軟調だった。 <14:09> 日経平均は小動き、薄商い イベント前に...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、下落一服の可能性も

<15:57> 日経平均・日足は「小陰線」、下落一服の可能性も 日経平均・日足は「小陰線」。ローソク足の形状は下ヒゲが上ヒゲと実体を合わせたものより長い下影 陰線。投資家の失望感を表す一方、安値圏での出現は下落一服の可能性も示している。一時2万0300円 を割り込み、当面の下値めどとみられる昨年12月安値(1万8948円58銭)から4月高値(2万23 62円92銭)までの上げ幅に対する61.8%押しの水準2万0252円85銭にも接近した。騰落レシ オ(東証1部、25日)は75%台。短期RSI(相対力指数)など一部のオシレーター系指標も売...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが5日続落、値動きいい銘柄には物色

<15:37> 新興株市場はマザーズが5日続落、値動きいい銘柄には物色 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は5日ぶり反発、東証マザーズ指数は小幅に5日続落と なった。「東証1部の主力株に手を出しづらい中、値動きのいい銘柄が物色されている」(日本株ストラテ ジスト)との声が出ていた。個別銘柄では、リボミック がストップ高比例配分。シリコンスタジオ やシンクレイヤ なども買われた。一方、Amazia 、ラクス 、メル カリ 、ガーラ などは売られた。 <13:33> 日経平均は下げ幅縮小、為替の円高一服をにらみ 日経平均は下げ幅縮小...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陰線」、75日線が上値圧迫 買い勢力は弱い

<15:43> 日経平均・日足は「短陰線」、75日線が上値圧迫 買い勢力は弱い  日経平均・日足は「短陰線」。パラボリックが陽転。短期RSI(相対力指数)は上昇し、売られ過ぎ 圏内から脱した。ただ、ローソク足は下十字に近い形で、買い勢力が弱い状況。上値を圧迫している75日 移動平均線(2万1416円95銭=20日)を明確に上抜けできず、戻りの鈍さが意識されれば再び下値 を模索する可能性もある。 <15:28> 新興株市場は軟調、値動きのいい銘柄には物色も 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反落した。ただ、市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、値動きのいい銘柄には物色も

<15:28> 新興株市場は軟調、値動きのいい銘柄には物色も 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反落した。ただ、市場からは「セ ンチメントは悪くない。最近IPOした銘柄や値動きのいい銘柄は物色されている」(国内証券)との声も 出ていた。 個別銘柄では自律制御システム研究所 、倉元製作所 、環境管理センター 、シ ンクレイヤ などがストップ高比例配分となった。半面、日本一ソフトウェア 、Nuts < 7612.T>、シノケングループ 、セリア などが軟調だった。 <13:53> 日経平均はしっかり、内需系が買われる...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陰線」、75日線が上値圧迫

<15:43> 日経平均・日足は「短陰線」、75日線が上値圧迫 日経平均・日足は「短陰線」。下降中の75日移動平均線(2万1178円63銭= 14日)が上値を圧迫した。前日まで2営業日で800円超上げたことを考えれば、騰勢 一服となっても違和感はない。ストキャスティクスやRSIなどのオシレーター系指標に 過熱感があり、目先は上値の重い展開も予想される。下値は前日空けたマド下限値(2万 0885円88銭)がめどになる。一方、上値は75日移動平均線の攻防が注目される。 同平均線を明確に上回らないと本格反騰への期待が高まりにくい。 <15:16...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小安い、決算に反応した個別売買

<15:16> 新興株市場は小安い、決算に反応した個別売買 新興株市場は売り優勢。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも小反落 となった。「明確な材料がなく気迷いムードが広がる中、決算発表に反応した個別銘柄の 売買が中心になった」(国内証券)という。小田原機器 がストップ安、シンクレ イヤ 、MTG も軟調だった。半面、Amazia がストップ高 、エンバイオ・ホールディングス 、AKIBAホールディングス も買わ れた。 <14:11> 日経平均は小動き、利益確定売りをこなす 日経平均は小動き。2万1100円台後半での値動きが...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up